*Firefox最新版をご利用のお客様へ* ページの背景画像が正しく表示されない場合、こちらをクリックお願いします。

 


平成18年12月5日
アサヒビール株式会社
アサヒ独自の技術により
ついに業界初の“糖質0(ゼロ)※の発泡酒”を開発!!
〜 新発泡酒『アサヒ スタイルフリー』 2007年3月27日(火)新発売 〜


高解像度画像はこちら

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 荻田伍)は、発泡酒『アサヒ スタイルフリー』2品種(缶500ml、缶350ml)を2007年3月27日(火)に全国で新発売します。『アサヒ スタイルフリー』は発泡酒市場において増加している“糖質オフ”という商品特長を求めるニーズに対応し、アサヒビール(株)の技術を結集して“糖質0(ゼロ)※”を実現した新商品です。
※: 栄養表示基準に基づき、糖質0.5g(100ml当たり)未満を糖質0(ゼロ)としております。

 アサヒビール(株)の調査によると、お客様がビール類市場の中で「発泡酒」を選ぶポイントは新ジャンル市場の拡大とともに多様化する傾向がうかがえます。特に発泡酒ならではの明快な価値を持つ商品として、“コクや味わい深さ”といった特長や、“糖質オフ”等の健康志向に対応した特長を求める割合が増加しています。
 一方で“糖質オフ”等の健康志向に対応した発泡酒を主に飲用しているお客様の要望を調査した結果、『味わいはそのままにもっと糖質等の“オフ率”を高めて欲しい』という声が約6割を占め、更なる“糖質オフ”への期待感を抱いていることが分かります。また、こうした発泡酒を主に飲用しているお客様のビール類に対する嗜好は、「飲みごたえ」「コク」「味わい深さ」よりも「スッキリ」「さっぱり」とした味わいを好む傾向がうかがえます。

 『アサヒ スタイルフリー』は、このようなお客様のニーズを先取りし、アサヒビール鞄ニ自の技術によって“糖質ゼロ※”を実現し、開発された提案型商品です。“糖質カットをとことん追求するとともに、麦とホップの香りを残しながらも、雑味のないさっぱりとした味わいの発泡酒”を実現しています。そして発泡酒の中でも飲用時に健康を気にして”糖質オフ”を重視するお客様にむけて“更なる価値”を提供してまいります。

 今回“糖質ゼロ”を実現するため、当社独自の「ハイパーファーメント製法」を採用しました。当製法は、当社のビール類内でもっとも高い発酵度(当社発泡酒比で約1.3倍)を目指し、最適な発酵条件を選定することで酵母の働きを活き活きとさせ、原料由来の糖分のほとんどを酵母に消化させることにより “糖質ゼロ”を実現するものです。また味わいの特長は、麦芽の風味を残しながら、ファインアロマホップ等の素材の醸し出す“安らげる香り・さっぱりとした後味”をお楽しみいただけます。

 ネーミングは、「自分に合ったスタイルで自由な気分を楽しんでいただきたい」という想いをストレートに表現しました。パッケージには「糖質0(ゼロ)※」という文字を大きく配置し、またカラーリングに緑のグラデーションを採用することで、そこから想起される爽やかさ・健康感・安心感を訴求するデザインとなっています。

 アサヒビール(株)は、発泡酒市場において先般発売の“コクや味わい深さ”を追求した『アサヒ 贅沢日和』と合わせ、今回の糖質オフを追求した『アサヒ スタイルフリー』を発売することで、当社発泡酒の商品構成を強化し、発泡酒市場での更なる躍進へと繋げていく考えです。

『アサヒ スタイルフリー』スペシャルサイトはこちら ⇒ http://www.asahibeer.co.jp/stylefree/



【商品概要】
商品名 アサヒ スタイルフリー
発売品種 缶500ml、缶350ml
外 装 ダンボールカートン24本入り
品 目 発泡酒(麦芽使用率25%未満)
アルコール度数 4%
販売価格 希望小売価格は設定していません。
価格体系は現行「アサヒ本生」などと同じ。
発売日 2007年3月27日(火)
製造工場 福島工場、西宮工場、博多工場
発売地区 全国



 2006年ニュースリリース一覧


すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。