*Firefox最新版をご利用のお客様へ* ページの背景画像が正しく表示されない場合、こちらをクリックお願いします。

 

ニュースリリース

アサヒビール株式会社のニュースリリース

ニュースリリース2010年

2010年08月23日
アサヒビール株式会社

世界初!※1アルコール分0.00%でカロリーゼロ※2のビールテイスト清涼飲料
『アサヒ ダブルゼロ』販売目標変更のお知らせ
ご好評につき、年間販売目標を80万箱から120万箱に上方修正
〜お盆の帰省や行楽での需要増により、発売約2週間での販売数量が30万箱を突破!〜
※1 ビールテイスト清涼飲料カテゴリーにおける当社調べ  ※2 栄養表示基準による

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 泉谷直木)は、本年8月3日に新発売したビールテイスト清涼飲料の新商品「アサヒ ダブルゼロ」の12月末までの年間販売目標を、当初計画の80万箱から、5割増となる120万箱に上方修正します。 (箱数は大びん換算、以下同じ)

 『アサヒ ダブルゼロ』は「アルコール分0.00%」に加え、「カロリーゼロ」という特長を併せ持った、ノンアルコールのビールテイスト清涼飲料です。「アルコール分0.00%」で「カロリーゼロ」のビールテイスト清涼飲料の発売は、“世界初”となります。
 『アサヒ ダブルゼロ』は、酵母を使用していないため、通常のビール類の製造工程に含まれる発酵の工程を経ないので、アルコールが全く生成されません。また、麦汁を使用せず、「麦芽エキス」を使用することで、おいしいカロリーゼロを実現しました。
 機能性のみならず、味わいも向上させるため、アサヒビール(株)がこれまでビール類の製造で培ってきたビールフレーバーの分析技術と、2009年9月に発売したアルコール分0.00%のビールテイスト清涼飲料『アサヒ ポイントゼロ』の製造技術を生かし、「アルコール分0.00%」「カロリーゼロ」でありながら、満足できる飲みごたえと爽快な後味に仕上げています。

 『アサヒ ダブルゼロ』は、本年8月3日の新発売以降、「アルコール分0.00%」で「カロリーゼロ」というコンセプトがお客様のご支持をいただき、お盆期間の行楽や帰省などで需要が高まり、発売後約2週間の8月20日までの累計販売箱数が当初目標である80万箱の3分の1以上となる30万箱を突破しました。
 今後も残暑が厳しいと予想されることや、秋の行楽へ向けて需要増が見込まれることなどから、年間販売目標を当初の80万箱から、5割増の120万箱へと上方修正することといたしました。

 ビールテイスト清涼飲料市場は、アルコール0.00%商品を中心に伸長を続けております。 アサヒビール(株)でも、昨年9月に発売したアルコール0.00%商品の『アサヒ ポイントゼロ』がご好評を頂戴し、2009年のビールテイスト清涼飲料は、年間販売箱数67万箱(前年比142.5%)となりました。また、本年1〜7月累計でも前年比179.1%と約8割増の推移となっています。
 アサヒビール(株)では、今般の『アサヒ ダブルゼロ』の販売目標の上方修正に伴い、ビールテイスト清涼飲料トータルの販売目標についても、年間120万箱から、160万箱(前年比238.8%)へと上方修正し、成長する市場において、さらなる存在感のアップを図ってまいります。

【商品概要】

商品名 アサヒ ダブルゼロ
原材料 麦芽エキス、食物繊維、香料、酸味料、カラメル色素、苦味料、甘味料   (アセスルファムK)
商品特長 ダブルのゼロ(アルコール分×カロリー)でありながら、満足感のある  飲みごたえとすっきり爽やかな後味を実現しました。
発売品種 缶350ml、スタイニーびん334ml
品目 炭酸飲料
価格 オープン価格
発売日 2010年8月3日(火)
製造工場 福島工場
発売地域 全国
販売目標 年内120万箱(1箱は大瓶633ml×20本で換算)
  • バックナンバー
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年
  • 2005年
  • 2004年
  • 2003年
  • 2002年
  • 2001年
  • 2000年
  • 1999年

グループ企業のニュースリリース


ページトップ

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。