• はい
  • いいえ

 

(ここから本文です。)

ニュースリリース

 

ニュースリリース2009年

2009年03月09日
アサヒビール株式会社

第109回アサヒビールロビーコンサート
『  Correntezasコヘンテーザス 〜水流〜 』
開催のお知らせ

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 荻田伍)は、4月21日(火)にアサヒビール本部ビル(東京都墨田区吾妻橋)の1階ロビーホールにおいて、第109回アサヒビールロビーコンサート『Correntezasコヘンテーザス〜水流〜』を開催します。このコンサートの入場引換券を150組300名様に発行します(※1)。

 今回のロビーコンサートでは、ポルトガルのリスボンで本場のファド(※2)を習得、その後大西洋の島国カーボ・ヴェルデの民族音楽やブラジル音楽まで音楽活動の幅を広げ、言葉やジャンルを超越した歌で注目を集めている松田美緒氏を中心に、‘すみだ川(水)’をテーマとした音楽の旅をお楽しみいただきます。共演には、松田美緒氏と同じくポルトガル語圏の音楽に強い影響を受けている永見行崇氏、ヤヒロトモヒロ氏、小畑和彦氏をお迎えします。さらに、日本舞踊より寿海氏、セネガル共和国出身のダンサー、アブドゥ・バイファル氏、ママドゥ・ロー氏も加えて、隅田川から海へ、太平洋から大西洋へと‘水’により繋がり広がる世界を表現する、独創的なプログラムをお届けします。

 今回のテーマ‘すみだ川’は、本コンサートの会場となるロビーが隅田川のほとりに位置していることやアサヒビールが‘水’と深く関わる企業であること、また、本年から「すみだ川アートプロジェクト」(※3)を新たに展開する予定であることなどから選んだものです。

 アサヒビール(株)は、企業メセナ活動の一環(※4)として、手作りコンサートを“ロビーコンサート”と称して1990年から定期的に開催しており、本部ビル1階のロビーホールを中心に、全国の工場や営業拠点のある地域で実施しています。今回のロビーコンサートは、全国での開催を併せ、ちょうど200回目にあたります。
 なお、本コンサートは、アートNPOやアートマネージャーを目指す若者たちと協働で立ち上げた実行委員会が運営しています。市民の皆様と一体となってコンサートを主催することで、地域とのつながりをいっそう深め、広がりのあるものとしていきます。

 アサヒビール(株)は、今後もメセナ活動を継続していくことによって、創造性に富んだ豊かな社会文化の構築に役立てていくとともに、一人でも多くの方々にアートとふれあう機会が生まれることを期待しています。

(※1) 本部ビルで開催するロビーコンサートでは、市民パトロネージュ制度を導入している。市民パトロネージュ制度とは、お帰りの時に、お客様のお気持ちに見合った入場料をお支払いいただく仕組み(金額の多寡は問わない。集まった入場料は、出演者の今後の活動をサポートするため、全額出演者へお渡しする)。

(※2) 大航海時代、ポルトガルに連れてこられたアフリカ、ブラジルの黒人たちのリズムとイタリア歌曲がミックスされ19世紀の半ばにリ スボンで、人生の哀切や刹那の喜びを歌にして生まれた音楽。

(※3) 重要な地域資源である「すみだ川」をテーマに、多くのアーティストや市民と協力して、長期的・継続的に行う取り組み。アサヒビー ル創業200周年にあたる“2089年”に、「すみだ川」が‘白魚が棲み、人々が泳ぎ遊べるようになるために、いまから、アートを通じて 考え、実践できることは何だろうか。’ということを契機として始動する予定。

(※4) アサヒビールのメセナ活動は、「未来(=未来文化の創造)」・「市民(=市民と芸術の橋渡し)」・「地域(=地域資源の再生、地域 に根差した独創的な活動)」を基本コンセプトとして、企業資源を活用し、先駆的芸術活動を企画/支援している。

【ロビーコンサート概要/申し込み方法】

名   称 第109回アサヒビールロビーコンサート『Correntezasコヘンテーザス 〜水流〜』
日   程 4月21日(火) 開場18:15、開演18:45、終演20:45(予定)
会   場 アサヒビール本部ビル1Fロビー(東京都墨田区吾妻橋1-23-1)
入 場 料 市民パトロネージュ制[有料制](事前申込、入場引換券要)
※お帰りの時に、お客様のお気持ちに見合った入場料をお支払いいただく仕組み (金額の多寡は問いません。集まった入場料は、出演者の今後の活動をサポートするため、全額出演者へお渡しします。)
出   演 松田美緒(ヴォーカル)、永見行崇(ピアノ、パーカッション)、ヤヒロトモヒロ(パーカッション) 小畑和彦(ギター)、Abdou Bayefall(ダンス、ヴォーカル、パーカッション)、Mamadou Lo(ヴォーカル、パーカッション)、寿海(舞)
プログラム 日本の美しい湧き水をうたう歌、隅田川の下町人情と芸の中心であった昔懐かしい叙情、リ スボンの波止場のドラマ、アフリカの乾いた大地に注ぐ水、そしてアフリカの奴隷とともに大西 洋を渡った女神がすむ海まで、‘水’をテーマとする音楽の旅をお楽しみいただきます。 ‘すみだ川’というテーマから‘海’、そして生命を育む源である‘水’と連想を広げ、まるで大航海時代の冒険者のような意欲的な活躍で注目を集める松田美緒氏を中心におくるコンサートです。
申込方法 アサヒビールホームページ内の受付フォームより。または、往復ハガキに住所、氏名(ふりがな)、年齢、電話番号をご記入の上、下記宛先までお申し込み下さい。4月8日(水)まで受付し(当日消印有効)、150組300名様に入場引換券を発行します。
(応募者多数の場合は抽選/開催1週間前までにe-mailまたはハガキにてご連絡差し上げます)

【ホームページ】http://www.asahibeer.co.jp/csr/soc/activity.html
【往復はがき宛先】〒150-0042
東京都渋谷区宇田川町36-22 ノア渋谷パート2-601 CAN内
アサヒビールロビーコンサート事務局 4月21日係

《個人情報の取り扱いについて》
今回のご応募でいただく個人情報は、本プログラムに関するご連絡、ご案内、受付等のため、使用させていただきます。また個人情報をお客様の同意を得ないでアサヒビールおよびアサヒビールロビーコンサート実行委員会事務局以外の第三者に開示・提供することはありません。
主   催  アサヒビール株式会社
制   作 アサヒビールロビーコンサート実行委員会
企画協力 小沼純一(音楽文化論/批評)
協  力  特定非営利活動法人アートNPOリンク、特定非営利活動法人コミュニティアート・ふなばし、株式会社CAN

【ロビーコンサートに関するお客様からのお問い合わせ先】

アサヒビール株式会社  社会環境推進部  TEL 03-5608-5195



【関連プログラム】

名   称 松田美緒×小沼純一 スペシャルトーク @a-cita cafe (アシタカフェ)
日   時 4月7日(火) open 18:00−close 21:30  ※メインプログラムは19:00-20:00ごろ
会   場 アサヒ・アートスクエア(東京都墨田区吾妻橋1−23−1 アサヒスーパードライホール4階)
ゲ ス ト 松田美緒+小沼純一 ほか
内   容 旅する様々な地域の魂が宿り、言葉やジャンルを超越した歌声、そして大航海時代の冒険者を思わせるかのような意欲的な活躍で、今、多方面から注目される松田美緒氏の魅力に、音楽評論・小沼純一氏との対談で迫ります。美味しいブラジル料理とドリンクを召し上がりながら、ブラジルに伝わる水の神のお話なども、リラックスしてお楽しみいただけるトークプログラムです。
入 場 料 無料 (予約不要/ワンドリンクオーダー制/ブラジルフード販売あり)
主   催 アサヒ・アートスクエア、アサヒビールロビーコンサート実行委員会
共   催 アサヒビール株式会社
ケータリング Que bom!

※その他クレジットはロビーコンサートに同じ


■出演者のご参考資料はこちらから

【関連プログラムに関するお客様からのお問い合わせ先】

アサヒビール株式会社  社会環境推進部  TEL:03-5608-5195
 アサヒ・アートスクエア               TEL:090-9118-5171


すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。