• はい
  • いいえ

 

(ここから本文です。)

ニュースリリース

 

ニュースリリース2009年

2009年10月08日
アサヒビール株式会社

「クリアアサヒ」、「アサヒ麦搾り」、「アサヒオフ」販売好調!
アサヒ新ジャンル史上最大!!※
『総額3億円大還元キャンペーン』実施
合計10万名様に3,000円分の三井住友VISAギフトカードをプレゼント

※当社新ジャンル商品のみを対象にしたプレゼントキャンペーンにおいて

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 荻田伍)は、販売好調なアサヒ新ジャンル「クリアアサヒ」、「アサヒ麦搾り」、「アサヒオフ」へのお客様のご愛飲に感謝して、合計10万名様に3,000円分の三井住友VISAギフトカードが当たるアサヒ新ジャンル史上最大規模のキャンペーン『総額3億円大還元キャンペーン』を実施します。

 本キャンペーンは、10月下旬から12月上旬(予定)にかけて発売する、キャンペーンパック、キャンペーンカートン(缶350ml、缶500ml)が対象となります。
 ご購入いただいた対象商品の6缶パック(キャンペーンパック)裏面に「当たり」マーク付きの専用応募ハガキが印刷されているか、缶24本入り(キャンペーンカートン)のピックアップゲートの裏面に「当たり」マークが印刷されていれば当選となり、ご当選されたお客様 合計10万名様に三井住友VISAギフトカード(3,000円分)をプレゼントします。

※応募方法などの詳細は次頁のキャンペーン概要をご参照ください。

<アサヒ新ジャンル好調!>
■「クリアアサヒ」10億本突破(缶350ml換算)
 “うまみだけ。雑味なし。”の新しい味覚領域をご提案した「クリアアサヒ」は、おかげさまで多くのお客様にご愛飲いただき、9月24日の当社出荷をもって発売以来の累計販売本数で10億本(缶350ml換算)を突破しました。本年1-9月の累計販売箱数は、1,411万箱に達し、前年比148.0%と好調に推移しています。

■「アサヒオフ」年間販売目標を上方修正
 2月24日に発売した「アサヒオフ」は、“プリン体オフ”“糖質オフ”といった新しい価値を新ジャンル市場にご提案するもので、7月には本年の販売目標を当初目標の700万箱から800万箱に上方修正しました。

■「アサヒ麦搾り」年内販売目標の3割を1ヵ月で突破
 9月15日に発売した「アサヒ麦搾り」は、豊かな麦のうまみと飲みごたえでご好評いただいており、9月月間の販売箱数は100万箱を越え、年間販売目標である310万箱の達成にむけて順調に推移しています。

 新ジャンルは、本年1月から8月までの出荷数量において前年比121.1%と成長し続けています。アサヒビール(株)は、「クリアアサヒ」や「アサヒオフ」、「アサヒ麦搾り」の販売を通じて、伸長する新ジャンル市場において多様化するお客様の期待にお応えしていきます。

【アサヒ新ジャンル史上最大『総額3億円大還元キャンペーン』概要】

発売品種 クリアアサヒ/アサヒ麦搾り/アサヒオフ缶500ml
(24缶キャンペーンカートン)
クリアアサヒ/アサヒ麦搾り/アサヒオフ缶350ml
(24缶キャンペーンカートン)
クリアアサヒ/アサヒ麦搾り/アサヒオフ缶500ml 6缶パック×4
(6缶キャンペーンパック)
クリアアサヒ/アサヒ麦搾り/アサヒオフ缶350ml 6缶パック×4
(6缶キャンペーンパック)
展開期間 2009年10月下旬製造〜12月上旬製造商品をすべてキャンペーン対象品に切り替え
概要 100,000名様に三井住友VISAギフトカードをプレゼント
【6缶パック】
6缶パックの中面に「当たり」が印刷された専用ハガキに必要事項を記載の上、切手を貼ってご応募いただきます。
【24缶キャンペーンカートン】
ピックアップゲートの裏面に印刷された「当たり」マークを切り取り、市販のハガキに貼付、もしくは封筒に入れ、必要事項を記載の上、ご応募いただきます。
応募先 〒119-0297 郵便事業(株)新東京支店
アサヒ新ジャンル史上最大『総額3億円大還元キャンペーン』係
当選賞品
および当選本数
100,000名様に三井住友VISAギフトカードをプレゼント
応募期間 2009年11月2日(月)〜2010年2月1日(月)当日消印有効
賞品発送 2009年11月上旬頃より、ご応募があった方から随時、賞品を発送します。
応募資格 満20歳以上(未成年者不可)で、日本国内在住の方
販売地域 全国
お問い合わせ先 アサヒ新ジャンル史上最大『総額3億円大還元キャンペーン』事務局
フリーダイヤル:0120-806-123
※つながらない時は03-5679-7354
※お問い合わせ先の電話番号は、キャンペーン専用ダイヤルとなっておりますので、2009年10月下旬頃より開設させていただく予定です。

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。