ニュースリリース

アサヒビール株式会社のニュースリリース

ニュースリリース2012年

2012年03月21日
アサヒビール株式会社

アサヒスーパードライ『笑顔咲くたび伊達な旅』新発売
〜アサヒビール(株)は仙台・宮城デスティネーションキャンペーンを応援しています!〜

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 小路明善)は、「アサヒスーパードライ『笑顔咲くたび伊達な旅』」(中びん500ml・缶350ml)を、宮城県において3月27日(火)より新発売します。

 宮城県内では、2013年4月から6月の間、観光を核として県全体が「元気」と「輝き」を取り戻していくことを目的とした、デスティネーションキャンペーン(以下DC)の開催が決定しました。2012年はキャンペーン開催に向け、宮城の観光がさらに飛躍する礎となるような取り組みを進め,あらためて「観光王国みやぎの実現」を目指していきます。
※デスティネーションキャンペーンとは,JRグループ6社と自治体が協力し,全国の旅行会社等の協力を得ながら,一定期間(3ヶ月等)に重点的かつ集中的に全国で宣伝販売が展開される,国内では最大規模の観光キャンペーンです。

 アサヒビール(株)は、地域共生型の営業活動の一環として、宮城県において開催される仙台・宮城DCに賛同し、キャンペーンのキャッチコピーをネーミングに採用した「アサヒスーパードライ『笑顔咲くたび伊達な旅』」を発売します。キャッチコピーの「笑顔咲くたび伊達な旅」には、これまでの震災支援に対する感謝の意と、地元の人と宮城を訪れる人がお互いに笑顔になり、前向きに進んでいきたいという思いが込められています。
 ラベルには、中央に宮城県観光PRキャラクターの「むすび丸」のイラストとキャンペーンのキャッチコピーをデザインしています。

 アサヒビール(株)は、今回発売する「アサヒスーパードライ『笑顔咲くたび伊達な旅』」が宮城県で話題を呼び、地元の皆様のみならず、宮城の地を訪れる多くの人々に親しまれ、仙台・宮城DCの盛り上げに貢献できることを期待しています。

【商品概要】

商品名 アサヒスーパードライ
『笑顔咲くたび伊達な旅』
容器・容量 中びん500ml 缶350ml
販売数量 41,000箱(820,000本) 2,000箱(24本/箱)
製造工場 茨城工場(茨城県守谷市)
発売期間 3月27日(火)〜 6月末までの予定
販売地域 仙台市を中心とする宮城県

【本件に関するマスコミからのお問い合わせ先】

アサヒビール株式会社 東北統括本部営業企画部     電話:022-261-2215

  • バックナンバー
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年
  • 2005年
  • 2004年
  • 2003年
  • 2002年
  • 2001年
  • 2000年
  • 1999年

グループ企業のニュースリリース


ページトップ

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。