*Firefox最新版をご利用のお客様へ* ページの背景画像が正しく表示されない場合、こちらをクリックお願いします。

 

(ここから本文です。)

ニュースリリース

 

ニュースリリース2008年

2008年05月07日
アサヒビール株式会社

焼酎・洋酒・ワインのオープン価格制度導入
及び輸入ビール類の価格改定について

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 荻田伍)は、2008年9月1日から焼酎洋酒・ワインのオープン価格制度を導入します。また、同日から輸入ビール類の価格を改定します。

■焼酎・洋酒・ワインのオープン価格制度導入
 当社では、コストオンでの取引および公正取引を推進するために2005年1月からビール類、また、これまでに輸入ワイン・輸入洋酒の一部商品の取引に対して三段階建値制度を廃止し、希望小売価格と希望卸売価格のご案内をやめ、お特約店に対してメーカー出荷価格のみのご案内をしています。
 今回、焼酎・洋酒・ワイン各カテゴリーの全ての商品に対して三段階建値制度を廃止し、オープン価格制度を導入することで、流通各層はコストや利益を反映した適正な価格設定が行い易くなると考えています。

■輸入ビール類の価格改定
 当社は、昨今の原材料価格高騰を企業努力のみで対応するには難しい状況となったことから2008年3月1日より、国内で製造するビール、発泡酒、新ジャンル及びビールテイスト飲料の生産者価格を改定させていただきました。
輸入ビール類につきましても原材料及び燃料・物流コストの高騰により、供給先メーカーからの仕入価格が上昇するため、今回、やむを得ずメーカー出荷価格を改定させていただくこととしました。 

 アサヒビール(株)では、「最高の品質と心のこもった行動を通じて、お客様の満足を追求する」ことを理念に、今後ともより一層経営効率の向上に取り組むことで、高品質な商品を通じてお客様に新たな価値を提供していくことを目指します。


すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。