平成18年11月6日
アサヒビール株式会社
発泡酒新商品『アサヒ 贅沢(ぜいたく)日和(びより)
TVCMに長谷川 京子さんを起用。
〜和服姿で妻を演じる長谷川さんが登場〜


高解像度画像はこちら

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 荻田 伍)は、発泡酒『アサヒ 贅沢日和』の新発売にあわせ、11月7日(火)の発売日から全国でTVCMを放映します。TVCMにはドラマや映画で活躍中の女優、長谷川 京子さんを起用し、CM曲には人気女性シンガー大貫妙子さんが歌うアメリカ民謡の「シェナドゥ」を使用します。

 『アサヒ 贅沢日和』は、発泡酒市場において増加している“コクや味わい深さ”を求めるニーズに対応し、“豊かでやわらかなコク”を特長とし、“日常の身近な贅沢感を提供する上質感あふれる大人の発泡酒”をコンセプトとして開発されました。景気の緩やかな回復に伴って日常の生活においても顕在化しつつある「身の丈に合った納得感のある生活を求め、時には身近な贅沢感をささやかに味わいたい」といったお客様の意識にお応えした商品です。ターゲットは、こだわり感のある30〜40代男性の発泡酒ユーザーとし、発泡酒カテゴリーに満足しながらも更に上質感を求めるお客様を想定しています。

 今回放映するTVCM「もう1本篇」では、ゆったりとした上質な時間の中で「贅沢日和」を美味しくいただく夫婦という設定の中、和服姿の長谷川 京子さんが演じる妻と夫との仲の良い会話から始まります。上品な日本長屋の一室という「和」の世界観の中で、少し贅沢な日常の風景を堪能しながら、いつもよりゆったりと、“やさしい味わい”を楽しんでいる姿を、夫婦の会話の機微とともに描いており、『アサヒ 贅沢日和』のもつ上質感や贅沢感を訴求する内容となっています。

 アサヒビール(株)は、発泡酒市場において『アサヒ 贅沢日和』を発売することで、中核に位置付けられる「本生ブランド」とは一線を画す価値を提供していきます。そして『アサヒ 贅沢日和』が発泡酒市場の中で伸長する“コクや味わい深さ”系のジャンルにおいて確固たる地位を築くことで、発泡酒市場の活性化に繋げていく考えです。


【長谷川京子さんプロフィール】
1978年(昭和53年)7月22日、千葉生まれ。
★最新出演作
・NHK大河ドラマ「功名が辻」
・映画「愛の流刑地」(2007年公開)
・映画「大帝の剣」(2007年公開)


【大貫妙子さんプロフィール】
東京生まれ。
1973年、山下達郎らとシュガー・ベイブを結成。
1976年、「グレイ スカイズ」でソロ・デビュー。
以来、現在までに25枚のオリジナル・アルバムをリリース。
★最新アルバム 『One Fine Day』



 2006年ニュースリリース一覧


すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。