*Firefox最新版をご利用のお客様へ* ページの背景画像が正しく表示されない場合、こちらをクリックお願いします。

 

(ここから本文です。)

ニュースリリース

 

ニュースリリース2008年

2008年04月04日
特定非営利活動法人日本森林管理協議会(Forsta)
アサヒビール株式会社

Forsta連続講座
『森林の保全とFSC認証制度を学ぶ〜私たちの身の回りのFSC〜』 開催について

 NPO法人日本森林管理協議会(Forsta)(東京、代表 太田猛彦)とアサヒビール株式会社(本社東京、社長 荻田 伍)は、アサヒビール本部ビル(東京都墨田区吾妻橋)隣のスーパードライホール4階「アサヒ・アートスクエア」において、本年4月から2009年1月まで毎月1回、全10回にわたりForsta連続講座 『森林の保全とFSC認証制度を学ぶ』を開催します。この講座には、100名の受講者を募集します。

 本連続講座ではFSC(Forest Stewardship Council)森林認証制度をより多くの方に知っていただくため開催するもので、毎回2部構成で行います。第1部では、Forsta代表の太田猛彦(東京大学名誉教授)により、森林の変遷、森林の持つ多面的な機能など基本的な内容から地球温暖化、と森林の乱伐や、違法伐採による森林の減少などの森林に関するトピックスを平易な言葉で解説いたします。第2部では、さまざまな分野からFSCの普及、推進に活躍している方々を講師に迎えて 「FSCとの出会い」「FSCを推進する理由」「FSCの必要性」などについて各事例を講義いただき、普段の生活の中にあるFSCを紹介します。
 第1回目の4月12日(土)には、FSC認証林を管理するアサヒビール鰍フ社有林「アサヒの森」所長中村成孝をゲストスピーカーとして、FSC認証制度を取得の経緯、「アサヒの森」の森林経営・保全活動について講演します。
 2回目以降はエコクリエーター マエキタミヤコさん、高知県大正町でFSC認証林「結の森」プロジェクトを進めているコクヨ株式会社CSR部 齊藤 申一さん、ベル研究所、アスクル株式会社などFSCの普及、推進に活躍している方々をゲストスピーカーに迎える予定です。
 NPO法人日本森林管理協議会は、FSC本部に認められた日本の窓口(FSC日本ワーキンググループ)を協議会内に置き、FSC森林認証制度の普及・推進を行っています。森林と消費者を結びつけ、健全な森林からの木材・木材製品の流通を促し、環境にやさしい持続的な社会づくりに取り組んでいます。

 アサヒビール(株)は、広島県庄原市周辺に総面積2,165haの社有林「アサヒの森」を保持しており、毎年計画的に植林を続け商業用森林の育成を進め、総面積の4分の1が天然林として保全されています。山林の環境保全を重視しながら計画的な森林経営を行ってきた結果、水源地保安林や県立自然公園としての指定を受けるなど、保護すべき貴重な森林資源として認められ、2001年9月には、国内の食品メーカー保有林としては初めてFSCを取得しました。
 併せて、自然の森を守り、健全な森を造り、森林資源の確保と公益性のある経済性の高い林業経営を行いながら、適性に育成するために間伐を実施し、「アサヒの森」で発生する間伐材を活用した環境配慮型の割り箸を外食部門で展開するなど、飲食店向けの販促品の展開もおこなっています。

講座概要

講 座 Forsta連続講座 「森林の保全とFSC認証制度を学ぶ」
           〜私たちの身の回りのFSC〜
開催日程 2008年4月より2009年1月まで月1回開催全10回
時 間 14:00〜15:30
第1部 環境講座 講師:Forsta代表・東京大学名誉教授 太田猛彦
第2部 ゲストスピーカーによるFSC森林認証制度の事例紹介 
会 場 アサヒ・アートスクエア(スーパードライホール4階)
東京都墨田区吾妻橋1-23-1
参加料 500円/1回(資料代含む)
申込み方法 特定非営利活動法人日本森林管理協議会(担当:奥山宛)に
FAX(03-5716-4186)またはEmail(okuyamak@forsta.or.jp)にて受付します。
受講者募集 100名様迄 先着順につき受付終了次第締め切らせていただきます。
その他 FSC認証製品の展示・販売もいたします。

【FSC森林認証制度について】

FSC(Forest Stewardship Council)とは?
ドイツのボンに本部を持つ国際NGO。林業関係者や環境保護団体などが集まり1993年に設立し、現在は世界各地で活動を展開しています。

FSC森林認証制度とは?
FSC森林認証制度は持続可能な経営を行っているか、地元の住民や働く人の権利や労働環境に配慮しているか、また、保護価値の高い森林や生物多様性の保全にも配慮しているか、といったFSCが定める10の原則と56の規準に従い、第三者が審査し、認証を与えるものです。適切に管理された森林からの木材・木材製品にはロゴマークが付けられ、消費者は認証製品を選択、購入することにより間接的に森林保全を支援することができるシステムです。 現在世界79カ国において認証を受けた森林は926カ所、森林面積は98,422,768ha、生産・加工・流通過程の認証数は8388件(2008年3月6日現在)になっています。

日本のFSCの展開は?
日本におけるFSCの広がりは目覚ましく、生産・加工・流通過程の認証取得数は650以上に上り世界で3番目の規模になっています。そのほとんどが紙分野であり、多くの環境報告書や製品カタログなどにFSC認証紙が使用されています。

【第1部講義内容】


■講師  Forsta代表・東京大学名誉教授 太田 猛彦
開催日 内  容
4/12(土)  森のはたらきの第一は環境の保全
   森林の多面的機能
   森林と人間の関係に関する「森林の原理」
5/17(土)  日本には木がいっぱいあるのに使っていない
   木材自給率は20%
   熱帯林の破壊や違法伐採を防ぐには
6/7(土)  日本の山は“はげ山”だった
   日本人は「稲作農耕“森林”民族」
   400年ぶりの緑の回復/いま、木を使っても森はなくならない
   森林は二酸化炭素の吸収源か?
7/19(土)  森から見える“現代文明”の危うさ
   人類の「行き詰まり問題」−温暖化− 
   人類と地球環境の“共進化”が必要
   「光合成」が人類を救う
8/9(土)  木を伐って使うことがなぜ環境保全になるの!?
   低炭素社会とカーボン・ニュートラル
   林業の現代的意義
9/13(土)  「緑のダム」は本当か?
   森林は水を使う
   木材生産と水源涵養は両立可能
10/18(土)  木を伐って“豊かな”森を作ろう
   木は成長するのだ
   伐採が豊かな森づくりのはじまり
11/8(土)  新しい森の管理
   森林のゾーニング
   守る森と使う森
12/23(火・祝)  森は誰が守るのか
   都市・農村・森林自然域
   私の「機械化」論
2009年
1/17(土)
 持続可能な社会と森林
   低炭素社会・循環型社会・自然共生社会
   森林認証とCoC認証

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。