• はい
  • いいえ

 

(ここから本文です。)

ニュースリリース

 

ニュースリリース2009年

2009年04月07日
アサヒビール株式会社

2009年アサヒビール「水源地の森保全活動」について
〜本年も全国9工場で地域共生型環境保全活動の一環として展開〜

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 荻田伍)は、本年も全国9ヶ所にあるビール工場の水源地となる森林において、当社社員及びグループ企業社員による「水源地の森保全活動」を展開します。

 「水源地の森保全活動」は、森や林を健全に成長させ、永続的な水源の保全に向けて植林・下草刈り・枝打ち・間伐などを行うものです。アサヒビールグループでは、ビールをはじめとする飲料や食品を製造・販売する事業を展開することから、特に“水”の保全についての働きかけを、環境への取り組みの中でも大きなテーマの一つとして位置付けています。水源地保全活動は、地域共生型環境保全活動の一環として2004年に四国工場からスタートし、2006年に全ビール9工場での活動に拡大しました。2008年末までに、のべ33回開催されています。毎回、各工場やグループ会社の従業員、その家族らがボランティアとして活動に参加し、地域のNPOや森林組合、行政、国土緑化推進機構などの指導を受けながら活動を実施しています。

 本年最初の「水源地の森保全活動」は、2月28日(土)に、四国工場の社員とその家族が中心となり、四国工場の水源地である石鎚山系の森林保全活動として石鎚山系水源地(愛媛県西条市)にて開催しました。今後は、4月から12月にかけて、各工場で開催していきます。

■『2009年アサヒビールグループ水源地の森保全活動予定一覧』はこちらから


すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。