*Firefox最新版をご利用のお客様へ* ページの背景画像が正しく表示されない場合、こちらをクリックお願いします。

 

ニュースリリース

アサヒビール株式会社のニュースリリース

ニュースリリース2014年

2014年12月25日
アサヒビール株式会社

季節限定『アサヒ オリオンいちばん桜』

〜満開の 緋寒桜 ひかんざくら をデザインした、沖縄の春を感じる麦芽100%ビール〜

数量限定『アサヒ オリオンゼロライフ香る贅沢ホップ』

〜爽やかな香りと軽やかなおいしさで糖質ゼロ ※1の新ジャンル〜

2015年2月3日(火)新発売!

※1:栄養表示基準に基づき、糖質0.5g未満(100ml当たり)を糖質0(ゼロ)としています。

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 小路明善)は、オリオンビール株式会社(本社 沖縄県浦添市、社長 嘉手苅義男)の製造する季節限定『アサヒ オリオンいちばん桜』と数量限定『アサヒ オリオンゼロライフ香る贅沢ホップ』を、2015年2月3日(火)より全国(沖縄県および鹿児島県奄美大島群島を除く)で発売します。

■『アサヒ オリオンいちばん桜』について

 『アサヒ オリオンいちばん桜』は、オリオンビール㈱が沖縄県で2014年11月から2015年1月上旬製造分(予定)まで季節限定で発売する『オリオンいちばん桜』を、アサヒビール㈱が『アサヒ オリオンいちばん桜』として発売するもので、2009年の発売以来、毎年ご好評を頂戴しています。

 沖縄県では、お正月を過ぎると 緋寒桜 ひかんざくら の鮮やかなピンクの花が次々と色づき始め、日本国内では最も早く、日本の桜の代表ともいえるソメイヨシノよりも早い時期に開花します。
 『アサヒ オリオンいちばん桜』は、沖縄県で緋寒桜が開花しはじめる早春にふさわしい、麦芽100%の豊かな味わいと厳選アロマホップの華やかな香りが特長の季節限定ビールです。

 パッケージは、沖縄の澄みきった青空をイメージした鮮やかな水色を背景に、満開の緋寒桜を缶の中央に大きく描きました。また、商品特長を分かりやすく訴求するため缶体中央部に「麦芽100%生ビール(非熱処理)」と記載しました。缶体上部には「沖縄発 季節限定生ビール」という文言を目立つように入れ込むことで、より季節感を訴求しています。

■『アサヒ オリオンゼロライフ香る贅沢ホップ』について

 『アサヒ オリオンゼロライフ香る贅沢ホップ』は、オリオンビール㈱が沖縄県で『オリオン ゼロライフ』(新ジャンル)のエクステンション商品として2014年9月9日より数量限定で発売している糖質ゼロの新ジャンル商品『オリオン ゼロライフ香る贅沢ホップ』を、アサヒビール㈱が『アサヒ オリオンゼロライフ香る贅沢ホップ』として発売するものです。

 ドイツ産新品種「ポラリスホップ※2」を使用した爽やかな香りと軽やかなおいしさが楽しめる糖質ゼロの新ジャンルです。パッケージは、糖質ゼロの商品であることをわかりすく訴求するため缶体中央部に「糖質0」とブランド名「ZERO LIFE」を記載しています。また、パッケージ全体に桜のイラストを配することで、春らしい華やかさを演出しています。
※2:2012年に発表されたホップの新種。フルーティーで爽やかな香りが特長の希少なホップ品種。

【 商品概要 】

商品名 アサヒ オリオンいちばん桜
品目 ビール
原材料 麦芽、ホップ
容器・容量 缶350ml
アルコール分 5%
発売日 2015年2月3日(火)完全予約受注制
製造工場 オリオンビール名護工場
販売地域 全国(沖縄県、および鹿児島県奄美大島群島を除く)
※沖縄県、および鹿児島県奄美大島群島地域では、
オリオンビール㈱が『オリオンいちばん桜』として発売しています。

【 商品概要 】

商品名 アサヒ オリオンゼロライフ香る贅沢ホップ
品目 リキュール(発泡性)①
原材料 発泡酒(麦芽、ホップ、糖類、カラメル色素、食物繊維、酵母エキス、大豆ペプチド、甘味料(アセスルファムK))、スピリッツ(大麦)
容器・容量 缶350ml
アルコール分 3%以上4%未満
発売日 2015年2月3日(火)完全予約受注制
製造工場 オリオンビール名護工場
販売地域 全国(沖縄県、および鹿児島県奄美大島群島を除く)
※沖縄県、および鹿児島県奄美大島群島地域では、
オリオンビール㈱が『オリオン ゼロライフ香る贅沢ホップ』として発売しています。
  • バックナンバー
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年
  • 2005年
  • 2004年
  • 2003年
  • 2002年
  • 2001年
  • 2000年
  • 1999年

グループ企業のニュースリリース


ページトップ