*Firefox最新版をご利用のお客様へ* ページの背景画像が正しく表示されない場合、こちらをクリックお願いします。

 


平成17年11月01日
アサヒビール株式会社

アサヒビール(株)お客様生活文化研究所
『ボージョレ・ヌーヴォ』に関する意識調査

2人に1人が解禁日を待望、平均購入予定本数は2本を越える

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 池田弘一)のお客様生活文化研究所は、本年10月下旬に、インターネットで1847名のお客様を対象に、『ボージョレ・ヌーヴォ』に関する意識調査を実施しました。

 『ボージョレ・ヌーヴォ』は、毎年11月の第3木曜日が解禁日で、本年は11月17日となります。本年は、春晩のまとまった雨と夏場の好天に恵まれたこともあり、十分に酸度が保たれ、糖とのバランスが理想的な大変素晴らしい葡萄が収穫されています。そこで、いよいよ間近に解禁日が迫った『ボージョレ・ヌーヴォ』について色々とお尋ねしました。

 調査の内容は以下の通りですが、2人に1人が飲用に強い関心を示すとともに、1人平均   2.06本の購入意向をもつことが明らかになり、『ボージョレ・ヌーヴォ』の人気が年毎に高まっているようです。また気軽な「贅沢感」の世界観をもつ『ボージョレ・ヌーヴォ』は、複数本    飲み比べ品評するなど、家族や夫婦間のコミュニケーションを深めるツールとして演出されていることがうかがえました。

■今年のボージョレ・ヌーヴォの関心度
「毎年同じシリーズの『ボージョレ・ヌーヴォ』を飲んで楽しんでいる。既に3本予約した。」(女性30代)など「飲む」に回答した方が23.7%でした。
まだ予約はしていないものの「飲みたい」と飲用意向を示した方が33.7%でした。
2人に1人が『ボージョレ・ヌーヴォ』の解禁日を心待ちにしている様子です。

■何本くらい購入する予定があるのか?
『1本』が、50.9%。「ここ2、3年解禁のニュースにつられて飲むようになった。」(女性30代)など、お祭り気分を味わいたいと、試しに1本買ってみるという声が多くありました。
『2本』が、27.4%。「いろいろな種類が出回るので、いくつか買って飲み比べてみる」(女性40代)と各銘柄の味の違いを品評し合う声があがりました。
『3本』が、13.2%。と複数本入手するという声も多くありました。
中には、パーティ用としてケース買いをするご家庭もあるようで、『10本以上』という方も全体の1.6%を数えました。
全購入予定本数を購入予定者数で割った、購入予定者1人あたりの平均購入本数は2.06本となり、昨年実施した同調査では1.96本であったことから、より複数購入傾向が高まっていることが見受けられます。

■どこで飲みたいか?
『自宅で』が、86%を占めました。「行事の一つとして家族で楽しみにしている。違うものを数本買ってそれぞれを味わいながら、おしゃべりを楽しんでいる。」(女性40代)など『ボージョレ・ヌーヴォ』を飲みながら“家族の団らん”が繰り広げられています。
『外食で』は、独身者や結婚間もない夫婦が多い20代が目立っています。「当日は、私の誕生日なので、フルコースを予約している」(女性20代)など、「レストランで」(20代=24.6%)、「居酒屋で」(20代=12.3%)という声がありました。

■どのような販売店で購入するか?
1位は、『近くの酒店』で40.9%でした。「昨年、行きつけの酒屋さんでおいしいのを教えてもらって飲んだら美味しかった」(女性20代)など、お酒に詳しい専門家から指南を受け、失敗のない銘柄を選べるという利点から支持が高まりました。
2位は、『スーパーマーケット』で32.9%でした。「スーパーで色々な種類のボージョレ・ヌーヴォを購入し、飲み比べてみたい」(男性30代)という声があり、品揃えが豊富なお店も重視されている様子です
3位は『百貨店』で18.5%、4位は『ワイン専門店』で12.8%が続きました。

■ボージョレ・ヌーヴォを飲みたい理由は?
1位は、『気軽にちょっとリッチな気分を味わいたいから』の39.6%。「デパ地下でチーズなどちょっぴりリッチなお惣菜を買って、のんびり家でグラスを傾けるのが幸せ」(女性30代)、「奥さんにワインに合う料理を作ってもらおうと思う」(男性30代)など普段の食卓をちょっと豪華にし、ゴージャスな気分を演出してくれるといった方が多くありました。
2位は、『ワインを囲んで、夫婦、家族団らんを楽しめるので』が34.3%でした。ボージョレ・ヌーヴォが持つ世界観である「リッチ感」と「家族の団らん」を求める方が増えています。
3位は、『ワイン好きで、年中行事の1つとして毎年楽しみにしているから』が31.2%。
4位は、『いつもは他の酒を飲んでいるが、この時期はボージョレ・ヌーヴォを楽しみにしている』が31.1%と秋の味覚として楽しみにしている方もいました。

■調査概要
調査対象: 全国の20歳以上の男女1847人
(有効回答数、男性958人、女性889人)
調査方法: インターネット
調査期間: 2005年10月19日〜10月25日


 ホームページはこちらから


 2005年ニュースリリース一覧


すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。