• はい
  • いいえ

 

(ここから本文です。)

ニュースリリース

 

ニュースリリース2009年

2009年01月23日
アサヒビール株式会社

中国における青島啤酒股份有限公司の株式一部取得に関するお知らせ

 中国における青島啤酒股份有限公司の株式一部取得に関するお知らせ 当社は、Anheuser-Busch InBev SA(本社 ベルギー、CEO Carlos Brito、以下、ABI)が保有する青島啤酒股份有限公司(本社 中華人民共和国山東省、董事長 金志国、以下、青島ビール)の株式の一部、約19.99%を取得することにABI と合意し、2009 年1 月23 日に契約調印いたしましたので、お知らせします。

1. 青島ビールの一部株式の取得
 当社は、青島ビールの株式(香港証券取引所上場株式:H 株)261,577,836 株、発行済株式の約19.99%について、2009 年3 月中を目処に取得する予定です。本件取引における取得価額総額は、 6 億6,650 万米ドル*1 (約593 億円*2)となる予定です。

*1 1株当たり19.8 香港ドル (1 香港ドル=0.129 米ドル)(2009 年1 月22 日)
*2 1 米ドル=88.9 円、 1 香港ドル=11.5 円(2009 年1 月22 日)


 なお、ABIが保有する青島ビール株式27%のうち、7%は信託され、青島啤酒集団有限公司がその議決権を行使しておりますが、これらの信託された株式は本件取引の対象となっておりません。アサヒビールとABI間の本合意内容については、中華人民共和国商務部等の監督官庁から適切な許認可・承認が得られることが必要です。

2. 株式取得の理由
 アサヒビールグループは、『食と健康』を事業ドメインとして、アジア地域を中心に事業領域の拡大を図り、お客様にとって魅力ある新たな価値創造を提案し続けるとともに、より一層の安全安心で高品質な商品提供を実現するバリューチェーンの構築を推進しています。こうした活動を実現すべく、既存グループ会社の成長に加え、事業投資による新たな事業基盤とのシナジーを追求し、グループの成長軌道の確立を目指しています。
 グループ事業の柱の一つである中国ビール事業は、1993 年に杭州西湖啤酒朝日有限公司への出資からスタートし、1994 年には北京啤酒朝日有限公司、煙台啤酒朝日有限公司に資本参加しました。更にビール事業を強化するために、1996 年には青島ビールとの提携協議を開始し、1997 年には深圳青島啤酒朝日有限公司の合弁事業を共に立ち上げ、また2002 年には日本での当社による青島ビールの販売も開始しました。
 合弁事業立ち上げ以降、青島ビールとは中国における提携関係の強化について常にトップレベルでの意見交換を実施しながら、お互いの強みを活かし将来的に発展し続けることが可能な事業展開について継続検討をしてきました。その一環として、2008 年11月には煙台啤酒朝日有限公司で資本提携を実現し、山東半島北部地域における強固な基盤を協力して構築するなど、その成果を着々と上げてきています。

以上の背景を踏まえた青島ビールの一部株式取得の意義は以下の通りです。

(1) 中国における戦略的パートナーシップ関係の強化 今回、青島ビールの一部株式を取得することにより、青島ビールとこれまでより更に発展的、長期的な提携関係を築くこととなります。青島ビールが中国ビール市場で長年培ってきたブランド力及び強固な事業基盤と、当社が日本のビール市場で鍛え上げた生産、品質管理、及び商品開発技術等を最大限に活かし、両社の企業価値向上を目指したいと考えています。

(2) 中国におけるアサヒビールブランド発展のための事業基盤の強化
中長期的なアサヒビールブランド発展のためには、プレミアムビール市場のある各地域に競争力をもった生産拠点を確保する必要があります。中国全土に事業拠点を展開し、中国ビール業界のトップ企業である青島ビールとの提携関係を更に強化することにより、その実現を目指したいと考えています。

3. 資金調達
 本件のための資金は、当社が保有する手元資金および外部借入を充当する予定です。

4. 業績への影響
 本件の当期(2009 年12 月期)業績(連結、単体)に与える影響につきましては、見通しが確定次第改めてお知らせいたします。

5. 青島啤酒股份有限公司について
 青島ビールは、1903 年よりドイツのビール醸造技術を採用し、ビール事業を本格展開した中国でも歴史のあるビール会社です。中国国内での販路を拡大するとともに積極的な事業投資を展開し、中国国内で圧倒的な生産量と販売量を保持しています。
 また、当社と青島ビールとは以前より提携関係を持っており、1997 年には、広東省深圳市において合弁企業「深圳青島啤酒朝日有限公司」を設立し、「アサヒスーパードライ」と「青島ビール」を製造しています。「アサヒスーパードライ」は中国国内向けとアジア・オセアニア地区向けに、「青島ビール」は中国国内向けと日本向けの専用商品を出荷しており順調に業績を拡大しています。更に2008 年11 月、当社は中国山東省で展開する当社のビール製造・販売子会社である煙台啤酒朝日有限公司(本社 中国山東省、董事長 山崎史雄)の事業基盤強化と収益性向上を目指し、新たに青島ビールと資本提携を実施することを発表しました。

(参考)最近事業年度における青島ビールの業績動向 (単位:千人民元)
  2006年 12月期 2007年 12月期
売上高 11,677,160 13,529,892
純利益 448,757 578,768

6. Anheuser-Busch InBev SA について
 ABI はベルギー(ルーベン)において上場取引されており、世界をリードするビール醸造企業でありコンシュ ーマー企業としても世界トップ5 の一つです。ABI は200 以上のビール・ブランドを保有しています。ABI はメキ シコのビール醸造会社であるGrupo Modelo の株式を50%取得しており、青島ビールにつきましても今回当社 がその一部を取得することとなった27%株式を保持しています。ABI の歴史は1336 年ベルギーのDen Horen 醸造所にルーツを持ち、ABI の前身であるAnheuser&Co は1860 年に米国セントルイスで創立されました。ABI は世界30 カ国に約120,000 人の従業員が就業しています。更に2008 年11 月、InBev によるAnheuser-Busch の買収完了後、世界最大規模のビール醸造企業となりました。
 一方、ABIと当社の関係は1996 年よりABIが所有するベルギービール「ベルビュークリーク」の輸入販売開 始が起点となります。ABIは、世界的に事業を拡大する一環として、当社が1983 年より国内でライセンス契約 する「レーベンブロイ」を所有するレーベンブロイ社と、1988 年より国内で販売する海外ブランド「バスペールエ ール」を所有する英国のバス社、及び当社が2000 年より欧州向けに「アサヒスーパードライ」の販売拡大を目 指し現地生産を開始したチェコのプラハビール社(現スタロップラーメン社)の経営権を取得しています。こうし たなか当社はABIが所有するブランドの販売を通じて関係を強化しています。さらに、2008 年9 月からABIの 「ヒューガルデン」などのベルギービールの日本国内販売を開始しています。

以上


すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。