ニュースリリース

アサヒビール株式会社のニュースリリース

ニュースリリース2011年

2011年02月18日
アサヒビール株式会社

世界で最も歴史のある英国の国際ビール品評会
“ブルーイング・インダストリー・インターナショナル・アワーズ2011”
『アサヒ スーパードライ』が金賞受賞
〜世界各国のビール醸造のプロが味わいと品質を評価〜
〜日本の大手ビールメーカーでは唯一の受賞〜

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 泉谷直木)が英国においてシェパード・ニーム社(本社 英国・ケント州ファーヴァシャム)を通じて製造・販売する『アサヒ スーパードライ』が、英国で開催された「ブルーイング・インダストリー・インターナショナル・アワーズ2011」(以下、BIIA)の“樽詰ラガー部門”クラス2(アルコール度数4.8〜6.9%)で同クラスの最高賞となる金賞を受賞しました。
 BIIAの全部門・クラスにおいても金賞受賞は、日本の大手ビールメーカーでは唯一の受賞となります。

■「ブルーイング・インダストリー・インターナショナル・アワーズ」(BIIA)とは
 通称「『オスカー(アカデミー賞)』ビール審査会」と呼ばれ、英国で数年に一度開催されている世界で最も歴史のある国際ビール品評会です。本年は125周年記念大会が英国中部の都市であるバートン・オン・トレントにおいて2月9日から2月11日に開催されました。
 “樽詰ラガー部門”のほか、“樽詰エール部門”“少量容器ラガー部門”“少量容器エール部門”など9つの部門があり、それぞれアルコール度数などにより32のクラスに分けられ、クラスごとに金・銀・銅の各賞が与えられます。
 審査は、世界各国のビールメーカー・醸造所の醸造部門の責任者や品質管理マネージャーなどにより構成される30名の審査員によって、銘柄を提示しないブラインドテイスティングで行われ、味わい、品質などを総合的に評価し協議のうえ賞が与えられます。
 4月12日に開催される表彰式では、金賞受賞銘柄の中から各部門の最高賞である“チャンピオンビール”が発表となる予定です。
 本年は、9部門32クラス計で世界42ヵ国から796銘柄のビールが出品されました。『アサヒ スーパードライ』は“樽詰ラガー部門”のクラス2において金賞を受賞しました。

■英国における『スーパードライ』の状況について

  • 1995年に『スーパードライ』の輸出を開始しました。当時の販売実績は約1万箱(大びん633ml×20本換算、以下同)でした。

  • 現在はシェパード・ニーム社を通じて製造・販売しています。
  • 2000年1月からヨーロッパ市場向けにスタロップラーメン社(本社 チェコ・プラハ)にて『スーパードライ』の現地生産を開始しました。

  • 2005年9月には、英国内での販売が好調であることを受け、シェパード・ニーム社での現地生産を開始しました。2007年1月からは同社との契約をライセンス契約に切り替え、製造から販売・マーケティングを一貫して同社が行うことで業務用市場を中心に『スーパードライ』の売上拡大およびブランド価値の向上に取り組んでいます。
  • 2010年の英国における『スーパードライ』の販売実績は前年比2割増の約40万箱、同社と提携前の2004年の16万箱と比較すると約2.5倍に拡大しています。
  • 同社との提携により業務用の樽詰ビールの取扱店は2004年の約10店から2010年の約600店と60倍に拡大しています。樽詰ビールの取り扱いは、ターゲットのヤングエグゼクティブ層(若年富裕層)に合わせスタイリッシュなバー業態を中心に、プレミアムビールブランドとしての認知が高まっており、現地のレストランやバーにおいても大幅な取扱店数の増加につながっています。
  • また、飲食店での取り扱いは、ロンドンのみでなくリバプールやマンチェスターといった周辺都市にまで拡大しています。

  • バックナンバー
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年
  • 2005年
  • 2004年
  • 2003年
  • 2002年
  • 2001年
  • 2000年
  • 1999年

グループ企業のニュースリリース


ページトップ

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。