*Firefox最新版をご利用のお客様へ* ページの背景画像が正しく表示されない場合、こちらをクリックお願いします。

 


平成18年9月11日
アサヒビール株式会社
“黄麹”仕込みのプレミアム芋焼酎
本格芋焼酎『さつま司黄麹仕込み』を全国で発売
華やかな香りとさつまいもの甘味が際立つまろやかな味わい


高解像度画像はこちら

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 荻田 伍)は、本格芋焼酎『さつま(つかさ)()(こうじ)()()み』(アルコール度数25度、びん720ml 1800mlの2品種)を、10月4日(水)から全国で新発売します。『さつま司黄麹仕込み』は、アサヒビールグループの焼酎製造会社さつま司酒造株式会社((鹿児島県姶良(あいら)加治木(かじき)町、社長 貞苅(さだかり)陽二郎)が製造し、アサヒビール(株)が販売します。

 新発売する『さつま司黄麹仕込み』は、黄麹(※)で仕込み、「可変蒸溜法」によって仕上げたプレミアム芋焼酎で、華やかな香りと原料のさつまいもの甘味が際立つまろやかな味わいが特長です。本格芋焼酎に、高付加価値を求めるお客様が増えてきている中、麹や蒸溜方法にこだわり、既に発売している『さつま司』の軽快な味わいや、コクを際立たせた『さつま司黒麹仕込み』とは違ったワンランク上のプレミアム焼酎としてご提案します。

 黄麹は、古来より清酒づくりに使用されてきた麹で、淡麗な味わいを醸し出すのが特徴とされています。『さつま司黄麹仕込み』は、芋焼酎の甘味や旨みを充分に引き出すため、一般的に焼酎づくりに使用される白麹や黒麹に比べデリケートな麹菌である黄麹をあえて使い、手間をかけ、 黄麹仕込みならではの旨みを実現しました。また、蒸溜の最中に蒸溜釜内の圧力を変化させる「可変蒸溜法」によって、丁寧に香りやコクを引き出しています。
 主原料のさつまいもには、既存の『さつま司』ブランドと同様、風味の良い芋焼酎づくりに最適と言われている鹿児島県産の「黄金千貫(こがねせんがん)」を100%使用しています。

 本格焼酎市場は、原料に由来する独特の味わい、蔵によって異なるさまざまな個性を飲み分ける楽しさがお客様に受け入れられ、7年連続で出荷量が拡大しています。本年に入っても1〜6月の上半期で前年比3%増と順調に推移しています。中でも芋焼酎は、同11%増と突出して高い伸びを示しています。
 今後も芋焼酎が本格焼酎市場を牽引していく存在と見られるなか、アサヒビール鰍ヘ、芋焼酎では『さつま司』ブランドの育成強化に注力し、本年は25万ケース(ブランド計、前年比309%、1ケースは720ml×12本換算)の販売を目標に、業務用市場、家庭用市場において拡販を行っています。今回、『さつま司黄麹仕込み』を新発売することによってご提案の幅をさらに広げ、今まで以上に積極的な拡販を行います。

※黄麹・・・ もろみをつくる過程で使用する麹菌には「白麹」「黒麹」「黄麹」等があり、使う麹の種類によって醗酵の状況や味、香りに違いが生まれる。
白麹は、焼酎づくりに必要なクエン酸を生成する力が強く、現代の焼酎づくりではもっとも多く使われている。黒麹は沖縄の泡盛にも使われており、濃厚な味わいを醸し出すのが特徴。
一方、黄麹は、クエン酸を生成する力が弱いことから、南九州の温暖な気候においては「もろみ」の段階で傷みやすく、取り扱いが難しいとされている。デリケートな黄麹で焼酎を仕込むには高度な技術と手間を要するが、芋焼酎のクセを抑えてさつまいも本来の甘味や旨みが引き立つ淡麗な焼酎をつくりだす。


【商品概要】
商品名 さつま司黄麹仕込み
種類 単式蒸留焼酎(焼酎乙類 本格焼酎)
原材料 さつまいも、米麹
アルコール度数 25度
容量 720ml 1800ml
希望小売価格 1,330円(消費税別) 2,700円(消費税別)
製造者 さつま司酒造株式会社
鹿児島県姶良郡加治木町諏訪町200番地
販売予定数量 1万ケース(年内、1ケースは720ml×12本換算)
※ 希望小売価格(消費税別)は単なる参考価格であり、販売店様の自主的な価格設定を拘束するものではありません。
※ 『さつま司』『さつま司黒麹仕込み』の希望小売価格は、720ml/1,101円(消費税別)、1800ml/2,003円(消費税別)です。



 2006年ニュースリリース一覧


すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。