*Firefox最新版をご利用のお客様へ* ページの背景画像が正しく表示されない場合、こちらをクリックお願いします。

 


平成18年6月29日
アサヒビール株式会社
香ばしくスッキリした後味の濃色発泡酒
『アサヒ本生クリアブラック』新発売
〜100万人が実感した限定醸造の発泡酒の味わいに磨きをかけました〜


高解像度画像はこちら

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 荻田伍)は、香ばしくスッキリした後味の『アサヒ本生クリアブラック』(缶500ml・缶350ml)2品種を数量限定で、2006年9月5日(火)より全国で新発売します。

 アサヒビール(株)は、2004年12月から2005年3月の期間に、香ばしい薫りが楽しめる濃色タイプの『キャンペーン限定醸造「本生」』が100万人にあたるキャンペーンを展開しました。キャンペーンには、740万口のご応募を頂戴するなどお客様から高い関心のもとご好評を頂きました。また、『キャンペーン限定醸造「本生」』を実感いただいたお客様によるアンケート結果では、約8割の方から“おいしい”という声が寄せられ、約7割の方より“是非、購入したい”とのご意見を頂戴しました。一方で、アサヒビールが実施した消費者調査によると、発泡酒と新ジャンルのカテゴリーには“色々な商品を飲んでみたい”や“たまには気分を変えて違う商品を購入したい”というお客様のニーズが多く存在していることがわかりました。

 そこで、アサヒビール(株)は、お客様からご好評をいただいた『キャンペーン限定醸造「本生」』の味わいに磨きをかけ、“香ばしく、より一層スッキリした後味”の実現を目指しました。
 『アサヒ本生クリアブラック』は目指す味の実現のため、濃色麦芽にはロースト麦芽のみを使用し、製造工程において「ブラック丁寧仕込」と「二段発酵・二段熟成製法」を採用しました。「ブラック丁寧仕込」は、麦汁ろ過工程に通常のビールの約2倍の時間をかけ、最適なタイミングでロースト麦芽を投入し一定時間煮沸を行うことで、ロースト麦芽由来の香ばしさを引き出しています。また、発酵工程と熟成工程それぞれにおいて2段階の温度で発酵・熟成させる「二段発酵・二段熟成製法」で、心地良いコクとスッキリした後味に仕上げています。

 ネーミングは、香ばしくスッキリした後味の濃色発泡酒であることをストレートに表現し、『アサヒ本生クリアブラック』としました。
 パッケージは、現在展開している『アサヒ本生』ブランドの基本デザインを踏襲しながら、『キャンペーン限定醸造「本生」』を想起させるとともに、液色に近づけた茶褐色を基調にすることで濃色発泡酒であることを訴求しています。

 ビール類飲料に求める嗜好が多様化し新ジャンルなどの市場が拡大するなか、ビールに次ぐ市場規模である発泡酒市場において、アサヒビール(株)は、発泡酒ならではの新しい味わいを期待するお客様が顕在しているものと考えています。こうした中、アサヒビール(株)は、『アサヒ本生クリアブラック』を発売し、発泡酒の中核商品『アサヒ本生』ブランドの確固たる地位を構築していくとともに、発泡酒市場全体の活性化を図っていきます。


『アサヒ本生クリアブラック』の詳しい情報はこちら
http://www.asahibeer.co.jp/hon-nama/

【商品概要】
商品名 アサヒ本生クリアブラック
種類 発泡酒(麦芽使用率25%未満)
発売品種 缶500ml、缶350ml
アルコール分 5%
発売日 2006年9月5日(火)
発売地域 全国
目標箱数 50万箱(1箱:大びん633mlx20本)
価格 希望小売価格は設定していません
外装 ダンボールカートン24本入り
製造工場 福島工場、吹田工場



 2006年ニュースリリース一覧


すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。