*Firefox最新版をご利用のお客様へ* ページの背景画像が正しく表示されない場合、こちらをクリックお願いします。

 

ニュースリリース

アサヒビール株式会社のニュースリリース

ニュースリリース2014年

2014年12月31日
アサヒビール株式会社

『アサヒスーパードライ』新TVCM放映のお知らせ
福山雅治(ふくやままさはる) さん出演「酵母の力篇」
2015年1月1日(木)より放映開始!

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 小路明善)は、『アサヒスーパードライ』の新TVCM「酵母の力篇」を2015年1月1日(木)より全国で放映開始します。

 アサヒビール㈱では、『アサヒスーパードライ』の広告キャラクターとして、2010年より福山雅治さんを起用しています。福山さんは、音楽活動、映画出演、ドラマ出演など、幅広い活動の中で、常に新しいことに挑戦し続けており、「都会的」「男性的」といった『アサヒスーパードライ』のブランドイメージに合致することから、2015年も引き続き広告キャラクターに起用します。

 今回のTVCMは、メガネをかけた知的な印象の福山さんが、次世代のビール工場をイメージしたシルバーに輝く先進的な世界に入り、ビールのうまさを握る鍵の真相を解明していく展開となっています。ビールのうまさを握る鍵である「酵母」が映し出されたパネルやシルバーで統一された先進的なタンクが立ち並ぶ中で、『アサヒスーパードライ』が「発酵力の優れた酵母のみを厳選」して進化し続けていることを、福山さんは「ビールのうまさは、酵母で決まる。」という言葉で伝えています。また、「スーパードライ」ブランドとして「ドライプレミアム」とともに進化し続けることも表現しています。さらに、2月上旬からは続編の放映も予定しています。

参考:新TVCM「酵母の力篇」画像

 『アサヒスーパードライ』は、2014年4月に開催されたビールのうまさを競う世界最大級のコンテスト「ワールドビアカップ2014」International-Style Lager部門で金賞受賞という快挙を成し遂げました。現在は世界約70カ国で販売されており、今後もさらに国内外のお客様に支持され続けるブランドとなることを目指して挑戦を続けていきます。

参考:撮影エピソード
 今回の撮影は、巨大なセットを組んだ都内近郊のスタジオにて行われました。巨大なシルバータンクや、LEDライトが装飾された扉、そして近未来を思わせる重厚な鍵など、次世代のビール工場をイメージした世界の中で、まるでSF映画のような撮影となりました。福山さんは、進化し続ける『アサヒスーパードライ』の品質を伝えるために、「都会的」「男性的」といったこれまでのイメージに加え、メガネをかけて「知的さ」を兼ね備えた印象で臨んでいただきました。福山さんが次世代のビール工場の中で「探究者」になり、ビールのうまさを握る鍵を解明していていく姿は、『アサヒスーパードライ』が福山さんとともに進化していくことを予感させるものでした。2月上旬からは続編も放映予定のため、是非ご期待下さい。

参考:福山 雅治さんプロフィール
氏  名 福山 雅治
生年月日 1969年2月6日(45歳)
プロフィール 1990年にシンガーソングライターとしてシングル「追憶の雨の中」でデビュー。
「桜坂」(2000年)はダブルミリオンの快挙を達成、2003年にもシングル「虹/ひまわり/それがすべてさ」がミリオンセラーになるなど、数多くのヒットソングを世に送り出している。
2010年は自身初のベストアルバム「THE BEST BANG!!」、2011年はシングル「家族になろうよ」、2012年はシングル「Beautiful Life/GAME」をリリースし、全てオリコン一位を獲得。
2011年の全国ライブツアー「THE LIVE BANG!」は60万人を動員した。
活動は音楽だけにとどまらず、ラジオパーソナリティ、フォトグラファーなど幅広い分野で活躍。役者としても2010年にはNHK大河ドラマ「龍馬伝」で坂本龍馬役を熱演し、福山雅治の新しい熱い一面を発揮した。
2014年4月に5年ぶりとなるオリジナルアルバム「HUMAN」をリリース。また同時に初の全国ドームツアーとなる「ASAHI SUPER DRY Presents FUKUYAMA MASAHARU WE’RE BROS. TOUR 2014 HUMAN」を展開。また、11月から「福山☆冬の大感謝祭 其の十四」と題したツアーがスタートした。
  • バックナンバー
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年
  • 2005年
  • 2004年
  • 2003年
  • 2002年
  • 2001年
  • 2000年
  • 1999年

グループ企業のニュースリリース


ページトップ