ニュースリリース

アサヒビール株式会社のニュースリリース

ニュースリリース2012年

2012年02月15日
アサヒビール株式会社

アサヒビール(株)の環境教育や環境啓蒙活動の取り組みが
『eco検定アワード2011』
【エコユニット部門】優秀賞を受賞


 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 小路明善)は、東京商工会議所が主催する『eco検定アワード2011』において、昨年実施した環境教育「アサヒの森 自然学園」の取り組みと環境問題を楽しく学べるグループ社員向けのサイト「アサヒのエコ学」による環境啓蒙活動により、『eco検定アワード2011』の【エコユニット部門】で優秀賞を受賞しました。
 2012年3月5日(月)に、東京商工会議所ビル(所在 東京都千代田区丸の内)において表彰式が開催され、受賞者の表彰と活動紹介等が行われます。

■『eco検定アワード』について
 『eco検定アワード』とは、東京商工会議所が主催するeco検定の合格者“エコピープル”と、そのエコピープルが2名以上集まったグループ“エコユニット”の環境保全活動をより積極的に展開できるよう行っているサポートの一環として東京商工会議所が実施している表彰制度です。eco検定を通じて、環境と経済を両立させた「持続可能な社会」の促進を目指す、企業や学校等の団体及び個人を表彰するものです。

■今回受賞した取り組みについて 
 今回の受賞は、アサヒビール(株)がアサヒグループの資産や商品を活用して環境保全に関する啓発活動を広く展開している点と社内イントラネットを活用した環境啓蒙活動により環境への意識を高め、「eco検定」に挑戦する社員の増加にもつながった点が評価されたものです。

 アサヒビール(株)は、昨年、環境教育「アサヒの森 自然学園」を開催。アサヒビール(株)の社有林「アサヒの森」を活用した森林環境教育プログラムや、水の大切さを学ぶ「マイ三ツ矢サイダーづくり」などを通じ、森林の役割や環境保全の大切さについて、親子で学び体験していただきました。
 また、アサヒグループ社員の環境啓蒙活動の一環として、社内イントラネット上で、漫画やクイズなどで楽しく環境問題について学べる「アサヒのエコ学」を2010年より展開しています。

  • バックナンバー
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年
  • 2005年
  • 2004年
  • 2003年
  • 2002年
  • 2001年
  • 2000年
  • 1999年

グループ企業のニュースリリース


ページトップ

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。