• はい
  • いいえ

 

ニュースリリース

アサヒビール株式会社のニュースリリース

ニュースリリース2017年

2017年12月14日
アサヒビール株式会社

アメリカ西海岸生まれのプレミアムウオッカ使用
瓶入りカクテル『スカイブルー』2018年1月4日(木)発売

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 平野伸一)は、ダビデ カンパリ-ミラノ社(※1)が製造する瓶入りカクテル『スカイブルー』を、2018年1月4日(木)より、全国で発売します。

 『スカイブルー』は、アメリカ西海岸生まれのプレミアムウオッカ『スカイ ウオッカ』(※2)のみをベースとして、すっきり爽快な味わいに仕上げた瓶入りカクテルです。アルコール度数は4%で、グレープフルーツ果汁を使用し、心地よい炭酸と爽やかなシトラステイストが楽しめます。
 パッケージデザインは、カリフォルニアの海や空を想起させるブルーを採用。グラスに注いでも、そのまま飲用いただいてもスタイリッシュなボトルデザインです。

 瓶入りRTD(※3)の2016年国内市場規模は、約300万箱(※4)です。また、瓶入りRTDユーザー層を年代別にみると、20代〜30代の構成比が約45%を占め、缶入りRTDユーザー層に比べて高いことが特長です(※5)。近年、スーパーやコンビニエンスストアでは定番商品として存在感を高めており、飲食店ではクラブやバー、カラオケボックスなどを中心にご好評いただいています。

 アサヒビール(株)は、『スカイブルー』発売により、20代〜30代のアルコールライトユーザーを中心として新たな需要を拡大し、RTD事業のさらなる成長を目指します。

(※1)アサヒビール(株)は、2017年6月に、イタリアのリキュール・スピリッツ会社であるダビデ カンパリ-ミラノ社と、同社が製造する『スカイブルー』を含めた4ブランド10アイテムの日本国内における販売契約を締結しました。

(※2)世界No.7ウオッカブランド(出典:IWSR2016)。アメリカ西海岸生まれのプレミアムウオッカ。 4回蒸溜3回ろ過によるクリアな味わいで、様々なカクテルベースとして愛用されています。

(※3)「Ready to Drink」の略。購入後、そのまま飲用可能な缶チューハイなどを指します。以下同じ。

(※4)当社調べ。1箱=250ml×24本。

(※5)インテージ SCI RTD市場 2016年11月〜2017年10月 容器別年代構成比 容量ベース

【商品概要】

商品名 スカイブルー
品目 リキュール(発泡性)①
容量 瓶275ml
アルコール分 4%
果汁含有量 1.5%
発売日 2018年1月4日(木)
発売地域 全国
希望小売価格 230円(消費税抜)
ブランドサイト https://skyyblue.jp/

*希望小売価格は単なる参考価格であり、酒販店様の小売価格設定を拘束するものではありません。

  • バックナンバー
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年
  • 2005年
  • 2004年
  • 2003年
  • 2002年
  • 2001年
  • 2000年
  • 1999年

グループ企業のニュースリリース


ページトップ

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。