*Firefox最新版をご利用のお客様へ* ページの背景画像が正しく表示されない場合、こちらをクリックお願いします。

 

ニュースリリース

アサヒビール株式会社のニュースリリース

ニュースリリース2014年

2014年3月25日
アサヒビール株式会社

佐渡市市制10周年と佐渡汽船の新造船「ときわ丸」就航記念
『アサヒスーパードライ「佐渡市市制10周年」』ラベル新発売

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 小路明善)は、『アサヒスーパードライ「佐渡市市制10周年」』ラベル(缶350ml)を佐渡市、及び、佐渡汽船発着港で4月18日(金)より発売します。

 佐渡市は本年3月1日に、島内10か市町村の合併によって一島一市として船出してから、市制施行10周年を迎えます。今後、10周年を迎えるにあたり、未来に向けて新たな出発点となるような、市民が広く参加するイベントなどを実施する「市制施行10周年記念協賛事業」を展開していきます。
 また、本年4月には、本州と佐渡ヶ島を結ぶ旅客・自動車・貨物の輸送を行う定期航路事業を営む佐渡汽船株式会社が、新潟港と両津港を結ぶ便に新造船「ときわ丸」を就航します。

 アサヒビール(株)は“地域共生型”の営業活動の一環として、佐渡市が展開する「市制施行10周年記念協賛事業」の理念に賛同し、『アサヒスーパードライ「佐渡市市制10周年」』ラベル(缶350ml)を発売することで、地域の盛り上がりに貢献します。また、本州と佐渡ヶ島を結び、地域の生活者や観光客の皆様が利用される佐渡汽船発着港での販売を通じて、佐渡市市制10周年の話題を喚起していきます。

 ラベルデザインは、アサヒビールのロゴマークの下に、佐渡ヶ島の地図とともに、佐渡を象徴する「佐渡金山」と「ときわ丸」を配し、市の鳥に制定されているトキが「佐渡市10周年」と記した黄色の横断幕で、節目となる10周年を祝し、次の10年に向けての発展を印象的に描いています。

 今回発売する『アサヒスーパードライ「佐渡市市制10周年」』ラベル(缶350ml)が話題を呼び、地域の皆様のみならず、観光で訪れる多くの人々に親しまれ、佐渡市の素晴らしい歴史と文化の発信に貢献できることを期待しています。

【商品概要】

商品名

アサヒスーパードライ「佐渡市市制10周年」ラベル

容器・容量

缶350ml

販売数量

約2,000ケース(48,000本)

製造工場

福島工場(福島県本宮市)

発売期間

4月18日(金)〜 2014年5月末までの予定

販売地域

佐渡市、及び、佐渡汽船発着港

  • バックナンバー
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年
  • 2005年
  • 2004年
  • 2003年
  • 2002年
  • 2001年
  • 2000年
  • 1999年

グループ企業のニュースリリース


ページトップ

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。