*Firefox最新版をご利用のお客様へ* ページの背景画像が正しく表示されない場合、こちらをクリックお願いします。

 


平成17年4月28日
アサヒビール株式会社
アサヒビール(株)お客様生活文化研究所
『ホームパーティ』に関する意識調査を実施

半数以上が年に数回参加。うち約2割は大のホームパーティ好き?
 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 池田弘一)のお客様生活文化研究所は、本年4月下旬に、全国の20歳以上の男女を対象として、『ホームパーティ』に関する意識調査をインターネットで実施しました。調査の有効回答数は4726名となりました。


■半数以上が年に数回参加。うち約2割は大のホームパーティ好き?
  皆さんは、友人や知人とのホームパーティをどの位の頻度で催しているのでしょうか?「2週間に1度くらいのペースで、金曜の夜に同じマンションの友人たちと子連れでホームパーティをしている」(女性30代)など、『しばしばする』という方が17.5%。
  また「ベランダから花火が見えるので、花火大会の時は人を招いてホームパーティを開いている。花火とホームパーティと両方楽しめる!」(女性20代)など、年中行事、家族の記念日といったタイミングで『年に何度かする』という方も36.4%おり、全体の半数以上の方が年に何度かホームパーティを催したり、参加していることが分かりました。

■家族が揃う「休日」「祝日」はホームパーティ日和
 では、一体どのようなタイミングでホームパーティを開いているのでしょうか?最も多かったは『年末年始・クリスマスなど年中行事』(42.7%)でした。「年に1回クリスマスパーティーと忘年会を兼ねて自宅に招待をしている。主人の会社の人達だが、私も同じ会社だったので、年に1回でも皆さんに会えるのが楽しみ」(女性30代)など、1年の締めくくりや、季節毎の大きな節目にご自宅を開放して大いに盛り上がっているという声が多数寄せられました。
  また、2位には『普段の週末(土・日)』(40.6%)、5位には『ゴールデンウィークなど連休・祝日』(22.2%)など、「休日」「祝日」にホームパーティを催すことが比較的に多いようです。
  こうした背景には「家族同士でゆっくり交流できるのが一番。子供は子供同士で遊べるし、大人も夫同士、妻同士で好きに飲んだり食べたりもできる」(男性30代)などの声に代表されるように、ホームパーティが単なる飲み会の場ではなく、夫婦、子供も楽しめる家族ぐるみの社交の場として定着していることがうかがえます。家族全員が揃う「休日」「祝日」は、言わばホームパーティにうってつけの日と言えそうです。実際、「ゴールデンウィークに大学時代からの仲間とバーベキューをする。各自食材は持ち寄り、昼から楽しむ予定」(男性40代)など、今年のGWにホームパーティを計画しているご家庭も少なくありませんでした。

■まわりを気にせず飲める、いわば「貸切り」状態が魅力

 家族ぐるみで楽しんでいる方が案外多いことが明らかとなりましたが、「外食」では味わえないホームパーティの魅力は一体どんな点にあるのでしょうか?次にその利点について見てみましょう。
  1位は『時間を気にせず、ゆっくりとできる』(60.3%)でした。「時間を気にせず、ゆっくり食べて飲んで、やってくる時間も都合に合わせて個人個人気ままに楽しめるのが良い」(女性30代)、「お店だとまわりの客がうるさいので、じっくり話せないことも、家なら、いわば“貸切り”状態なのでゆっくり話せる」(男性50代)など、時間に追われることなく、落ち着いてじっくりとお酒を飲んだり、おしゃべりに講じたりと家ならではの心地よさに満足しているという声が目立ちました。
  続いて2位は『外で飲むよりも値段を抑えられる』(49.7%)でした。「GWは焼肉パーティーをしようと思っている。
  外食と同じ金額でグレードの高い肉を食べられるし、友達とわいわい食べるとさらにおいしい」(女性30代)など、飲食店よりも予算を抑えながらも、好きなものを各自で持ち寄り食べるのが楽しみという声が特に女性に目立ちました。最近では、「季節のおいしいものを現地から取り寄せて、それに合うお酒を用意する。先日も生牡蠣を取り寄せ、シャンパンと合わせた」(女性20代)など、産地直送の新鮮食材をインターネット通販で安く「お取り寄せ」するグルメ派ホームパーティもあるようです。

■気取らず食べられるフィンガーフードが人気
 ホームパーティの主役のひとつは、やはり美味しい料理の数々。ホスト自慢の手作り料理や、お勧めの差し入れなどホームパーティ時に欠かせないこだわりのメニューについて見てみましょう。
  フリーアンサーの中で最も回答が多かったのは、酒のつまみとしても相性が良い『唐揚げ・フライドチキン・揚げ物』でした。冷めても美味しく、立食スタイルでも手軽につまめ、ホームパーティに最適なメニューの1つとして好まれているようです。
  1位同様に3位に『寿司(握り・手巻き・いなり)』、6位に『ピザ』と、やはり箸、フォークなどを必要としないフィンガーフードを支持する声が上位に目立ちました。
  また2位に『焼肉・BBQ(バーベキュー)』、5位に『鍋物』がランクインしていることからも分かるように、大人数で作りながら食べられる料理も好まれているようで、  特に冬場は『鍋物』、次第に暖かくなってくるこれからの季節はベランダや庭で楽しめる『焼肉・BBQ』に人気が集まっているようです。

■「唐揚げ」「BBQ」にはビール!そして、いつもよりも贅沢な「ワイン」も楽しみ
 皆さん趣向を凝らした様々な料理を用意しているようですが、最後にホームパーティに欠かせないお酒についてお尋ねしました。
  堂々の1位はやはり『ビール』(90.9%)。「晩酌はもっぱら発泡酒ですが、BBQの時の一杯だけはビールを飲んで、その感動を味わうようにしている」(男性40代)など、人気の高かった「唐揚げ・揚げ物」「焼肉・BBQ」をつまみに飲むビールは最高!と、ビールなくしてホームパーティは始まらないという声が多数寄せられました。
  『ビール』に次いで人気だったのが『ワイン』(45.3%)。「料理と会場を我が家で提供し、参加費はワイン。それと特別会費で、普段飲めない様なワインを購入して飲む。 大概はテーマ(前回はイタリア)を決めてワインを持ち寄り、誰がどんなワインを掘り出してくるか、毎回わくわく」(女性30代)など、いつもよりもちょっとリッチに、数種類の銘柄を持ち寄りワインパーティを楽しんでいるご家族も多く、料理に合わせたワイン選びにも余念がないようです。

【調査概要】
調査対象:全国の20歳以上の男女 (有効回答数) 4726人
調査方法:インターネット調査
調査期間:2005年4月20日〜4月26日


 2005年ニュースリリース一覧


すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。