ニュースリリース

アサヒビール株式会社のニュースリリース

ニュースリリース2011年

2011年8月12日
アサヒビール大山崎山荘美術館

国民文化祭・京都2011 協賛企画
「大山崎山荘のおもてなし」展 開催のお知らせ
― 利休、モネの見立てた大茶会 ―

 アサヒビール大山崎山荘美術館(所在地 京都府乙訓郡、館長 内藤規夫)は、2011年9月30日(金)から2012年1月9日(月・祝)まで、企画展「大山崎山荘のおもてなし」(利休、モネの見立てた大茶会)を開催します。

 この企画は、「第26回国民文化祭・京都2011」に協賛して開催されるもので、美術館の地元、大山崎町では「大茶会」を国民文化祭のメインテーマにしていることから、茶会での「おもてなし」を自由な展示で表現し、利休の茶の心である“一期一会”の空間を再現し、新たな楽しみ方を提案します。

 大山崎山荘は、かつて、様々な人々をもてなした場でありました。また、大山崎町には、千利休が山崎の合戦の折に建てたとされる茶室「 待庵たいあん 」(国宝)が移築、保存されています。こうした茶とおもてなしの歴史や文化に彩られた大山崎の地に相応しい企画展として、その歴史の一端を紹介しながら、大山崎山荘美術館ならではのおもてなしの席を設えます。

 本展では、茶器はもちろん、茶会と無関係に見える近代絵画、彫刻などの様々な作品をも組み合わせて、「大山崎山荘の茶会」と見立て、「大山崎山荘のおもてなし」を演出します。利休によれば、茶会とは一期一会の場であり、一生に一度の出会いの場です。大山崎山荘での一期一会をお楽しみいただきます。

  茶のおもてなし展示には、二人の芸術家に焦点をあて、それぞれにちなんだ斬新な見立てをご紹介します。ひとりはもちろん千利休です。大山崎で茶会を開き、『待庵』を残し、わび茶を完成させた利休は、まさに本山荘にもっともふさわしい人物でしょう。もうひとりは、当館所蔵の名画『睡蓮』を描いた印象派の巨匠、クロード・モネ。パリ郊外ジヴェルニーの自宅に池のある日本風庭園をつくり、睡蓮を育て、これを描き続け、睡蓮の絵画に囲まれた部屋で、人々が安らぎ感じることを期待しました。
 利休にちなんだ見立てでは、茶器とともに、アルベルト・ジャコメッティの彫刻を組み合わせて、新旧の名品の間の緊張感を引き出します。一方、モネにちなんだ見立てでは、絵画『睡蓮』と河井ェ次郎『海鼠釉片口なまこぐすりかたくち 』など日本の陶器を組み合わせて画家の愛する日本の自然を表現し、安息の空間をつくり出します。

 大山崎山荘のおもてなしは、山荘の歴史とも関係します。山荘をつくった加賀正太郎は、700人もの招待客による盛大な花見会を催しました。これは、花見を登山に見立てた宴でした。敷地を山に見立て、一合目から二合目、三合目と順に登っていくコースがつくられ、頂上の「憩いの桜」に至るものです。随所に茶席、料理屋、洋酒屋、果物店が出されました。登山をも趣味とした数寄者・加賀ならではの趣向を凝らした会でした。本展では、山荘のかつてのおもてなしの一端も当時の案内図などと共に紹介します。

 また、参加型企画として、当館コレクションの中から、お客様がご自身で作品を選び、その用途を提案いただく「わたしならこう使う」ワークショップを実施します。


【 開催要項 】

展覧会名 :

「大山崎山荘のおもてなし」(利休、モネの見立てた大茶会)

会   期 :

2011年9月30日(金)〜2012年1月9日(月・祝)
月曜休(祝日の時は翌火曜休) 12月26日(月)〜1月2日(月)は冬季休館
ただし11月21、28日、12月5日の各月曜日は開館

会   場 :

アサヒビール大山崎山荘美術館
〒618-0071 京都府乙訓郡大山崎町銭原5-3
JR山崎駅または阪急大山崎駅より徒歩10分
TEL:075-957-3123(総合案内)
http://www.asahibeer-oyamazaki.com/

開館時間 :

10時から17時まで(最終入館は16時30分)

主   催 :

アサヒビール大山崎山荘美術館

後   援 :

京都府、大山崎町、京都府国民文化祭実行委員会

協   力 :

大山崎町歴史資料館

入 館 料 :

大人900円(800円)、高大生500円(400円)、障害者手帳お持ちの方300円 
小中学生無料 ※( )内は 20名様以上の団体の場合

作品点数 :

約100点

【 関連イベント 】

参加型展示

 

期 間 :

展覧会会期中

本館二階展示室の作品の中からお好きな作品を選んで、自由な発想で新しい用途を提案してください。参加者には記念品を進呈します。いただいたご提案の一部は館内やブログにて発表します。

「大山崎秋茶会」(中国茶会)

 

日時:

2011年10月8日(土)、9日(日)10:30〜16:30

 

会場:

美術館庭園、通常非公開の茶室

 

参加費:

1000円(税込、お菓子・お土産付〔各日先着150名〕、美術館入館料は別途必要です)

 

参加受付:

予約は不要です。お気に入りのお猪口くらいの大きさの茶杯をお持ちになってご参加ください。

 

主催:

アサヒビール大山崎山荘美術館

 

共催:

中國茶會・無茶空茶

 

問合先:

06-6361-6910(中國茶會・無茶空茶)

「大山崎大茶会」(第26回国民文化祭・京都2011)

 

日時:

2011年11月3日(木・祝)〜6日(日)※11月3、4日は大山崎山荘美術館のみ開催

 

会場:

アサヒビール大山崎山荘美術館庭園及び茶室(通常非公開)、大山崎ふるさとセンター、 離宮八幡宮、宝積寺

 

参加費:

一席300円(美術館入館料は別途必要です)

 

参加受付:

予約は不要です。ただし、アーティストによる茶席は予約が必要となります。

 

主催:

第26回国民文化祭大山崎町実行委員会、第26回国民文化祭京都府実行委員会

 

協力:

アサヒビール大山崎山荘美術館、離宮八幡宮、宝積寺、NPO子どもとアーティストの出 会い

 

内容:

アーティストによる茶席から一般の方、高校生、子どもが亭主となる茶席まで町内にさ まざまな茶会が開かれます。一般参加の亭主も募集します。亭主を希望する方向けの茶 会ワークショップを10月1、2日(土、日)に開催します。今後詳細を随時館ホームページにて発表していきます。

「学芸員によるギャラリートーク」

 

日時:

10月16日(日)、29日(土)、11月26日(土)、12月4日(日)、17日(土)、25日(日)    
1月9日(月・祝) 各日14:00〜14:30

 

定員:

20名

 

参加費:

無料(入館料は別途必要です)

 

参加受付:

不要。当日時間までに館受付にお越し下さい。

【 本展に関するお問い合わせ先  】

アサヒビール大山崎山荘美術館  TEL 075-957-2364  FAX 075-957-3126
担当学芸員 : 山城 淳一

  • バックナンバー
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年
  • 2005年
  • 2004年
  • 2003年
  • 2002年
  • 2001年
  • 2000年
  • 1999年

グループ企業のニュースリリース


ページトップ

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。