*Firefox最新版をご利用のお客様へ* ページの背景画像が正しく表示されない場合、こちらをクリックお願いします。

 

ニュースリリース

アサヒビール株式会社のニュースリリース

ニュースリリース2011年

2011年08月08日
アサヒビール株式会社 山口支社

アサヒビールスーパードライ「うまい!を明日へ!」プロジェクト 
第4弾終了報告
山口県の寄付額は535万3,110円
〜「ナベヅルと共に生きる自然環境の保全活動」にご活用いただきます。〜


アサヒスーパードライ「うまい!を明日へ!」プロジェクト第5弾実施のご案内
『アサヒスーパードライ』対象商品の売上1本につき1円※を、
山口県では引き続き
“「ナベヅルと共に生きる自然環境の保全活動」”にご活用いただきます。
※期間限定、対象商品限定

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 小路明善)は、主力商品『アサヒスーパードライ』の売上げの一部を都道府県ごとに設定した自然や環境、文化財などの保護・保全活動に役立てていただくプロジェクトを一昨年より全国で展開しております。
 昨年秋に実施しました第4弾について、山口県の推進する「ナベヅルと共に生きる自然環境の保全活動」を支援していくことにしておりました。
 このたび、表題の金額を、8月8日にアサヒビール山口支社長 大塚直樹が、公益財団法人やまぐち県民活動きらめき財団(理事長 二井関成 山口県知事)に贈呈します。
 アサヒビールは、事業活動を通して地域との共生をはかり、地域社会に貢献することを目指しています。このプロジェクトをすすめるとともに、地域のボランティア活動への社員参加も推進し、地域社会への貢献をこれまで以上に強めてまいります。

 また、本年秋より、アサヒスーパードライ「うまい!を明日へ!」プロジェクト第5弾を全国で展開します。第5弾につきまして、公益財団法人やまぐち県民活動きらめき財団(理事長 二井関成 山口県知事)に引き続き寄付し、「ナベヅルと共に生きる自然環境の保全活動」を支援してまいります。
 山口県周南市八代は、ナベヅルの本州唯一の渡来地であり、またナベヅルは国の特別天然記念物であると同時に、山口県の鳥として山口県の皆様に広く親しまれております。しかしながら、その渡来数は減少傾向にあります。アサヒビール山口支社は、本プロジェクトを山口県で展開していくにあたり、こうした山口のみなさま共通の財産を保全し、永遠に残していく活動に活用していくことが、地域貢献、地域活性といった本プロジェクトの主旨にふさわしいと判断しました。
 今回の実施では、対象商品を、前回同様の缶500ml、缶350ml、大びん、中びんの計4品種とし、それらの売上げ本数1本につき1円を寄付金といたします。第5弾となる今回は、9月上旬から10月下旬の製造分が対象となります。
 アサヒビール山口支社では、地域との共生や地域貢献を目標に掲げ、当プロジェクトを県内で推進するだけでなく、ボランティア活動に社員が積極的に参加するなどして地域に密着した活動を継続的に展開していきます。

【アサヒスーパードライ「うまい!を明日へ!」プロジェクト(第4弾)結果】

寄付金額

5,353,110円
期間中の対象商品1本につき1円。
期間中の対象商品本数を全国で集計し、都道府県ごとの販売数量に応じて配分。

寄付金の活用内容 「公益財団法人やまぐち県民活動きらめき財団」に寄付し、ナベヅルと共に生きる自然環境の保全活動にお役立ていただきます。
対象品種 昨年8月下旬から10月下旬に製造した『アサヒスーパードライ』缶350ml、 缶500ml、大びん、中びんの計4品種

【アサヒスーパードライ「うまい!を明日へ!」プロジェクト(第5弾)概要】

対象商品 『アサヒスーパードライ』缶500ml、缶350ml、大びん、中びん
※2011年9月上旬製造分から10月下旬製造分までを対象とします。
寄付内容 対象商品の売上1本につき1円を、全国47都道府県ごとの自然や環境、文化財等の保護・保全活動に寄付します。
※対象商品の本数を全国で集計し、都道府県ごとの販売数量に応じて配分します。
寄付対象 「公益財団法人やまぐち県民活動きらめき財団」に寄付し、ナベヅルと共に生きる自然環境の保全活動にお役立ていただきます。

【本件に関するお問い合わせ先】

アサヒビール株式会社 山口支社 電話:082-546-1693

  • バックナンバー
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年
  • 2005年
  • 2004年
  • 2003年
  • 2002年
  • 2001年
  • 2000年
  • 1999年

グループ企業のニュースリリース


ページトップ

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。