ニュースリリース

アサヒビール株式会社のニュースリリース

ニュースリリース2010年

2010年09月29日
アサヒビール株式会社

好調な国産ウイスキー市場を牽引する
『ブラックニッカクリアブレンド』の年間販売目標を
当初計画の157万箱から200万箱に上方修正!
〜缶入りハイボール「ブラックニッカ クリアハイボール」の発売や、飲食店での「樽詰めハイボール」
の展開によって、『ブラックニッカクリアブレンド』のさらなるブランド力向上を目指します〜

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 泉谷直木)は、ウイスキーの主力ブランドである『ブラックニッカクリアブレンド』の年間販売目標を、年初計画の157万箱から200万箱に上方修正します。(1箱は700ml×12本換算、以下同じ)

 『ブラックニッカクリアブレンド』は、1997年にウイスキー独特の風味であるピート香をあえてつけない“クセのない飲みやすいウイスキー”として開発され、発売以来13年間に渡ってウイスキーユーザーの裾野を広げてきた商品です。日常的に気軽に飲める、飽きのこない味わいのウイスキーとしてご好評いただいており、2007年より3年連続でプラス成長となっています。
 年初に計画した年間販売目標は157万箱(前年比108%)としていましたが、大変好調に推移していることより、200万箱(前年比137%)に上方修正しました。

 また、『ブラックニッカクリアブレンド』ブランドのさらなるブランド力の向上を目指し、本年より、缶入りハイボール「ブラックニッカ クリアハイボール」や、樽詰めハイボール「ブラックニッカクリアブレンド樽詰めハイボール(10L樽入り)」を展開しています。飲食店では「ブラックニッカクリアブレンド」をベースにしたハイボールを“クリアハイボール”と名付け、メニュー名やPOPで訴求しています。

 今後も “肩肘はらずに気軽に楽しめるウイスキー”として、家庭用、業務用ともに積極的に拡販を進め、『ブラックニッカクリアブレンド』ならではの価値を訴求します。


高解像度画像


高解像度画像


■「ブラックニッカ クリアハイボール」について

『ブラックニッカクリアブレンド』をベースにソーダで割ってレモン果汁を加えた 缶入りハイボールです。

本年5月11日(火)よりコンビニエンスストア業態で先行発売し、7月13日(火)から販売チャネルを拡大しました。10月5日(火)から現在発売している缶350mlに加え、缶500mlを発売します。

発売からの累計販売数量は8月末までで30万箱となり好調に推移しています。ラインアップ拡充にあわせて、販売目標を当初計画の42万箱の1.6倍となる67万箱に上方修正しました。


■「ブラックニッカクリアブレンド樽詰めハイボール(10L樽入り)」について

飲食店向けの10L樽入りのウイスキーハイボールです。

『ブラックニッカクリアブレンド』をベースに爽快なソーダで割ったアルコール分9%のウイスキーハイボールです。

本年6月末より東京都でテスト販売を開始し、8月より販売エリアを首都圏に拡大しました。8月末での取り扱い店数が150店舗となり、10月12日(火)から全国展開を開始します。


【商品概要】

商品名 ブラックニッカクリアブレンド
商品特長 ウイスキーそのものの味わいを感じながらも、ノンピートモルトを使用していることによるクセのないサラッとした飲み心地で、やわらかな香りとまろやかな味わいが特長です。
発売品種

瓶:180ml・300ml・700ml・1,920ml
ペットボトル:1.8L・2.7L・4L

紙パック:1.8L
品目 ウイスキー
価格 オープン価格
発売地域 全国
年間販売目標 200万箱(1箱は700ml×12本で換算)に上方修正しました。
*「ブラックニッカ クリアハイボール」「ブラックニッカクリアブレンド樽詰めハイボール(10L樽入り)」は200万箱に含んでいません。
  • バックナンバー
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年
  • 2005年
  • 2004年
  • 2003年
  • 2002年
  • 2001年
  • 2000年
  • 1999年

グループ企業のニュースリリース


ページトップ

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。