• はい
  • いいえ

 

(ここから本文です。)

ニュースリリース

ニュースリリース2007年

2007年10月5日
社団法人民間活力開発機構
アサヒビール株式会社
新潟県新発田市産業振興部

経済産業省所管・社団法人民間活力開発機構の“健康づくり大学”事業と連携
地元産品をブランド化し全国に販路を開くことを目指す自治体を応援
〜第一弾として、新発田市の食材の発掘、食文化の普及と振興活動の展開〜

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 荻田伍)は、食品企業としては初めて、経済産業省所管の社団法人民間活力開発機構(所在地 東京、理事長 里敏行)(以下、民活)が展開するネットワーク事業“健康づくり大学”と連携します。
 民活とアサヒビール(株)は、“健康づくり大学”事業の「食」分野において、地元産品をブランド化し全国に販路を開くことを目指す自治体の支援を通じて、地域の活性化に貢献します。本年は、“健康づくり大学”に加盟する全国25の自治体を中心に推進していきます。
 その第一弾として、民活とアサヒビール(株)は、民活が支援する新潟県新発田市産業振興部と共同で、新発田市がブランド育成する食材「アスパラガス」の特長や調理法などの食文化の普及に貢献していきます。

 民活の“健康づくり大学”に加盟する新潟県新発田市は、新潟県内シェア47%で年間250tを出荷するアスパラガスのブランド育成を推し進めています。新発田市で生産されるアスパラガスは、新潟県内で唯一、長い収穫期間を可能とした立茎栽培を展開しています。また、良質の堆肥を使用することで生まれる「やわらかく甘い」味わいが特長です。
 民活とアサヒビール(株)は、新発田市のアスパラガスを活用した食文化の取り組みをそれぞれのホームページに掲載するとともに、おいしいアスパラガスの調理法、生産者の声、新発田産アスパラガスが食べられるお店、レシピの募集などを紹介し、その食材の認知度を高めるWebサイトを展開します。

 “健康づくり大学”は、地域の経済再活性化と健康増進を目指した高齢化対策のネットワーク事業です。民活は、「活力ある健康長寿ニッポンの構築」をテーマに地域産業の活性化と高齢化社会の課題解決に資するため、企業、自治体、学識経験者によるコンソーシアムを編成し、現存する資源や産業を活用して、様々なソフト支援事業を推進しています。
 アサヒビール(株)は、2007年を初年度とする第3次中期経営計画で、「食と健康」の事業領域においてお客様へ「生涯を通じた喜びと感動」を提供し続けることを目指しています。

 民活とアサヒビール(株)は、地元産品のブランド化を促進することで食文化の普及と振興を積極的に展開するとともに、地域の経済再活性化に貢献していきます。また、アサヒビール(株)は民活が展開する“健康づくり大学”の「食」分野を通じて、新しい価値提案を創出し、いっそう地域に根ざした活動を展開していきます。

【本件に関するお問い合わせ先、及びホームページURL】

社団法人民間活力開発機構 TEL:03-3543-8777
http://www.onsenkyo.com/kenko-u/
アサヒビール株式会社 お客様相談室 フリーダイヤル:0120-011-121
http://www.asahibeer.co.jp/area/03/shibata/
新発田市産業振興部観光振興課 TEL:0254-22-3101
http://www.city.shibata.niigata.jp/

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。