• はい
  • いいえ

 

ニュースリリース

平成16年8月31日

発泡酒の既成概念を超えた果実のプレミアム発泡酒
『アサヒ フルーツブルワリー』に新フレーバーが新登場

果汁系低アルコール飲料で人気の高い
グレープフルーツフレーバーでも新提案

アサヒビール株式会社

 アサヒビール株式会社(本社東京、社長池田弘一)は、果実のプレミアム発泡酒『アサヒフルーツブルワリー』の新フレーバー(グレープフルーツ)缶350mlを11月24日(水)から全国で新発売します。

 現在、ビールタイプの商品が主流となっている発泡酒市場において、アサヒビール(株)は、ビールよりも幅広い副原料の使用が可能な発泡酒の自由度に着目し、従来の発泡酒カテゴリーの枠を超える新ジャンルの発泡酒『アサヒフルーツブルワリー』を本年7月に首都圏を中心に先行発売しました。先行地区での好評を受け、9月22日(水)からは、全国での販売開始を予定しています。
 『アサヒフルーツブルワリー』は、20代から30代の若者層を主ターゲットとし、“おいしい果実の発泡酒”という開発コンセプトで誕生した商品で、果汁と麦汁を同時発酵することで、果汁由来のさっぱりとした甘酸っぱさと、麦芽・ホップ由来のすっきりとしたのど越しを実現しています。先行地区で商品をお試しいただいたお客様からは、これまでにない全く新しい味わいに驚きの声とともに高いご評価を頂戴しています。

 今回、新しく展開するフレーバーは、果汁系低アルコール飲料で人気の高い“グレープフルーツ”で、現在好評をいただいている“アップル”“ラズベリー”とあわせて、新ジャンルの市場創造型の発泡酒『アサヒフルーツブルワリー』のブランド育成を図っていきます。
 缶入りチューハイを中心に低アルコール飲料市場には、“グレープフルーツ”のフレーバーを使った商品が多く存在していますが、このような市場において、果汁と麦汁の同時発酵というオリジナリティ溢れる製法の『アサヒフルーツブルワリー』ならではの新しい味わいをお客様にご提案します。

 アサヒビール(株)は、ブランド間の競争が激しい発泡酒市場の中で、市場定番ブランドに育った本生ブランドのさらなる強化とともに、今回新発売する『アサヒフルーツブルワリー』のような、革新的な新商品を続々ご提案し、お客様に様々な“おいしさ”をご提供していきます。

 

アサヒフルーツブルワリー グレープフルーツ

 
【『アサヒ フルーツブルワリー グレープフルーツ』商品概要】
商品名
『アサヒ フルーツブルワリー グレープフルーツ』
種類
発泡酒
容量
缶350ml
アルコール分
約4%
発売日
平成16年11月24日(水)
発売地域
全国
希望小売価格
189円(消費税別)
製造工場
アサヒビール(株) 福島工場
希望小売価格は単なる参考価格であり、酒販店様の小売価格設定を拘束するものではありません。


[BACK]

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。