*Firefox最新版をご利用のお客様へ* ページの背景画像が正しく表示されない場合、こちらをクリックお願いします。

 

(ここから本文です。)

ニュースリリース

 

ニュースリリース2008年

2008年7月31日
アサヒビール株式会社
カゴメ株式会社

アサヒとカゴメの共同開発
野菜と果実の“紫”のスパークリングカクテル『アサヒ ベジッシュ紫』新発売
〜アサヒ&カゴメ共同開発一周年記念パック(4商品バラエティパック)同時発売〜

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 荻田伍)は、カゴメ株式会社(本社 愛知、社長 喜岡浩二)との共同開発商品として、野菜と果実のスパークリングカクテル『アサヒ ベジッシュ紫』を8月26日(火)に全国で新発売します。

 また、本年9月4日に、アサヒ&カゴメの共同開発商品を発売してから一周年を迎えることを記念して、『アサヒ トマーテ』『アサヒ ベジーテ』『アサヒ ベジッシュ』『アサヒ ベジッシュ紫』の4商品をセットにした4缶バラエティパックを8月26日(火)から全国で発売します。

 アサヒビール(株)とカゴメ(株)は07年2月に業務・資本提携を交わし、互いの強みを活かした商品として、07年9月に“完熟トマトのさらさらカクテル”『アサヒ トマーテ』、08年3月に“野菜と果実のさらさらカクテル”『アサヒ ベジーテ』、08年6月に“野菜と果実のスパークリングカクテル”『アサヒ ベジッシュ』を発売してきました。
 いずれも、これまでになかった付加価値や“野菜使用の低アルコール飲料”という独自の提案を目指した商品です。

 今回発売する『アサヒ ベジッシュ紫』は、スパークリングタイプの“野菜使用の低アルコール飲料”として好評いただいている『アサヒ ベジッシュ』の新フレーバーです。
 『アサヒ ベジッシュ紫』は、紫にんじん、紫いもなど18種類の野菜汁と、カシス、ブルーベリーなど5種類の果汁を使用し、野菜汁と果汁を合計40%含んだ贅沢な味わいに仕上げました。心地よい発泡感と共に、味わい豊かですっきりとした後味のカシステイストのスパークリングカクテルです。発泡性で喉ごしが良く、爽快感のある味わいのため、お風呂上りや食前酒として、また食事中などのシーンでもお楽しみいただけます。

 共同開発商品発売一周年や、8月31日の“野菜の日”、10月10日の“トマトの日”などのイベントにあわせて、Webサイトでの商品サンプリングや、スーパーマーケットなどの店頭で両社共同で売り場づくりを展開していくなど、“野菜使用の低アルコール飲料”をさらに多くのお客様にお楽しみいただく機会を提案していきます。

 アサヒビール(株)とカゴメ(株)は、「食」を通じてお客様の生涯にわたる健康的な生活に貢献するという共通の事業方針のもと、今後も両社の技術を融合させた新たな飲用価値のご提案をおこなうとともに、『アサヒ ベジッシュ紫』の発売により全4アイテムとなった“野菜使用の低アルコール飲料”をさらに拡販していきます。

【『アサヒ ベジッシュ紫』商品概要】

商品名 アサヒ ベジッシュ紫
発売品目 缶350ml
品目 リキュール(発泡性)
アルコール度数 4%
野菜汁・果汁含有量 野菜汁20%・果汁20%
野菜汁・果汁の原材料 野菜汁:にんじん、紫いも、赤じそ、紫キャベツ、赤ピーマン、 キャベツ、なす、アスパラガス、セロリ、はくさい、 だいこん、ケール、レタス、クレソン、ほうれん草、 パセリ、ビート、かぼちゃ
果汁:りんご、レモン、カシス、ラズベリー、ブルーベリー
希望小売価格 187円(消費税抜き)
発売日 2008年8月26日(火)
発売地区 全国
販売目標 50万箱(実箱:350ml×24本)

*希望小売価格は単なる参考価格であり、ご販売店様の自主的な価格設定を拘束するものではありません。


すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。