ニュースリリース

アサヒビール株式会社のニュースリリース

ニュースリリース2012年

2012年12月6日
アサヒビール株式会社

「ニッカ竹鶴」などニッカブランドのウイスキー、12月上旬より米国で販売開始
好調な欧州市場に加え、米国でさらなる海外展開を図り、世界ブランドに育成

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 小路明善)は、ニッカウヰスキー株式会社(本社 東京、社長 中川圭一)が製造するウイスキー「竹鶴12年ピュアモルト」・「シングルモルト余市15年」(各瓶750ml)を12月上旬より全米で新発売します。
 現在好調に販売数量を伸ばしている欧州市場に加えて、米国に新たに輸出を開始することで、ニッカブランドのウイスキーのさらなる海外展開を図り、世界ブランドに育成していく考えです。

 米国では、今回新しく提携した「アンカー・ディスティリング・カンパニー」(本社所在:米国 サンフランシスコ)の販売網を活用し、市場への浸透を図ります。同社は米国の有力なスピリッツ専門商社のひとつで、 “世界中のファインスピリッツと顧客の架け橋となる”を企業理念とし、約20カ国から商品を輸入販売しています。同社にとって日本産ウイスキーの販売はニッカブランドが初となります。
 米国では、近年、スコッチウイスキーやジャパニーズウイスキーの輸入数量が増加しており、特に、ジャパニーズウイスキーについては、世界的な品評会で高い評価を得ていることなどを受けて認知度が上がり、その品質の高さや独自の味わいに注目が集まっています。

 今回発売するアイテムは、ニッカウヰスキーの主力ブランドである「竹鶴12年ピュアモルト」「シングルモルト余市15年」で、サンフランシスコやニューヨーク、シカゴなど主要都市を中心に、オーセンティックバーやウイスキー専門店をターゲットとしたマーケティング活動を展開してきます。 今後さらに商品ラインアップを拡充し、様々な魅力をもつニッカブランドを米国のウイスキーファンにむけて提案していく予定です。米国内での2013年の販売数量は3,000箱(1箱=750ml×12本換算)を目指します。

 アサヒビール(株)は、2006年に欧州全域に販売網をもつ有力ウイスキー商社「メゾン・ド・ウイスキー」(本社所在:フランス)と直接販売契約を結び、ウイスキーの海外展開を本格化しました。現在は、同社の販売網 を介して欧州とその周辺国を含めた約30か国への輸出・販売を行なっており、2011年の欧州での販売数量は2006年と比較して14倍の規模に拡大しました。

 アサヒビール(株)では、独自の歴史と製法にもとづいたニッカウヰスキー(株)ならではの高品質なウイスキーを、プレミアムジャパニーズウイスキーとしてグローバル展開していくことを目指します。米国市場においては、「アンカー・ディスティリング・カンパニー」と連携を深めニッカブランドをさらに拡販し、将来的に世界ブランドとして育成していく考えです。

【商品概要】

商品名 竹鶴12年ピュアモルト シングルモルト余市15年
商品特長 ニッカウヰスキーの創業者・竹鶴政孝の名を冠したピュアモルトウイスキーです。12年以上熟成を重ねた上質なモルトだけで仕上げた、湧き立つような華やかな香りとスムースな飲みやすさを両立したバランスのよい味わいです。 ニッカウヰスキー発祥の地である北海道余市蒸溜所で蒸溜された15年以上熟成を重ねたモルトだけで仕上げたシングルモルトウイスキーです。華やかで落ちつきのある香りとシルキーでスムースな口当たり、深くまろやかな余韻が特長です。
容器・容量 瓶750ml
*日本国内のサイズとは異なります。
瓶750ml
*日本国内のサイズとは異なります。
アルコール度数 40% 45%
現地での
想定小売価格
70ドル程度 130ドル程度
発売日 2012年12月上旬より順次展開
*地区により異なります。
  • バックナンバー
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年
  • 2005年
  • 2004年
  • 2003年
  • 2002年
  • 2001年
  • 2000年
  • 1999年

グループ企業のニュースリリース


ページトップ

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。