• はい
  • いいえ

 


平成17年5月30日
アサヒビール株式会社

アサヒスーパードライ『つくばエクスプレス』 新発売のお知らせ

高解像度画像はこちら

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 池田弘一)は、アサヒスーパードライ『つくばエクスプレス』(中瓶500ml、缶350ml)を、つくばエクスプレス沿線一帯の東京〜千葉〜埼玉〜茨城の20駅周辺の地域にて、6月29日(水)より新発売します。

 『つくばエクスプレス』は、「秋葉原駅」から「つくば駅」を約45分でつなぐ首都圏新都市鉄道株式会社(本社 東京都台東区、社長 高橋伸和)の新線であり、平成17年8月24日(水)に開通します。この新線は、1都3県を縦断する全長58.3kmの路線になります。

 パッケージには、アサヒビール(株)のロゴマークの下に、つくばエクスプレスの車体を描くとともに開業記念を祝し「祝・開業 つくばエクスプレス」と記載しています。

 缶350mlを6本パッケージングした6缶デザインパックには、側面につくばエクスプレスの車体と“秋葉原”から“つくば”までの「つくばエクスプレス」の路線図を描き、途中駅の“守谷”にはアサヒビール茨城工場の所在を表記しています。

 アサヒビール(株)では、『つくばエクスプレス』発売にあたり、アサヒビール茨城工場(茨城県守谷市)でつくられるアサヒスーパードライを訴求するとともに、つくばエクスプレス沿線周辺地域の盛り上げに貢献していきます。

【商品概要】
商品名
アサヒスーパードライ『つくばエクスプレス』
容器・容量
瓶500ml
缶350ml
販売目標
2,000箱(実数)
27,000箱(実数)
外装
プラスチックケース(20本入り)
段ボールカートン(24本入り)
発売日
6月29日(水)
販売地域 つくばエクスプレス沿線一帯の東京〜千葉〜埼玉〜茨城の
1都3県


 2005年ニュースリリース一覧


すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。