• はい
  • いいえ

 

(ここから本文です。)

ニュースリリース

ニュースリリース2007年

2007年1月30日
アサヒビール株式会社

『アサヒカクテルパートナー プレミアムスクリュードライバー』
『アサヒカクテルパートナー プレミアムソルティードッグ』
〜ジャパン・カップ総合優勝者監修の缶入りプレミアムカクテル新登場〜

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 荻田 伍)は、低アルコール飲料の中核ブランドである缶入りカクテル『アサヒカクテルパートナー』からプレミアムシリーズ商品2品種『アサヒカクテルパートナー プレミアムスクリュードライバー』『同 プレミアムソルティードッグ』(いずれも缶350ml)を2月13日(火)に全国で新発売します。

 今回発売するプレミアムシリーズは、果汁と素材にこだわり、本格バーで飲むフルーツ感あふれるカクテルの味を気軽に楽しんでいただくことを目指した商品です。“凍結濃縮果汁”と“あらごし果汁”の厳選した2種類の果汁を30%使用し、フルーツスピリッツを「隠し味」として加えました。また、フルーツ感を引き出すためのこだわり素材として、「プレミアムスクリュードライバー」には天然バニラの世界最大の生産国であるマダガスカル産バニラ香料を、「プレミアムソルティードッグ」にはミントエキスを加えパッケージすることで、より本格的でプレミアム感のある味を実現しました。

 銀座の「BAR保志」のオーナーバーテンダーであり、国際バーテンダー協会公認の2001年インターナショナル・バーテンダーズ・コンペティション・ジャパン・カップ総合優勝者の保志雄一氏に監修をしていただき、世界が認めたバーテンダーのこだわりが随所に効いた“本格缶入りカクテル”となりました。

 パッケージデザインは中央上部にロゴとカクテルグラスをレイアウトし、金色でバーテンダーのアイコンを記載することでプレミアム感・本格感を訴求しつつ、グラスカットはよりシズル感を表現しプレミアム商品ならではの贅沢なおいしさ感を表現しました。

 『アサヒカクテルパートナー』は、“缶入りカクテル”という独自の特長を訴求したブランドとして差別性のある新たな価値をもった商品をご提案してきた結果、販売数量は当社が販売を開始した平成14年より5年連続で伸長を続けています。昨年は前年比104%の伸びを達成し、年間販売数量も1,000万箱(1箱=250ml×24本換算)に達しました。

 アサヒビール(株)は、基幹シリーズの活性化や、季節限定商品を投入するとともに、今回発売するプレミアムタイプを積極的にご提案することで、低アルコール飲料市場における『アサヒカクテルパートナー』ブランドの存在感をより一層高めていくことを目指します。

【商品概要】

商品名 アサヒカクテルパートナー
プレミアムスクリュードライバー
アサヒカクテルパートナー
プレミアムソルティードッグ
アルコール分 5% 5%
果汁含有量 30% 30%
原材料 ウオッカ、オレンジスピリッツ、オレンジ果汁、糖類、酸味料、香料 ウオッカ、グレープフルーツスピリッツ、グレープフルーツ果汁、ペパーミントエキス、食塩、糖類、香料、酸味料
品目 リキュール(発泡性)1
容量 缶350ml
発売日 2月13日(火)
発売地域 全国
希望小売価格 171円(消費税別)

*希望小売価格は単なる参考価格であり、酒販店様の小売価格設定を拘束するものではありません。

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。