• はい
  • いいえ

 

(ここから本文です。)

ニュースリリース

 

ニュースリリース2009年

2009年12月08日
アサヒビール株式会社

2010年度『第6回未成年者飲酒予防基金』助成先を公募

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 荻田伍)は、『未成年者飲酒予防基金』の2010年度第6回助成先を2009年12月11日(金)から2010年2月5日(金)までの期間で公募します。

 『未成年者飲酒予防基金』は、アサヒビール(株)がアルコール飲料を製造・販売する企業として、適正飲酒を啓発するという社会的責任(CSR)の観点から2005年3月に設立し、主として未成年者の飲酒予防のための社会活動または研究を主宰・実施している団体、個人を対象に、毎年1,000万円を総枠として助成しているものです。

 『未成年者飲酒予防基金』の助成先は、有識者・当社役員等で構成された審査委員会による厳正な審査により、独創性が高く、研究や活動の成果が社会的に影響を及ぼすことができる団体、個人を選考・決定することとしています。昨年は、未成年者飲酒予防の大切さを演劇によって訴える啓発活動を行っている団体や飲酒防止のためのメディアリテラシー教育を行っている研究者など計8団体に助成しました。本年度も昨年度同様、社会活動部門、研究部門の2部門に分けて公募します。

 アサヒビールグループでは、企業の社会的責任(CSR)を果たすため、さまざまな取り組みを行い、グループ全体の社会的信頼の向上に努めています。その中でも適正飲酒の啓発活動をCSR活動の優先取り組み項目として位置付けています。『未成年者飲酒予防基金』による助成をはじめとして、今後も酒文化の健全な発展と適正飲酒を推進する活動に積極的に取り組むことにより、人々の健康で豊かな社会の実現に努力していきます。

【『未成年者飲酒予防基金』概要】

名称 2010年度『第6回未成年者飲酒予防基金』
応募対象
主として未成年者の飲酒予防のための社会活動または研究を主宰・実施している団体、個人。但し、酒類製造者、酒類販売者、酒類製造者団体、酒類販売者団体等、酒類業に直接携わっている団体、個人は除きます。
現在実施している、あるいは今後実施を予定している社会活動または研究。 具体例としては、
若者の飲酒を考えるフォーラム
未成年者飲酒の予防セミナー
未成年者の飲酒が身体に及ぼす影響に関する研究  など
助成金額の総枠 総額1,000万円(支援件数は10〜20件、一件の上限は100万円)
募集期間 2009年12月11日(金)〜2010年2月5日(金)(期限厳守)
締切日は募集エントリー登録(下記の当社ホームページURLより)および「応募申請書」(郵送でのみお受けいたします)の提出期限となります(当日消印有効)。
選考方法 社外有識者及び当社役員等で構成する審査委員会で厳正に審査を行った上、採否と金額を決定致します。
応募方法
1. 募集エントリーに登録してください。
http://www.asahibeer.co.jp/csr/user/user_25.html より
「募集エントリー」に登録してください。
※募集エントリーフォームには「個人用」と「団体用」があります。
2. エントリー登録を受けて、事務局から「基金申請書」を添付した確認メールを自動返信します。
3. 「基金申請書」所定用紙枠内に簡潔に記入し、募集期間内に下記事務局宛に必ず郵送にてご送付ください。Eメールでの送付はお受けいたしません。
4. エントリーフォームと「基金申請書」の記載内容に差異のあるものは受け付けすることができません。
選考結果発表 2010年4月2日(金)までに応募者全員に通知いたします。
本応募の事務局・ 問い合わせ先 〒130-8602 東京都墨田区吾妻橋1-23-1
アサヒビール株式会社 社会環境推進部内
未成年者飲酒予防基金」事務局
TEL:03-5608-5195 FAX:03-5608-5201
(土・日・祝日を除く9:00〜17:30)

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。