ニュースリリース

アサヒビール株式会社のニュースリリース

ニュースリリース2011年

2011年06月10日
アサヒビール株式会社

「父の日」に贈りたいものは
5年連続で「お酒」がトップ
〜アサヒビール(株) お客様生活文化研究所が調査を実施〜

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 泉谷直木)のアサヒビールお客様生活文化研究所は、6月1日(水)〜6月7日(火)にインターネットで、父の日に関する意識調査を実施し、875人の有効回答を得ました。その結果から、下記のような傾向があることが分かりました。

■ 全体の4割以上が、「父の日をお祝いする」と回答
■ 父の日に贈りたいものは、5年連続で「お酒」がトップ
■ お酒ギフトのトップは「ビール」。「父の日」は親子でお酒を酌み交わす貴重なタイミング
■ お酒ギフトは贈る側ともらう側の「両思いギフト」
■ 父の日ギフトの予算は、「3,000〜5,000円未満」が最多
  全体の7割近くが「5,000円未満」の予算内でギフトを選ぶ
■ 家族が採点する父親の点数は、合格圏内の平均73.0点

  • 今回は、6月19日(日)に迫った「父の日」を控え、今年の「父の日ギフト」に関するアンケート調査を実施しました。
  • 「(父の日に)プレゼントを贈る予定」(34.2%)、「一緒に食事をする予定」(8.7%)という回答が全体の4割以上を占め、「父の日をお祝いする」計画のあることが明らかとなりました。
  • 父の日に贈りたいギフトの1位は、「お酒」(44.3%)でした。過去同時期にも調査を実施しており、5年連続で「お酒」がトップになりました。
  • 贈りたいお酒ギフトの1位は「ビール」(47.0%)でした。親子、家族でお酒を酌み交わすシーンに「ビール」が欠かせないという声も目立ち、親子団らんを演出する存在となっていることがうかがえます。
  • もらってうれしいギフトの1位は、贈りたいギフトと同様に「お酒(ビール、焼酎、ウイスキーなど)」(29.7%)でした。
  • 父の日ギフトの予算は、「3,000〜5,000円未満」(42.9%)が最多となりました。全体の7割近くが5,000円未満の予算内でギフトを選ぶ傾向にあるようです。
  • 「家族が採点する父親の点数」は平均73.0点となり、家族・子どもからは合格圏内の評価を得ていることがうかがえます。


 Q.今年「父の日」にプレゼントを贈る?(1つ選択 n=875)
   ⇒全体の4割以上が、「父の日をお祝いする」と回答

 「親父のプロ野球観戦用の地デジチューナー」(男性40代)など、「プレゼントを贈る予定」と回答した人は34.2%でした。さらに「家族みんなで、お寿司会席料理を食べに行く」(女性30代)など、「一緒に食事をする予定」という声も8.7%を占め、全体の4割以上の人びとが「父の日」に何かしらの形でお祝いする予定のあることが明らかとなりました。


 Q.「父の日」に贈りたいものは?(複数回答 贈る意向のある人 n=375)
   ⇒父の日の定番は「お酒」!アルコール飲料や食品ギフトが人気




 堂々の人気ナンバーワンは「お酒類(ビール、焼酎、ウイスキーなど)」(44.3%)でした。「晩酌が楽しみな父へのプレゼントはお酒」(女性50代)など、晩酌の必需品が一番という声が多数寄せられ、「父の日ギフト」といえば「お酒」が大定番となっていることがうかがえます。さらに「父は意外と甘いものも好きで、今年のプレゼントはチーズケーキを考えている」(女性20代)など、同様3位に「甘いもの(ケーキ、和菓子など)」(11.7%)が挙げられました。特にお酒類は前年調査時と比較して、36.7%から 44.3%へとポイントがアップしています。



 Q.どんなお酒を贈る?(複数回答 お酒を贈ると答えた人 n=166)
   ⇒お酒ギフトのトップは「ビール」。「父の日」は親子でお酒を酌み交わす貴重なタイミング


 最も回答が多かったのは「ビール」(47.0%)でした。「いつも発泡酒の父に『父の日』にはビールを飲んでもらいたいから」(女性20代)など、ちょっと奮発して贈りたいという声や、「気軽にみんなが楽しめて、ワイワイ、穏やかなひと時が過ごせる飲み物としてビールは最高だ!」(男性60代)など、親子、家族でお酒を酌み交わすシーンに「ビール」が欠かせないという声も目立ち、親子団らんを演出する存在となっていることがうかがえます。


 Q.もらって嬉しいギフトは?(複数回答 自分がお父さんだという人 n=219)
   ⇒1位は「お酒類」。お酒ギフトは贈る側ともらう側の意志が通じ合う「両思いギフト」


 もらってうれしいギフトのトップは、贈りたいギフトと同様に「お酒類(ビール、焼酎、ウイスキーなど)」(29.7%)でした。「自分はお酒が好きなので、ビールのプレゼントが最高」(男性60代)、「焼酎が欲しい」(男性50代)など、お酒ギフトは贈る側ともらう側の意志が通じ合う、「両思いギフト」と言えそうです。


 Q.「父の日ギフト」の予算は?(1つ選択)
   ⇒「3,000〜5,000円未満」が最多。全体の約7割が5,000円未満の予算内で選ぶ。


 「高くもなく安くもない服なら、気兼ねせずに着てくれそう」(女性40代)など、最も回答が多かったのは「3,000〜5,000円未満」(42.9%)でした。次に「2、3000円のお酒で、家族で楽しい食卓が囲める!!」(男性60代)など、「1,000〜3,000円未満」(22.9%)が続き、「父の日ギフト」の相場は「3,000〜5,000円未満」と「1,000〜3,000円未満」の2つの価格帯に集中しています。さらに「1000円未満」という声も4.3%を数え、全体の7割以上の人びとが「5,000円未満」の予算内で「父の日ギフト」選びを進めていることがうかがえます。


 Q.お父さんの点数は?
   ⇒「家族採点」の平均は73.0点。家族・子どもからは合格圏内の評価を得ている。


 点数の合計を回答人数で割った平均点は「73.0点」。「85点。いつもやさしく、子どもが考えて決めた事には、とりあえず反対せず見守ってくれる。」(女性20代)など、最も回答が多かったのは「80〜89点」(27.1%)でした。さらに「70〜79点」(16.5%)、「90〜99点」(13.7%)が続き、全体の7割以上が「70〜100点」の合格圏内に点数が集中しました。中には「申し分の無い父」(女性50代)、「優しく頼れる存在だから」(女性40代)など、文句の付けようのない「満点(100点)」という声も14.6%を占めました。


【調査概要】

調査対象 全国の20歳以上の男女875人(有効回答数、男性458人、女性417人)
調査方法 インターネット
調査期間 2011年6月1日(水) 〜 6月7日(火)

【本調査に関するお問い合わせ先】

アサヒビール株式会社 お客様生活文化研究所 TEL:03-3498-1810
(お客様生活文化研究所のサイト「青山ハッピー研究所」  http://www.hapiken.jp

  • バックナンバー
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年
  • 2005年
  • 2004年
  • 2003年
  • 2002年
  • 2001年
  • 2000年
  • 1999年

グループ企業のニュースリリース


ページトップ

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。