• はい
  • いいえ

 

(ここから本文です。)

ニュースリリース

 

ニュースリリース2009年

2009年11月26日
アサヒビール株式会社

「アサヒ オリオンいちばん桜」発売
〜満開の緋寒桜(ひかんざくら)をデザインした沖縄の春を感じる麦芽100%ビール〜

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 荻田伍)は、オリオンビール株式会社(本社 沖縄県浦添市、社長 嘉手苅義男)の製造する「アサヒ オリオンいちばん桜」(缶350ml)を、2009年12月29日(火)より沖縄県、および鹿児島県奄美群島を除く全国のコンビニエンスストアの酒類取扱店において、期間限定で発売します。
 オリオンビール(株)が沖縄県で毎年発売している「オリオンいちばん桜」を、アサヒビール(株)が「アサヒ オリオンいちばん桜」として、2009年1月に引き続き発売します。

 沖縄県では、お正月を過ぎると緋寒桜の鮮やかなピンクの花々が次々と色づき始め、日本国内では一足早い春の訪れを告げます。緋寒桜は、まだ寒い早春に緋色または濃い桃色の小さな花を枝一杯に咲かせる桜で、日本の春を代表する桜ともいえるソメイヨシノよりも早い時期に開花します。
 「アサヒ オリオンいちばん桜」はこの華やかな季節にふさわしい、贅沢な味わいと華やかな香りが特長の麦芽100%ビールです。

 パッケージは、満開の緋寒桜を缶の中央に大きく描き、華やかな沖縄の春が感じられるデザインとなっています。
 味わいは、麦芽100%の豊かなコクに加え、厳選アロマホップ「ヘルスブルッカー」※を採用し、さわやかな香りに磨きをかけました。
※「ヘルスブルッカー」とは、ドイツ産のアロマホップで、さわやかなバランスのよい香りが特長です。

 アサヒビール(株)とオリオンビール(株)は2002年8月に包括的業務提携の合意をし、同年11月よりアサヒビール(株)が沖縄県以外で「アサヒ オリオンドラフト」の販売を開始しました。また、2003年5月からはオリオンビール(株)名護工場で、「アサヒ スーパードライ」をはじめとするアサヒビール製品のライセンス生産を開始しています。

 アサヒビール(株)は、「アサヒ オリオンいちばん桜」の発売を通じ、一足早い春の訪れをお届けするとともに、この季節だけの贅沢な味わいをお楽しみいただけるよう期待しています。

【商品概要】

商品名 アサヒ オリオンいちばん桜
容器・容量 缶350ml
販売予定数量 約40,000箱(1箱は大びん633ml×20本で換算)
発売期間 2009年12月29日(火)〜2010年1月中旬
販売地域 沖縄県、および鹿児島県奄美群島を除く全国
※沖縄県、および鹿児島県奄美群島地域では、オリオンビール(株)が「オリオンいちばん桜」として2009年12月1日(火)に発売予定。

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。