ニュースリリース

アサヒビール株式会社のニュースリリース

ニュースリリース2011年

2011年03月04日
アサヒビール株式会社

今年の「お花見」参加意向は約6割!
お花見に欠かせない飲み物は「ビール」が圧倒的1位!
〜アサヒビール(株) お客様生活文化研究所が調査を実施〜

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 泉谷直木)のアサヒビールお客様生活文化研究所は、2月23日(水)〜3月1日(火)にインターネットで、「お花見」に関する意識調査を実施し、4,002人の有効回答を得ました。その結果から、下記のような傾向があることが分かりました。

■ 約6割がお花見を計画
■ お花見に欠かせない飲み物は「ビール」が圧倒的1位。
■ お花見に欠かせない食べ物の1位は「手作りのお花見弁当」、2位は「おにぎり」
■ お花見の便利アイテムの1位は「濡れタオル・ウェットティッシュ」

今回は、いよいよ間近に迫った桜の開花を控え、本年の「お花見」に関するアンケート調査を実施しました。

Q.今年、お花見へ行く予定がありますか?(1つ選択)
 ⇒全体の約6割がお花見を計画。特にシニア層を中心に季節イベントとして定着


 「上野公園、隅田川など東京スカイツリーが見られる所で」(男性40代)、「3月末、京都の平野神社で孫たちに囲まれて花見見物と洒落込みたい」(男性70代)など、「必ず行くつもり」と回答した人は23.4%。さらに「まだ決まっていないが行くつもり」という声も34.3%を数え、全体の約6割(57.7%)がお花見を計画していることが明らかとなりました。
 世代別で「必ず行くつもり」「まだ決まっていないが行くつもり」という声を見てみると、20代で50.0%、30代で55.7%、40代で51.8%と20〜40代では50%台でした。一方、50代で60.0%、60代で75.2%、70代以上では75.4%にも達し、お花見はシニア層を中心に季節イベントとして定着していることがうかがえます。

Q.あなたが楽しみにしているお花見に欠かせない飲み物は?(3つまで選択)
 ⇒「ビール」が圧倒的1位!野外で飲むビールは格別


 圧倒的1位は「ビール」(65.0%)でした。「グルメもいいけど、やっぱり本命はビール」(男性50代)、「ビール!寒くても上着を羽織って飲みたい」(女性30代)など、野外で飲むビールは格別という声が多数寄せられました。
 2位は「お茶・コーヒー」(31.8%)で、「肌寒いこともあるので温かいお茶は外せません」(女性40代)など防寒対策として温かい飲み物が欠かせないという声も寄せられました。
 また、「昼間から主婦は酔っ払えないので、ノンアルコールは必須」(女性60代)、「車で出かけますので、ノンアルコールビールは欠かせません」(男性60代)など、9位には「ノンアルコールビール」(9.6%)がランクインしました。

Q.あなたが楽しみにしているお花見に欠かせないグルメは?(3つまで選択)

 ⇒1位は愛情のこもった「手作りのお花見弁当」、2位は手軽さが決め手の「おにぎり」


 1位は「手作りのお花見弁当」(28.8%)でした。「妻の手作り『お花見弁当』。卵焼き、鮭、さといもと竹輪とコンニャクの煮しめなど」(男性60代)、「手作りサンドウィッチと妻の笑顔で、お花見は最高潮」(男性30代)など、お花見には愛情のこもった「手作り弁当」が最高という声が寄せられました。
 2位は僅差で「おにぎり」(27.8%)でした。「外で食べておいしいと思うのはおにぎり」(男性50代)など、お皿や箸がなくても食べられる「手軽さ」と、冷めても味の落ちない「おいしさ」がおにぎりの魅力で、野外で食べるお花見グルメに最適という声が寄せられました。

 

Q.お花見に持参すると便利なアイテムは何ですか?(3つまで選択)

 ⇒1位は「濡れタオル・ウェットティッシュ」。野外での飲食には欠かせないアイテム


 1位は「濡れタオル・ウェットティッシュ」(53.2%)でした。「ウェットティッシュを持っていれば、近くに水道がなくても安心して食事ができる」(女性50代)など、野外での飲食に際し「使い捨てのおしぼり」としてウェットティッシュが欠かせないという声が寄せられました。

 2位は「ゴミ袋」(48.8%)でした。「ゴミは出さずに持ち帰り」(女性40代)、「分別できるよう複数枚のゴミ袋を持って行く」(男性50代)など、ここ最近の「エコ意識」の向上や、「お花見マナー」を守ろうとする意識の高まりがうかがえます。中には「大きなゴミ袋はシートやかっぱにもなるので、多めに持っていくといい」(女性30代)など、「ゴミ袋」を様々な用途に利用するという声も寄せられました。
 また、4位に「防寒着上着」(30.0%)、7位に「カイロ」(10.7%)、8位には「保温できる水筒(お湯)」(10.0%)がランクインしました。「桜の咲き始めに張り切って出かけて風邪をひいた経験があるので、カイロや防寒着が外せません」(女性30代)など、桜の咲く頃は「花冷え」と言われ、春先とはいえ意外に冷え込むことから、防寒着や防寒グッズの携行が必須となっていることがうかがえます。

 

【調査概要】

調査対象 全国の20歳以上の男女4,002人(有効回答数 男性1,932人、女性2,070人)
調査方法 インターネット
調査期間 2011年2月23日(水) 〜 3月1日(火)

【本調査に関するお問い合わせ先】

アサヒビール株式会社 お客様生活文化研究所 TEL:03-3498-1810
(お客様生活文化研究所のサイト「青山ハッピー研究所」  http://www.hapiken.jp

  • バックナンバー
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年
  • 2005年
  • 2004年
  • 2003年
  • 2002年
  • 2001年
  • 2000年
  • 1999年

グループ企業のニュースリリース


ページトップ

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。