*Firefox最新版をご利用のお客様へ* ページの背景画像が正しく表示されない場合、こちらをクリックお願いします。

 

ニュースリリース

アサヒビール株式会社のニュースリリース

ニュースリリース2010年

2010年01月20日
アサヒビール株式会社

アサヒスーパードライ『開府400年 名古屋城 本丸御殿』ラベルリニューアル
〜アサヒビールは、名古屋開府400年祭を応援しています〜

  アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 荻田伍)は、アサヒスーパードライ『開府400年 名古屋城 本丸御殿』(大びん633ml・中びん500ml)のラベルを1月製造分よりリニューアルします。

 2010年、開府400年を迎えた名古屋市は、年間を通じて「名古屋開府400年祭」を展開していきます。これは、開府400年という記念の年に、次なる100年に向けた新しいビジョンを描き、新たな飛躍へとつなげていく事業です。

 アサヒビール(株) では地域密着型の営業活動の一環として、アサヒスーパードライ『開府400年 名古屋城 本丸御殿』を2007年から発売しています。本年1月からは、本丸御殿の復元イメージはそのままに、開府400年祭のロゴマークである「落款印」を新たにデザインしました。またアサヒロゴの下には、開府400年祭の基本コンセプトである「夢、つなごう。」の文字と「2010年名古屋開府400年祭」を明確に記載しました。
 この落款印は、名古屋開府400年と、江戸時代には尾張徳川家の印として使われた市章の「丸八」とを合わせた、今回の記念事業を象徴するものです。

 本商品の発売によって、名古屋開府400年祭を広くアピールするとともに、売上1本あたり1円で算出した金額を本丸御殿積立基金に寄付することで、本丸御殿復元プロジェクトの成功を応援しています。

 アサヒビール(株)は、今回発売するアサヒスーパードライ『開府400年 名古屋城 本丸御殿』が、地元の皆様はもとより、名古屋を訪れる多くの観光客の方々の間で大きな話題となることを期待しています。

【商品概要】

商品名 アサヒスーパードライ『開府400年 名古屋城 本丸御殿』
容器・容量 大びん633ml 中びん500ml
年間販売
予定数量
88,000箱
(1,760,000本)
230,000箱
(4,600,000本)
製造工場 名古屋工場(愛知県名古屋市)
販売地域 愛知県・三重県・岐阜県

【本件に関するマスコミからのお問い合わせ先】

アサヒビール株式会社 中部統括本部 営業企画部     電話:052-583-3106

  • バックナンバー
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年
  • 2005年
  • 2004年
  • 2003年
  • 2002年
  • 2001年
  • 2000年
  • 1999年

グループ企業のニュースリリース


ページトップ

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。