• はい
  • いいえ

 


平成16年5月31日

『THE SUPER DRY FILMS』プロジェクト始動
「アサヒスーパードライ」が、注目の高まる“ショートフィルム”を通じて
新しい形のメッセージをインターネット上で展開

「ショートショートフィルムフェスティバル」で「スーパードライアワード」も設立
アサヒビール株式会社

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 池田弘一)は、日本国内で注目の高まっているショートフィルム(短編映画)を通じて、新しい形のメッセージをお客様にお届けする『THE SUPER DRY FILMS』プロジェクトを、本年6月から始動します。
 国内外の一流クリエーターによるオリジナルのショートフィルムを7月中旬上映予定の第1作目を皮切りに順次製作し、WEB上に開設する『THE SUPER DRY FILMS』を中心に公開します。

 「アサヒスーパードライ」は、1987年の発売以来、様々な挑戦を続けてきており、今回のショートフィルムを通じたメッセージ展開も新たな情報発信への挑戦です。
 インターネットの普及に伴い、お客様の情報収集環境は飛躍的に向上し、インターネットを通じた情報発信は、従来型のマス広告とは違った新しい媒体として注目を集めています。
 今回、「アサヒスーパードライ」は、メッセージ性の高いショートフィルムをインターネット上で配信することで、「人々に勇気を与える」、「夢の実現に向けてがんばる人々を応援する」というブランドメッセージを、従来のマス広告とは違った新しい形で、力強く訴求していきます。
 配信するショートフィルムは 、国内外の一流クリエーターを起用し、オリジナルフィルムを製作していきます。現在、3作品を並行して製作進行中であり、7月中旬に第1作目を公開、また今後2作目以降も順次公開していく予定です。
 オリジナル作品は、「アサヒスーパードライ」の専用ホームページ内に新たに開設する専用WEBサイト『THE SUPER DRY FILMS』を中心に公開します。

 オリジナル作品のメイキングシーンも閲覧可能にするほか、ブランドメッセージを代弁できるような優れたショートフィルム作品を世界中から集め、併せて配信していく予定です。

 また、このショートフィルムを通じた新しい展開とともに、若手クリエーター育成を目的として、6月5日(土)から開催される「ショートショートフィルムフェスティバル」(主催 ショートショート実行委員会、代表 別所哲也)のナショナル・コンペティション部門のグランプリ作品に「スーパードライアワード」を授与し、受賞監督にスカラシッププログラムを提供します。
 「スーパードライアワード」 は、グランプリ作品に賞金20万円を授与します。また、受賞監督へのスカラシッププログラムとして、次回作品の製作費300万を提供するとともに、製作した作品を海外の映画祭にエントリーするなど、日本のショートフィルム文化の育成、そして有能な若いクリエーターが海外でも活躍できるよう積極的に応援していきます。

 「アサヒスーパードライ」は、本年、「アサヒスーパードライ」をテーマにしたグラフィック作品 をクリエーティブな若者たちから広く募集する『THE SUPER DRY ART 2004』の開催や『THE SUPER DRY FILMS』プロジェクトの稼動など若きクリエーターの“夢”や“挑戦”を支援するプログラムを積極的に展開してきました。
 今後も「アサヒスーパードライ」は、ブランド自身の新たな“挑戦”を継続していくとともに、若者の“夢”や“挑戦”を積極的に支援していきます。

ホームページはこちらから

 
【ショートショートフィルムフェスティバル2004 概要】
 日本初の本格的なショートフィルムフェスティバルとして1999年6月に産声をあげ、過去5年間にわたり全国6都市、7会場で計10万人の観客を動員するアジア最大のショートフィルムフェスティバル。ショートフィルムの上映はもちろん、作品を手がけた来日中のフィルムメーカーや映画関係者を交えたトークショーなども展開し、毎年、東京のラフォーレ原宿での本祭に加え、日本各地、シンガポール、ロサンゼルスなど、ツアー形式で開催している。地元都市を巻き込み、盛り上がりを見せ、国際映像文化交流事業としても注目を集めている。

タイトル
Short Shorts Film Festival 2004
主催
ショートショート実行委員会(代表:別所哲也)

後援

文化庁、外務省、経済産業省、イタリア文化会館、イラン・イスラム共和国大使館、オーストラリア大使館、カナダ大使館、ギリシャ大使館、ニュージーランド大使館、ノルウェー王国大使館、フランス大使館文化部、米国大使館、東京都、渋谷区、神宮前地区町会連合会。

メディアサポーターズ

フジテレビジョン、テレビ朝日、J−WAVE

実施日時

2004年  6月5日(土)〜9日(水) 一般公開日
       6月9日(水) クロージングセレモニー

実施時間

11:00〜21:00(一般公開日)

実施会場

ラフォーレミュージアム原宿

集客見込

約1万人(6日間)

専用
ホームページ

www.shortshorts.org
 
<スーパードライアワード概要>
 今年から、通常のインターナショナル・コンペティション部門に加え、新たにナショナル・コンペティション(国内)部門を設立。ナショナル・コンペティション部門のグランプリには「スーパードライアワード」が授与される。結果は、6月9日(水)ラフォーレミュージアム原宿で行われるクロージングセレモニーにおいて発表。

◆スーパードライアワード
実行委員会選定による表彰作
賞金 20万円
副賞 受賞監督にスカラシッププログラムとして製作費300万円※を提供       
また、製作作品の海外の各種映画祭へのエントリー等バックアップを実施 予定。
※別途定める所定の基準をクリアする作品に提供します。


[BACK]

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。