• はい
  • いいえ

 

(ここから本文です。)

ニュースリリース

ニュースリリース2007年

2007年2月20日
アサヒビール株式会社

アサヒビール(株)お客様生活文化研究所の
新ウェブサイト『青山ハッピー研究所』が2月21日(水)よりスタート!
〜 「人がしあわせを感じるモノやコトって、何だろう?」をお客様と考えます 〜

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 荻田伍)のお客様生活文化研究所は、「人がしあわせを感じるモノやコトって、何だろう?」という素朴な疑問に対し、衣・食・住・美など生活に密着したテーマや切り口から、その答えをお客様と一緒に考える、しあわせ探しの情報発信サイト『青山ハッピー研究所』(愛称:ハピ研)を2月21日(水)より開設します。

 “食と健康”の分野における「生活者研究」に特化した研究所である「お客様生活文化研究所」では、2003年よりしあわせに関するウェブサイト「しあわせ回路探検隊」を立ち上げ、旬のテーマを毎週1回調査レポートする「毎週アンケート」や、お客様の意識と行動の特性を多角的に調査する「高感度消費者研究」を定期的に発表するなど、主に調査・研究発表の場としてサイトを展開してきました。
 サイトオープンから丸3年が経過した今、「毎週アンケート」「高感度消費者研究」など既存の調査・研究レポートコーナーのほか、新たに各界で活躍するキーパーソンのインタビュー、食と健康に関するトピックス、研究所員がお薦めする書籍紹介、研究所員の編集ブログなど、日々の生活のちょっとしたしあわせを見つけるヒントや、きっかけを与える読み物コンテンツを充実させ、より情報発信性を強めたウェブサイトとして新しく生まれ変わります。

 当サイトは独自ドメインhttp://www.hapiken.jpを使用し、お客様生活文化研究所が中心となって企画・運営する“お客様との情報共有の場”として認知され、発展していていくことを目指します。またサイト名は、お客様生活文化研究所が東京・南青山に研究所を構えていることから、名称を「青山ハッピー研究所」とし、より多くの皆さんに親しみを込めて「ハピ研」と呼んでもらえることを期待します。

 アサヒビールグループでは、“食と健康”の分野を事業領域としながら、お客様の心豊かな健康生活を支援するためのさまざまな革新に取り組んでいます。その一つの取り組みとして、2000年10月、お客様のライフスタイルや嗜好の変化等、「生活者研究」に特化した研究所として、アサヒビール(株)お客様生活文化研究所を設立しました。独自の調査・分析によって得られた研究成果は、アサヒビールグループの商品や情報発信に活かされています。
 アサヒビール(株)お客様生活文化研究所では、「人がしあわせを感じるモノやコトってなんだろう?」ということを常に考えて研究し、「人がしあわせを感じるみちすじを探す」、つまり「しあわせの回路の発見」が研究スタンスです。新ウェブサイト「青山ハッピー研究所」も、こうしたスタンスで、お客様との親密なコミュニケーションが作れる場となることを目指していきます。


【ウェブサイトの概要】

サイト名・URL 「青山ハッピー研究所」(愛称:ハピ研) http://www.hapiken.jp
サイトコンセプト 「人がしあわせを感じるモノやコトって、何だろう?」という素朴な疑問に対し、衣・食・住・美など生活に密着したテーマや切り口から、その答えをお客様と一緒に考える“しあわせ探しの情報サイト”。
サイト開設日 2007年2月21日(水)オープン
企画・運営 アサヒビール(株)お客様生活文化研究所
発売日 平成19年2月中旬製造分から
主なコンテンツについて ■特別企画:『ハピ研生活意識調査』(更新:四半期に1回)
 お客様生活文化研究所の設立当初から取り組んでいる「しあわせ研究」。しあわせの価値観を5つのタイプに分類し、そのタイプ別の傾向や特徴について四半期ごとに意識調査を実施する。結果はウェブ上で随時発表。またサイト内にて、「自分のしあわせタイプ」を簡単に診断する簡易チェックコーナーも設置。
■第1特集企画:『毎週アンケート』(更新:毎週水曜日)
 毎週1回、一般読者の参加のもと、お酒の世界にとどまらない、生活者に密着した衣・食・住・美の旬の話題やテーマに関してアンケート調査を実施する企画コーナー。2003年9月17日(水)に第1回調査レポートを発表以来、2007年2月20日(火)までに計172回、アンケート参加者(20代以上)はのべ72万人を超える。旬な内容はニュースリリースで適宜ご案内し、各種メディアからの問い合わせも多く、大変人気の高いコンテンツ。リニューアルオープン後も、引き続き皆さんの疑問を紐解いていく予定。
■第2特集企画:『ハピ“プロ”インタビュー』(更新:隔週水曜日予定)
 登場するのは、その道のプロ。新しい試みにチェレンジし、奮闘し、自分の仕事や生き方にこだわりを持つ人たち。各界で活躍するキーパーソンの活動や成功までの経緯のほか、今の時代をどうのように捉え、次にステップアップしていこうとしているのか。そして、キーパーソンが最も「しあわせ」を感じる瞬間や、しあわせ観に迫るインタビュー記事コーナー。第1回目は渋谷の街の変化を敏感に捉え、情報を発信するシブヤ経済新聞の編集長・西樹さん。学生時代に魅了されたシブヤというエリアが、今では、仕事の場であり、生活の場であり、遊びの場であり、数々のハッピーを作り出す場だという、そんな西さんの幸せづくりについてお話を聞く。
■ミニコンテンツ(1):「データバンク食と健康」(更新:隔週金曜日)
 年1回実施している「食と健康のセンサス」調査データをもとに、毎回、食と健康に関するトピックスを紹介するコーナー。健康へのニーズの高まる昨今において、世代・性別・夫婦間でも立場の違いにより、食と健康に関する考え方、習慣は微妙なギャップが生じることも多く、データから読み取れる意外な事実に驚くことも。最新の日本の「食と健康」事情をお届けする。
■ミニコンテンツ(2):「気まぐれ図書館」(更新:隔週火曜日)
 2000年、お客様生活文化研究所の設立と同時に、研究所内に本棚を設置し、研究所員が興味を持った事柄や、最近の話題・トレンドに関する本を少しずつ読み揃えている。現在、本棚には約2700冊程の書籍が資料として保管されており、その中からお客様生活文化研究所の本好き研究所員が、毎回、しあわせになれる本を書評、推薦。第1回目のお薦め書籍は、「脳と心の地形図―思考・感情・意識の深淵に向かって」(リタ・カーター著)。
■ブログコンテンツ:「ちょっと寄り道」(更新:隔週火曜日)
 お客様生活文化研究所の所長(円城寺誠)と4名の担当者が新しいトレンドや、ちょっとしたネタ(出張先で見つけた全国各地の美味しいもの、珍しいお土産など)を、編集後記として更新する。特にユニークな情報は、編集取材を試みて詳しく紹介する予定。


【本件に関するお問い合わせ先】

アサヒビール株式会社 お客様生活文化研究所 TEL:03-3498-1810
http://www.hapiken.jp

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。