*Firefox最新版をご利用のお客様へ* ページの背景画像が正しく表示されない場合、こちらをクリックお願いします。

 


平成18年1月10日
アサヒビール株式会社
2006年度『第二回未成年者飲酒予防基金』助成先を公募

アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 池田弘一)は、2005年3月に設立した『未成年者飲酒予防基金』の2006年度第二回助成先を2006年1月10日(火)から3月9日(木)までの期間で公募します。

 『未成年者飲酒予防基金』は、アサヒビールがアルコール飲料を製造・販売する企業   グループとして、適正飲酒を啓発するという社会的責任(CSR)の観点から昨年3月に設立し、主として未成年者の飲酒予防のための社会活動または研究を主宰・実施している団体、個人、施設などを対象に、昨年より毎年1,000万円を総枠として助成しているものです。

『未成年者飲酒予防基金』の助成先は、有識者・当社役員等で構成された審査委員会による厳正な審査によって、独創性が高く、研究や活動の成果が社会的に影響を及ぼすことができる団体、個人、施設を選考・決定することとしています。昨年は、「未成年者の飲酒問題の長期追跡調査」を行っている久里浜アルコール症センター等計9団体に助成 しました。本年度は、(1)社会活動部門、(2)研究部門の2部門に分けて公募します。

 アサヒビールグループでは、2004年からの第2次中期経営計画の課題のひとつに 企業の社会的責任(CSR)を果たし、「グループ全体の社会的信頼の向上」に努めていくことを挙げています。その中で適正飲酒の啓発活動をCSR活動の優先取り組み項目の  ひとつに掲げており、『未成年者飲酒予防基金』による助成をはじめ、今後も酒文化の健全な発展と適正飲酒の推進に積極的に取り組むことにより、人々の健康で豊かな社会の実現に努力していきます。
【『未成年者飲酒予防基金』概要】
名称 『未成年者飲酒予防基金』
応募対象
主として未成年者の飲酒予防のための研究・活動を主宰・実施している団体、個人、施設等。但し、酒類製造者、酒類販売者、酒類製造者団体、酒類販売者団体等、酒類業に直接携わっている団体、個人は除きます。
現在実施している、或いは今後実施することが決定している社会活動または研究。

具体例としては、

・ 若者の飲酒を考えるフォーラム
・ 未成年者飲酒予防セミナー
・ 未成年者飲酒に関する研究  など
助成金額の総枠 1,000万円(支援件数は10〜20件、一件の上限は100万円)
募集期間 2006年1月10日(火)〜3月9日(木)(厳守)
締切日は募集エントリー登録(当社ホームページの下記URLより)および「基金申請書」(郵送でのみお受けいたします。締切当日消印有効。)の提出期限となります。
選考方法 応募案件については、有識者・当社役員等で構成する審査委員会で厳正に審査・選考を行った上、採否と金額を決定します。
応募方法
1. 募集エントリーに登録してください。
http://www.asahibeer.co.jp/csr/manner/foundation/index03.html
より「募集エントリー」に登録してください。
*募集エントリーフォームには「個人用」と「団体用」があります。
2. エントリー登録を受け、事務局から「基金申請書」を添付した確認メールを返信します。
3. 「基金申請書」所定用紙枠内に簡潔に記入し、募集期間内に下記事務局宛、必ず郵送にてご送付ください。
「募集エントリー」と「基金申請書」の記載内容に差異があるものは受付けすることができません。
選考結果発表 4月中旬までに応募者全員に通知いたします。採用分についてはホーム  ページ上に掲載いたします。
本応募の事務局・
問い合わせ先
〒130-8602 東京都墨田区吾妻橋1−23−1
アサヒビール株式会社
社会環境推進部内
「未成年者飲酒予防基金」事務局
TEL:03-5608-5195 FAX:03-5608-5201(土・日・祝日を除く9:00〜17:30)



 2006年ニュースリリース一覧


すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。