• はい
  • いいえ

 

(ここから本文です。)

ニュースリリース

 

ニュースリリース2009年

2009年09月24日
財団法人アサヒビール学術振興財団

財団法人アサヒビール学術振興財団 2010年度学術研究助成募集のお知らせ
〜食にかかわる生活科学・生活文化及び生活環境に関する研究活動を支援〜

 財団法人アサヒビール学術振興財団(所在地 東京都墨田区、理事長 岩上 伸)は、10月1日(木)から11月5日(木)までの期間において、2010年度の学術研究の助成対象を募集します。

 今回、助成対象とする研究活動は、2010年4月から2011年3月までに実施されるものとし、日本国内の大学・研究所等に所属する研究者または学識があると認められる個人及びグループの、主として食に関わる「生活科学」「生活文化」及び、生活に身近な「地球環境科学」「サスティナブル社会・経済学」の4部門に関する研究活動を対象に行います。
 2010年度の助成は、1件当たり50〜100万円を基準とし、総額で1,500万円を予定しています。助成先は選考の上、2010年3月末までに決定する予定です。

 財団法人アサヒビール学術振興財団では、従来より主として食に関わる「生活科学」「生活文化」そして「地球環境科学」に関する研究助成を実施してきましたが、2006年度より新たに「サスティナブル社会・経済学部門」を加え、幅広く研究助成を募集しています。
 2009年度の助成は22件で、助成総額は1,590万円でした。1985年度から2009年度までの累計助成件数は、延べ420件、助成総額は3億2,664万円となっています。

【アサヒビール学術振興財団 概要】

名称 財団法人アサヒビール学術振興財団
理事長 岩上 伸
所在地 東京都墨田区吾妻橋1-23-1
設立 1984年11月16日
目的 食にかかわる生活科学、生活文化及び生活環境に関する研究助成、ならびに研究発表会・シンポジュームなどの開催やその助成
基本財産 5億円

【2010年度 助成募集要項】

助成対象 日本の大学・研究所等に所属する研究者、または学識があると認められる個人・グループで、主として食にかかわる「生活科学」「生活文化」及び、「地球環境科学」「サスティナブル社会・経済学」に関する研究を計画し、完成後に優れた効果が期待できるもの。
支給額 1件当たり50万〜100万円を支給の基準としますが、研究の規模、内容、期間等を勘案して決定します。
応募方法 当財団ホームページの「助成エントリー」の指示に従って登録してください。
エントリー後、申請書が送られてきますので郵送にてご提出ください。
募集期間 2009年10月1日(木)〜 11月5日(木) 当日消印有効
申請書は郵送のみ(持ち込みは不可)
発表・通知 2010年3月末までに応募者全員に採否を通知します。
選考方法 各分野の学識経験者、専門家による当財団の選考委員会で厳正に審査し、採否と助成金額を理事会に答申して決定します。
その他 (1)助成を受けた研究内容・成果は、2011年10月頃に当財団の選考委員等の出席を得て開催する研究発表会で報告していただくと共に、400字詰原稿用紙7枚程度(図表を含めず)に取りまとめていただき、当財団が発行する「研究紀要」に掲載させていただきます(当財団ホームページにも掲載させていただきます)。
(2)助成を受けた研究を論文等で他に発表する時は、当財団で助成を受けた旨を表記していただきます。
(3)当財団からの助成金と重複して他財団の助成を受けても、差し支えありません。

【申込方法、お問合わせにつきましては、下記までご連絡願います。】

〒130-8602 東京都墨田区吾妻橋1-23-1
財団法人アサヒビール学術振興財団 事務局
TEL:03-5608-5202  FAX:03-5608-5201
※9:00〜17:30(土日祝日を除く)

応募要項ダウンロード先
http://www.asahibeer.co.jp/csr/philanthropy/ab-academic/index.html


すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。