ニュースリリース

アサヒビール株式会社のニュースリリース

ニュースリリース2012年

2012年07月27日
アサヒビール株式会社

ロンドンオリンピック JOCジャパンハウスにPRブースを展開
最も歴史のある国際ビール品評会で“チャンピオンビール”を受賞した、
英国産『アサヒスーパードライ』をご提供

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 小路明善)は、ロンドンオリンピック開催期間中である2012年7月26日(木)から8月11日(土)までの計17日間、ロンドンオリンピック「JOCジャパンハウス」にPRブースを展開します。

 「JOCジャパンハウス」とは、オリンピック開催期間中のオリンピック日本代表による情報発信を目的として設置されたロンドンにおけるJOCの拠点です。「JOCジャパンハウス」では、日本代表選手団やJOCによる記者会見の実施、JOCゴールドパートナーによる情報発信を実施します。

 アサヒビール(株)は、スポーツが与えてくれる「夢」、「希望」、「挑戦」の素晴らしさを日本国民の皆様と分かち合い、オリンピック日本代表の活躍を一緒に応援していくことで「日本中に勇気と元気をお届けしたい」という思いから、2009年より「JOCゴールドパートナー」となっています。ロンドンオリンピックが開催される今夏、アサヒビール(株)のプロモーション統一テーマを「Get Gold!」として、ハンマー投男子、室伏広治選手(ミズノ所属)が商品監修を行ったロンドンオリンピック日本代表応援専用商品『アサヒジャパンゴールド』の期間限定発売など、様々な商品・広告・販促を展開しています。

 アサヒビール(株)は、ロンドンオリンピックの開催にあたり、「JOCジャパンハウス」にPRブースを展開します。「ブルーイング・インダストリー・インターナショナル・アワーズ2011」(BIIA)の表彰式において“樽詰ラガー部門”の最高賞となる“チャンピオンビール”を受賞した英国産の『アサヒスーパードライ』のご提供、及び『アサヒジャパンゴールド』の商品展示を実施し、「JOCジャパンハウス」の来場者へアサヒビール商品を紹介します。


 アサヒビール(株)は、「JOCゴールドパートナー」として、スポーツを通して「感動」を世界中に伝えるオリンピック日本代表選手を応援しています。

  • バックナンバー
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年
  • 2005年
  • 2004年
  • 2003年
  • 2002年
  • 2001年
  • 2000年
  • 1999年

グループ企業のニュースリリース


ページトップ

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。