*Firefox最新版をご利用のお客様へ* ページの背景画像が正しく表示されない場合、こちらをクリックお願いします。

 

ニュースリリース

アサヒビール株式会社のニュースリリース

ニュースリリース2014年

2014年9月19日
アサヒビール株式会社

『アサヒ ドライゼロ』TVCM放映のお知らせ
石川遼(いしかわりょう)選手出演「フード&ドライ篇」
9月20日(土)より全国で放映開始!

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 小路明善)は、“カロリーゼロ※1”“糖質ゼロ※1”で、キレ味爽快な味わいが特長のビールテイスト清涼飲料(アルコール度数0.00%)『アサヒ ドライゼロ』のTVCM「フード&ドライ篇」を、9月20日(土)より全国で放映開始します。
※1:栄養表示基準に基づき、エネルギー5kcal(100ml当たり)未満をカロリーゼロ、糖質0.5g(100ml当たり)未満を糖質0(ゼロ)としています。以下同じ。

 「フード&ドライ篇」では、プロゴルファーの石川遼選手を引き続き起用。“カロリーゼロ”“糖質ゼロ”という『アサヒ ドライゼロ』の特長を石川選手の食シーンと共に表現しています。大きなステーキやボリュームたっぷりのローストビーフサンドをほおばり、『アサヒ ドライゼロ』を美味しそうに飲む石川選手の姿が印象的なCMです。

参考:TVCM「フード&ドライ篇」画像

 『アサヒ ドライゼロ』は、ますますお客様の健康意識が高まる中、2013年9月に「泡持ちアップ」を実現するとともに“カロリーゼロ”“糖質ゼロ”にクオリティアップを実施しました。2014年1〜8月累計の販売数量は400万箱※2を突破、前年比113.3%となり、好評をいただいています。
※2:1箱は大びん633ml×20本換算。

参考:撮影エピソード

 撮影は石川選手が出場する海外ツアーの練習の合間を縫って、アメリカのオーランドで行われました。今回は、ステーキとローストビーフサンドを豪快に食べるというシーンの撮影ということもあり、石川選手はちょうどランチタイムに近い時間帯の撮影にも関わらず、朝食抜きで撮影スタジオに入りました。スタジオ入りした石川選手とスタッフとの会話の一言目が、「あぁ、お腹空いた」というコメントからその様子がうかがえ、スタッフ一同、美味しいものを提供したい!と気合いが入りました。ステーキは4〜5cmの厚さがある分厚いもので、焼きたてが提供され、石川選手もその美味しさにとっても満足したようで、自宅に持ち帰り練習後に食べたい!と言ったほどです。ローストビーフサンドは、顔ぐらいの大きさがありましたが、豪快に大きな口を開けて食べ、こちらもその美味しさに満足げ。ステーキ、ローストビーフサンドとそれぞれ5〜6テイクの撮影となりましたが、石川選手は提供されたすべてを満足げに食べきりました。

参考:石川遼選手プロフィール
氏  名 石川 遼
生年月日 1991年9月17日
プロフィール 6歳の時、父に連れられて練習場に行ったことがきっかけでゴルフを始め、ジュニア時代から輝かしい成績を収める。
2007年5月、国内男子ツアー初出場となった「マンシングウェアオープンKSBカップ」で、史上最年少の15歳8ヶ月で優勝を飾る。
2008年1月、プロ転向を表明。プロ1年目の2008年は、11月に「マイナビABCチャンピオンシップ」でプロとして初優勝を果たすなど、賞金ランキングで5位に入り、史上最年少での1億円プレーヤーとなる。
2009年、マスターズなどの海外トーナメントに出場。国内で年間4勝を挙げ1億8000万円を超える賞金を獲得、史上最年少での賞金王に輝く。
2010年、5月に「中日クラウンズ」で優勝。最終日にマークしたスコア「58」が、「世界最少ストローク」としてギネスブックに正式に認定される。
2011年、三井住友VISA太平洋マスターズでは、2010年のパナソニックオープン以来、自身ツアー2度目のホールインワンを達成。
2014年1月のPGA・ファーマーズ・インシュアランス・オープンでは、首位に2打差となる7位の好成績を収め、PGAツアーでの優勝へ一歩近づいた。
2014年7月のセガサミーカップゴルフトーナメントでは、日本で2年ぶりの優勝を果たし、国内ツアー通算11勝目となった。
  • バックナンバー
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年
  • 2005年
  • 2004年
  • 2003年
  • 2002年
  • 2001年
  • 2000年
  • 1999年

グループ企業のニュースリリース


ページトップ

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。