*Firefox最新版をご利用のお客様へ* ページの背景画像が正しく表示されない場合、こちらをクリックお願いします。

 

ニュースリリース

アサヒビール株式会社のニュースリリース

ニュースリリース2014年

2014年2月14日
アサヒビール株式会社

『アサヒドライゼロ』TVCM放映のお知らせ
石川遼(いしかわりょう)選手出演「ウォーターショット篇」
2014年2月14日(金)より全国で放映開始!

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 小路明善)は、“カロリーゼロ・糖質ゼロで、キレ味、爽快な味わい”が特長のビールテイスト清涼飲料(アルコール度数0.00%)『アサヒドライゼロ』のTVCM「ウォーターショット篇」を、2月14日(金)より全国で放映開始します。
※:栄養表示基準に基づき、エネルギー5kcal(100ml当たり)未満をカロリーゼロ、糖質0.5g(100ml当たり)未満を糖質0(ゼロ)としています。

 「ウォーターショット篇」では、プロゴルファー石川遼選手を引き続き起用。石川選手のダイナミックなゴルフシーンを通じて、ドライゼロの商品特長を印象的に訴求します。
 「今回のゴルフシーンは、石川選手のプロ初優勝を連想させる起死回生のウォーターショットです。豪快なショットの後には商品特長である“ゼロ”のリングが登場し、ボールはピンフラッグに当たって見事にカップイン。素晴らしいショットの後に満足げにドライゼロを飲んでいる石川選手の姿が描かれています。また、『アサヒドライゼロ』の直近3ヶ月間の販売実績が前年比121%を達成した好調情報も挿入されています。
※:2013年11月〜2014年1月までの3ヶ月間。

 『アサヒドライゼロ』は、昨年9月にクオリティアップを実施しました。原料を見直すことで、よりクリーミーな泡を楽しめるよう“泡持ち”をアップさせました。また、ビールらしい味わいはそのままに、新たに“カロリーゼロ”“糖質ゼロ”を実現しました。味にこだわりをもつビール類ユーザーや、カロリーや糖質が気になる方々にもご満足いただけます。

参考:TVCM「ウォーターショット篇」画像

参考:CMエピソード

 撮影は石川選手が出場する米PGAツアーの練習の合間を縫って、アメリカのフロリダ州で行われました。今回は、石川選手の迫力ある映像をかつて見たことがないような角度から捉えるため、スタジオに、実際に水がはられた巨大な水槽を用意し、水の下から石川選手のスイングを捉えました。豪快なウォーターショットで、撮影機材やスタッフにも水が飛び散りましたが、濡れた自分自身よりも水を浴びたスタッフ達を気遣う姿は、さすがトッププロ。撮影終了後、思わず「めっちゃうまかった〜」と感想を漏らした石川選手。『アサヒドライゼロ』のおいしさに満足した様子でした。

参考:石川遼選手プロフィール
氏  名 石川 遼
生年月日 1991年9月17日
プロフィール 6歳の時、父に連れられて練習場に行ったことがきっかけでゴルフを始め、ジュニア時代から輝かしい成績を収める。
2007年5月、国内男子ツアー初出場となった「マンシングウェアオープンKSBカップ」で、史上最年少の15歳8ヶ月で優勝を飾る。
2008年1月、プロ転向を表明。プロ1年目の2008年は、11月に「マイナビABCチャンピオンシップ」でプロとして初優勝を果たすなど、賞金ランキングで5位に入り、史上最年少での1億円プレーヤーとなる。
2009年、マスターズなどの海外トーナメントに出場。年間で4勝を挙げ1億8000万円を超える賞金を獲得、史上最年少での賞金王に輝く。
2010年、5月に「中日クラウンズ」で優勝。最終日にマークしたスコア「58」が、「世界最少ストローク」としてギネスブックに正式に認定される。
2011年、三井住友VISA太平洋マスターズでは、2010年のパナソニックオープン以来、自身ツアー2度目のホールインワンを達成。2014年1月のPGA・ファーマーズ・インシュアランス・オープンでは、首位に2打差となる7位の好成績を収め、PGAツアーでの優勝へ一歩近づいた。

参考:『アサヒドライゼロ』商品概要

商品名 アサヒドライゼロ
名称 炭酸飲料
原材料 食物繊維、大豆ペプチド、ホップ、香料、 酸味料、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンC)、甘味料(アセスルファムK)
容器・容量 缶350ml、缶500ml、小びん334ml
アルコール分 0.00%
年間販売目標 600万箱(1箱は大瓶633ml×20本で換算)
製造工場 福島工場、吹田工場
  • バックナンバー
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年
  • 2005年
  • 2004年
  • 2003年
  • 2002年
  • 2001年
  • 2000年
  • 1999年

グループ企業のニュースリリース


ページトップ