ニュースリリース

アサヒビール株式会社のニュースリリース

ニュースリリース2012年

2012年09月03日
アサヒビール株式会社

第53回 アサヒビール環境文化講座「自然の恵みを明日へ」
『いつでも山を 山から見た自然環境』
参加者募集

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 小路明善)は、アサヒビール環境文化講座『いつでも山を 山から見た自然環境』を、講師に女性として世界で初めて世界最高峰エベレストおよび七大陸最高峰への登頂に成功したことで知られる登山家の田部井淳子氏を迎えて、ビッグパレットふくしまコンベンションホールA(福島県郡山市)にて、10月13日(土)に開催します。この講座への参加者300名様を募集します。

 今回の講座は、『いつでも山を 山から見た自然環境』がタイトルです。講師の田部井氏は、1962年に昭和女子大学英文学科を卒業後、社会人の山岳会に入会し、登山活動に力を注いできました。1975年には女性として世界で初めて世界最高峰エベレストの登頂に成功、1992年には女性として世界で初めて七大陸最高峰の登頂者となりました。現在も年に数回海外登山に出かけ、元祖「山ガール」としても知られている田部井氏に、世界の山々の登頂体験や自然から元気をもらう秘訣、登山を通した自然との関わり方について講演いただきます。


 アサヒビール環境文化講座は、「自然の恵みを明日へ」をテーマに、受講者の皆様とともに環境問題を身近に考え、持続可能な社会作りを目指していくものです。平成14年10月からこれまでに52回の講座を開催し、延べ約8,600名の方が参加し、今回の講座で53回目の開催となります。

【第53回 アサヒビール環境文化講座「自然の恵みを明日へ」概要】

タイトル 『いつでも山を 山から見た自然環境』
日時

10月13日(土)
13:30 受付開始
14:00 セミナー開始
16:00 セミナー終了 閉演

場所

ビッグパレットふくしまコンベンションホールA
(福島県郡山市南2丁目52)

参加費 無料(事前の申し込みが必要)
内容 世界の山々の登頂体験や自然から元気をもらう秘訣、登山を通した自然との関わり方について。
講師

田部井淳子氏(登山家)
 1939年福島県生まれ。1962年昭和女子大学英文学科卒業後、社会人の山岳会に入会し、登山活動に力を注ぐ。1969年女子登攀クラブを設立。1975年エベレスト日本女子登山隊副隊長兼登攀隊長として、世界最高峰エベレスト8,848mに女性世界初の登頂に成功。1992年には女性で世界初の七大陸最高峰登頂者となる。2000年九州大学大学院比較社会文化研究科修士課程修了。年に数回海外登山に出かけ、現在60カ国の最高峰・最高地点を登頂した。
 20〜40代女性のための山の会MJリンク呼びかけ人、山岳環境保護団体・NPO法人日本ヒマラヤン・アドベンチャー・トラスト(HAT−J)代表。2009年春より日本トレッキング協会会長なども務めている。

定員 300名様 (定員を超えた場合は抽選)
応募方法

住所、氏名、年齢、電話番号(連絡先)、希望人数(2名まで)を明記のうえ、
往復ハガキで応募。
Webサイトからの応募も可能。(以下Webサイトから「インターネットから応募」をクリック)。
(環境文化講座Webサイト: http://www.asahibeer.co.jp/eco_seminar/

応募先

〒130-8602 東京都墨田区吾妻橋1-23-1 アサヒビール株式会社 社会環境部
 アサヒビール環境文化講座(10/13) 係 

応募締切 10月3日(水)到着分まで
発表 当選者には、当選ハガキの発送、もしくはEメールにてお知らせ。
主催 アサヒビール株式会社、公益社団法人日本環境教育フォーラム
後援 環境省、福島県
  • バックナンバー
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年
  • 2005年
  • 2004年
  • 2003年
  • 2002年
  • 2001年
  • 2000年
  • 1999年

グループ企業のニュースリリース


ページトップ

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。