ニュースリリース

アサヒビール株式会社のニュースリリース

ニュースリリース2010年

2010年10月19日
アサヒビール株式会社

アサヒスーパードライ
『JR博多シティ 2011年春誕生』
新発売のお知らせ

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 泉谷直木)は「アサヒスーパードライ『JR博多シティ 2011年春誕生』」(缶350ml)を、九州地区において11月24日(水)より新発売します。

 JR博多駅は、2011年3月の九州新幹線全線開通に合わせて『JR博多シティ』として生まれ変わります。『JR博多シティ』は、九州初出店の百貨店「博多阪急」、東急ハンズをはじめ200店舗を越える専門店ゾーン「アミュプラザ博多」、日本最大級のレストランゾーン、そして屋上庭園、イベントホールや会議室といった文化施設までを備えた九州の新たなランドマークとして高い注目を集めています。
※「JR博多シティ 開発プロジェクト」ホームページによる。

 アサヒビールは、地域共生型営業活動の一環として、本商品の発売を通じ2011年3月に開業する『JR博多シティ』を応援するとともに、九州新幹線全線開通を迎える九州地区の観光を盛り上げていきます。

 パッケージには、アサヒビールのロゴマークの下に“JR博多シティ 2011年春誕生”の文字を記すとともに、『JR博多シティ』の外観イメージと、“博”の文字を象徴的にデザインしたシンボルマークを描いています。
 また、本商品はJR博多駅よりJR鹿児島本線で1駅の竹下駅から徒歩約3分のところにあるアサヒビール博多工場で製造します。

 アサヒビールは、2003年に『九州新幹線開業記念 風は南から』(中びん500ml・缶350ml)を、2007年には『JR九州20周年記念ラベル』を主力商品である「スーパードライ」で発売しており、九州地区の観光を応援してきました。
 今回発売する「アサヒスーパードライ『JR博多シティ 2011年春誕生』」についても、本商品が話題となり、地元の皆様のみならず、九州を訪れる多くの人々に親しまれ、観光の盛り上げに貢献できることを期待しています。

商品概要

商品名 アサヒスーパードライ
『JR博多シティ 2011年春誕生』
容量 缶350ml
販売数量 6,000箱(24本/箱)
製造工場 博多工場(福岡県福岡市博多区)
発売期間 2010年11月24日(水)〜 2011年 2月末までの予定
発売地域 九州地区

【本件に関するお問い合わせ先】

アサヒビール株式会社 九州統括本部 営業企画部       電話:092-725-5816

  • バックナンバー
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年
  • 2005年
  • 2004年
  • 2003年
  • 2002年
  • 2001年
  • 2000年
  • 1999年

グループ企業のニュースリリース


ページトップ

すべては、お客様の「うまい」のために

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。