• はい
  • いいえ

 


平成16年8月2日

小泉武夫氏 編著『吾輩はビールである』発刊のお知らせ
アサヒビールお客様生活文化研究所の出版企画・協力で
ビール文化をわかりやすくご提供する本が完成
アサヒビール株式会社

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 池田弘一)のお客様生活文化研究所は、ビールに関する情報をお客様にわかりやすく提供し、ビールにより親しんでいただくことを目的に、ビール文化に関する書籍の出版を企画しました。
 企画にあたり、発酵学の権威である東京農業大学教授の小泉武夫氏に編集・著作を依頼し、完成した書籍『吾輩はビールである』(発行 株式会社廣済堂出版)が、本日8月2日から全国の書店で発売されます。

 同書籍は、アサヒビール(株)が長年ビールづくりで培った醸造・品質に関する情報や、社史資料室で所有する貴重な過去のパッケージやポスターも含めた文化的情報、お客様生活文化研究所が実施しているアンケートからのビールに関わる調査データなどを盛り込むとともに、小泉武夫氏流ビールにあう肴や、ビールを題材にした文学・映画など、ビールを飲む時につまみとなるような話を満載しています。
 できるだけ読みやすく楽しんでいただくために、図表、挿絵、写真をふんだんに使用したオールカラーの紙面で、要所要所に登場する南伸坊氏の親近感あるイラストも、読者の理解をより深めることを意図しています。

 アサヒビールグループは、「食と健康」という領域で酒類・飲料事業を中心としてお客様満足を追求しています。その事業展開を進めていく上で、個々の事業領域にとらわれずお客様の消費形態や生活文化同行を深く探るために、2000年10月にグループ本社内にお客様生活文化研究所を設立しました。
 お客様生活文化研究所は、生活者の視点で「食と健康」「しあわせ」「高感度消費者」などのテーマを設け日々お客様と向き合っています。アサヒビールグループは、同研究所で得られる研究成果を大いに活かし、より一層の顧客満足度を目指していきます。

■書籍概要
 書名 『吾輩はビールである』
 編著者 小泉 武夫
 協力 アサヒビール株式会社 お客様生活文化研究所
 発行 株式会社廣済堂出版
 体裁 B5版 152ページ
 価格 1,400円(税別)
 発売日 2004年8月2日

■小泉武夫氏プロフィール
  1943年、福島県の酒造家に生を受ける。東京農業大学教授(醸造学・発酵学)。食物・微生物関連の特許20件以上、日本醸造協会伊藤保平賞、三島雲海学術奨励賞を受賞するなど目覚しい成果をあげる一方、エッセイ、小説、冒険などでも活躍。そのエネルギッシュな多才多芸ぶりはつとに知られる。近著に『食の堕落を救え!』(廣済堂出版)、『不味い!』(新潮社)、『発酵は力なり 食と人類の知恵』(日本放送出版協会)、『小泉教授が選ぶ食の世界遺産 日本編』(講談社)などがあり、数多くの読者を獲得している。

 


『吾輩はビールである』



[BACK]

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。