ニュースリリース

アサヒビール株式会社のニュースリリース

ニュースリリース2010年

2010年06月03日
アサヒビール芸術文化財団

「すみだ川アートプロジェクト2010」 第1弾

「遠藤一郎:隅田川いまみらい郷土資料館」開催

隅田川の河口から源流までの約173kmを知りつくすアートプロジェクト

 財団法人アサヒビール芸術文化財団(所在地 東京都墨田区、理事長 荻田伍)は、6月26日(土)から7月25日(日)まで、アサヒビール本社ビル1階ロビー、および墨田区役所内「すみだリバーサイドホール・ギャラリー」において、「すみだ川アートプロジェクト」の一環として、展覧会「遠藤一郎:隅田川いまみらい郷土資料館」を開催します。

 「すみだ川アートプロジェクト」は、重要な地域資源である“隅田川”に注目し、多くのアーティストや市民との協働により、隅田川の再生を視野に入れた80年間という長期的かつ継続的な取り組みをしていくもので、昨年より始動しました。

 「遠藤一郎:隅田川いまみらい郷土資料館」は、「未来美術家」を自称する遠藤一郎氏が隅田川河口から源流の甲武信ヶ岳までの約173kmを調査して得たもの、知ったことを展示する展覧会です。遠藤一郎氏が仲間とともに「いまみらい調査隊」を結成、隅田川の上流から下流まで同氏が車上生活をする愛車「未来へ号」で移動して採取した植物やゴミのほか、水の清濁の調査結果をあぶり出しの手法で表現した絵、隅田川の水で紙をすき地域の方々に夢を書いていただいた連凧などを展示します。さらに、隅田川流域で暮らす人々に川での思い出や地域独自の祭りなどに関するインタビューをおこない、それらを映像作品としてご覧いただきます。これらの展示物を通じて、隅田川沿いに暮らしてきた人々の現在を知り、ともに隅田川の未来を考えるプロジェクトです。

 本展覧会は、6月19日(土)から9月12日(日)まで、全国各地で開催される「アサヒ・アート・フェスティバル2010」(主催 アサヒ・アート・フェスティバル実行委員会、実行委員長 守谷慎一郎)の参加プログラムです。「アサヒ・アート・フェスティバル」は、市民の主体的な参加でつくるアート・フェスティバルという趣旨のもと、アサヒビールと全国のアートNPOや市民グループが協働して2002年に立ち上げたアートの祭典で、本年で9回目を迎えます。

【展覧会概要】

展覧会名 すみだ川アートプロジェクト「遠藤一郎:隅田川いまみらい郷土資料館」
会期 2010年6月26日(土)〜 7月25日(日) ※会期中無休
開館時間 10:00 〜 19:00
会場 アサヒビール本社ビル1階ロビー
(東京都墨田区吾妻橋1-23-1)
すみだリバーサイドホール・ギャラリー
(東京都墨田区吾妻橋1-23-20 墨田区役所1階 電話:03-5608-6430)
観覧料 無料
主催 財団法人アサヒビール芸術文化財団、すみだ川アートプロジェクト実行委員会
共催 墨田区
アサヒ・アート・フェスティバル実行委員会
企画協力 社団法人企業メセナ協議会
協力 カネダ株式会社、東京都観光汽船株式会社

【プレス内覧会・レセプションのご案内】

日時 2010年6月25日(金)
17:00〜「遠藤一郎:隅田川いまみらい郷土資料館」プレス内覧会
※遠藤一郎による解説があります。
17:30〜 レセプション
会場 すみだリバーサイドホール・ギャラリー

■遠藤一郎:隅田川いまみらい郷土資料館」ご参考資料はこちらから

【本件に関するお客様からのお問い合わせ先】

財団法人アサヒビール芸術文化財団   電話:03-5608-5202

  • バックナンバー
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年
  • 2005年
  • 2004年
  • 2003年
  • 2002年
  • 2001年
  • 2000年
  • 1999年

グループ企業のニュースリリース


ページトップ

すべては、お客様の「うまい」のために

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。