*Firefox最新版をご利用のお客様へ* ページの背景画像が正しく表示されない場合、こちらをクリックお願いします。

 


平成18年4月6日
アサヒビール株式会社
酒文化を中心とした食と芸術文化の情報発信の拠点『アサヒ・アートスクエア』にて
コミュニケーション・アート・バー『稽古場カフェー』がスタート
〜アーティストが挑む限定32日間の稽古場&カフェ〜

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 荻田伍)は、本部ビル横のスーパードライホール(東京都墨田区吾妻橋1−23−1)の4階に位置するコミュニケーションスペース『アサヒ・アートスクエア』を、4月10日(月)から32日間の期間限定にて、『稽古場カフェー』として運営していきます。

 『稽古場カフェー』とは、アサヒビール(株)がその運営に企画参画・特別協賛するもので、『アサヒ・アートスクエア』をアーティストが作品創造に集中できる“稽古場”として無償提供する一方、夜間はアーティストが市民と交流できる開かれた“カフェ”(営業時間:18時〜22時<ラストオーダー21時30分>)の店長としても参加することで、アートと社会との新しい出会いを模索することを狙いとします。“カフェ”とは、『アサヒ・アートスクエア』で運営している『コミュニケーション・アート・バー』を利用します。営業時間前には稽古風景を覗くこともできるため、アーティストが発案し、考え、本番に向けて稽古していく創造のプロセスが幅広く公開され、時にはアーティストとお客様の語らいの場も生まれていきます。そして、『稽古場カフェー』で、アーティストとお客様が様々な出会いを重ねながら創りあげる作品は、最終日に“ショーイング”として成果発表されます。

 本年第一回目の店長には、陽気でユニークな個性に、ダンス関係者のみならず幅広いファン層を持つダンサー・振付家の森下真樹を迎えます。端正な容姿で表現するパフォーマンスは、力強さと同時に奇抜さを兼ね備え、常に注目を集め続けています。会期中は、6月14日(水)の“ショーイング”に向けての32日間に渡る作品創りやカフェでの様子を、森下自身がブログに綴ることで、『アサヒ・アートスクエア』で発案し、創造し、生まれる作品のプロセスを、インターネットでも広く社会へ発信していきます。

 アサヒビールグループは、総合酒類事業を中心とした食と健康の分野でお客様の満足を追求しており、その一環で2004年9月より酒文化を中心に、食と芸術文化の情報発信の拠点として、本部施設の一部にコミュニケーションスペース『アサヒ・アートスクエア』を新設しました。『アサヒ・アートスクエア』は、毎週金曜日・土曜日を中心に『コミュニケーション・アート・バー』を開設し、一般のお客様がビールを片手に様々なアートと出会い、コミュニケーションを広げる場として運営されています。また、“お酒とアートのカクテル”をキーワードとして、音楽・美術・映像・ダンス・演劇・セミナーなど、ジャンルを越えたプログラムを開催して、年間約150日程度の情報発信を続けています。

 アサヒビール(株)は、コミュニケーションスペース『アサヒ・アートスクエア』を情報発信の拠点として位置づけ、新たな酒文化や食文化を独自な視点で広くお客様にご提案していくとともに、地域社会との共生を図っていきます。今回の企画もそうした試みの一環として開催され、このスペースを生かしてアーティストの活動や未来の文化創造を支援していくことで、より創造性に富んだ豊かな社会文化を構築するとともに、一人でも多くのお客様にアートへふれあう機会が生まれていくことを期待しています。

【稽古場カフェー 概要】
名  称: コミュニケーション・アート・バー『稽古場カフェー』
店  長: 森下真樹(ダンサー・振付家)
日  時: 平成18年4月10日(月)〜6月13日(火)のうち、32日間
営業時間: 18:00〜22:00(ラストオーダー:21:30)
※定休日多数有り、詳細は下記「定休日」にてご確認ください。
定 休 日: [4月]13(木)、15(土)〜16(日)、24(月)〜25(火)、27(木)〜30(日)
[5月]1(月)〜7(日)、11(木)〜12(金)、14(日)、18(木)、20(土)、25(木)、27(土)
[6月]1(木)、3(土)〜4(日)、7(水)〜13日(火)
会  場: アサヒ・アートスクエア
(東京都墨田区吾妻橋1−23−1 アサヒスーパードライホール4階)
入 場 料: 無料
メニュー: ビール350円(チケット3枚綴り1000円)
ソフトドリンク250円
おつまみ200円〜 ほか
※フード持ち込み、ケータリング利用可。
内  容: 『アサヒ・アートスクエア』が、32日間の期間限定でカフェ&稽古場となります。6月14日(水)にアートスクエアで発表する“ショーイング”に向けて、稽古に励む32日間を“カフェ”として開放します。お客様はアーティストやお友達とおしゃべりしたり、稽古風景を横目にゆったりと本を読んだり、時には刺激的な一時も過ごせます。お気軽にお立ち寄りください。


【ショーイングの概要】
名  称: コミュニケーション・アート・バー『稽古場カフェー』ショーイング
< 森下真樹ダンスショー >(仮称)
出  演: 森下真樹(ダンサー・振付家) ほか
日  時: 平成18年6月14日(水) 19:00開場
会  場 : アサヒ・アートスクエア
(東京都墨田区吾妻橋1−23−1 アサヒスーパードライホール4階)
入 場 料: 前売1500円、当日2000円、学生1200円 [全席自由]
※学生券は、ハイウッド/C.A.N.での予約のみ。当日学生証をご提示ください。
内  容: 32日間に渡り、『アサヒ・アートスクエア』で昼間は稽古、夜間はカフェでお客様と様々な出会いを繰り返しながら、創りあげた作品を発表します。
『アサヒ・アートスクエア』で発案し、考え、稽古し、生まれたオリジナル作品です。ダンサー・森下真樹の新作にご期待ください。
チケット取り扱い:
ハイウッド
【TEL】03−3320−7217
【E-MAIL】hiwood@abox22.so-net.ne.jp
コンテンポラリー・アート・ネットワーク(C.A.N.)
【TEL】03−5457−3163
【E-MAIL】can@contemporary-art-network.com



本件に関するお客様からのお問い合わせ
ARTNOVA実行委員会
ハイウッド
【TEL】03−3320−7217
【E-MAIL】hiwood@abox22.so-net.ne.jp
コンテンポラリー・アート・ネットワーク(C.A.N.)
【TEL】03−5457−3163
【E-MAIL】can@contemporary-art-network.com
【アーティストブログ/ホームページ】www.keikoba-cafe.com


アサヒビール(株)のメセナ活動に関するお問い合わせ
アサヒビール株式会社 社会環境推進部
【TEL】03−5608−5195 【FAX】03−5608−5201



【参考資料: 森下真樹(もりした まき)プロフィール】
ダンサー・振付家1975年生まれ。
03年、初のソロダンス『デビュタント』を発表。04年2月、「横浜ダンスコレクション2004・ソロ × デュオ<competition>」において(財)横浜市芸術文化振興財団賞を受賞。05年『東京コシツ』を発表。「東京コンペ♯2(TOKYO COMPETITION)」優秀賞を受賞。同月、東京都写真美術館「恋よりどきどき コンテンポラリーダンスの感覚」展で同美術館ロビーにて森下真樹パフォーマンス&トーク『恋よりどきどきショウ』、東京芸術劇場アトリウムでは『なかうみのにわ』の公演を行うなど、劇場スペース以外でのパフォーマンスも行う。12月にはこまばアゴラ劇場にて初の単独公演となる『森下真樹ダンスショウ!!』を8日間に渡り公演。
ダンス公演のほか、05年夏、世田谷パブリックシアター・プロデュースによる演劇作品『雪の女王』(作:H・C・アンデルセン/演出:テレーサ・ルドヴィコ)に、雪の女王役で出演。また、発条(ばね)ト(と)というグループでいっしょに活動してきた音楽家粟津裕介と音楽ユニット「フルーティ」を結成。森下真樹ウェブ・サイトは、 http://maki-m.com/



 2006年ニュースリリース一覧


すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。