• はい
  • いいえ

 


平成16年5月7日

『アサヒカクテルパートナー 横濱カクテル』新発売に際し、
5月13日(木)にプロモーションイベント“横濱カクテルナイト”を実施
1〜4月の「アサヒカクテルパートナー」の販売実績は前年比190%、
最盛期に向けプロモーション強化を図る
アサヒビール株式会社

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 池田弘一)は、『アサヒカクテルパートナー 横濱カクテル』2品種(横濱フルーツダンス缶300ml、横濱コスモクロック缶300ml)を、5月12日(水)より首都圏・関信越地区の1都9県(東京都、神奈川県、茨城県、栃木県、群馬県、長野県、山梨県、新潟県、千葉県、埼玉県)にて限定先行発売します。
 本商品発売に際し、5月13日(木)に横浜にて、プロモーションイベント“ アサヒカクテルパートナー 横濱カクテルナイト”を行います。

 「横濱カクテル」とは、2001年よりアサヒビール(株)が、横浜市民による横浜のためのカクテルとして、歴史的なカクテルの街“横浜”の飲食店を中心にご提案してきた10種類のカクテルレシピのことです。これらのレシピは、(社)日本バーテンダー協会が主催する全国バーテンダー技能競技大会の歴代チャンピオンであり、同協会横浜支部に所属するバーテンダー、山本悌地(やまもと だいじ)氏、小林清貴(こばやしきよたか)氏が作成しました。

 『アサヒカクテルパートナー 横濱カクテル』2品種は、「横濱カクテル」の人気レシピをパッケージ商品化したもので、アサヒビール(株)の低アルコール中核商品「アサヒカクテルパートナー」のプレミアムブランドとして、“缶入りカクテル”の楽しさやカクテルの持つ多様な世界観をより多くのお客様に向けてご提案していくために新発売します。

 『アサヒカクテルパートナー 横濱カクテル』の発売を機に、発売日翌日の5月13日(木)に、「横濱カクテル」発祥の地である“横浜”を舞台に大々的なプロモーションイベント“アサヒカクテルパートナー 横濱カクテルナイト”を、株式会社エフエム東京(本社 東京、社長 後藤亘)のFMラジオ放送、TOKYO FM主催のもと行います。
 本イベントは、横浜大桟橋にあるSubzero(サブゼロ:横浜市中区海岸通り1−1)を会場に、TOKYO FMの番組内で募集(*1)した25組50名の参加者をご招待し、18時から20時15分まで開催します。アサヒビール(株)会長の福地茂雄、及び、横浜市長の中田宏氏による挨拶で始まり、「横濱カクテル」のレシピ考案者である山本悌地氏、小林清貴氏による「横濱カクテル」の実演作成等の後、A・cappellersによるミニライブを行います。また、ライブ終了後、参加者全員に対して『アサヒカクテルパートナー 横濱カクテル』をお土産として配布します。

 
【“アサヒカクテルパートナー 横濱カクテルナイト”のタイムスケジュール(*2)
■17:30
会場オープン
■18:00

司会:手島里華氏(TOKYO FM アナウンサー)によるオープニング告知

■18:02

アサヒビール(株)会長:福地茂雄によるご挨拶

■18:05

横浜市長 中田宏氏によるご挨拶、乾杯
(出席者全員で『アサヒカクテルパートナー 横濱カクテル』で乾杯します。)

■18:12

写真撮影(中田市長、福地会長へのインタビュー等も予定しています。)

■18:30

(社)日本バーテンダー協会会長 椙山(すぎやま)八重造(やえぞう)氏、「横濱カクテル」についてご挨拶。
『アサヒカクテルパートナー 横濱カクテル』レシピ考案者、(社)日本バーテンダー協会横浜支部所属バーテンダー: 山本悌地(やまもと だいじ)氏、小林(こばやし)清貴(きよたか)氏のご紹介、及びご挨拶。
山本、小林両氏による「 横濱カクテル」の実演作成。(アサヒビール(株)イメージガール:川原麻衣が試飲します。)

■19:00

A・cappellersのライブスタート(ライブの模様は、TOKYO FMのオンエア放送と連動(*3)しており、本イベントを更に盛り上げていきます。)

■19:45

ライブ終了

■20:15

“アサヒカクテルパートナー 横濱カクテルナイト”終了、参加者全員に、『アサヒカクテルパートナー 横濱カクテル』2缶をお土産として配布。


(*1) 5月3日〜7日に、TOKYO FMの番組内及びTOKYO FMのメールマガジンで、参加者の募集告知を実施しています。
(*2) タイムスケジュール、及び出演者は、変更となる場合がございます。
(*3) 当日、TOKYO FM では、13:00〜20:00の間の番組を、“アサヒカクテルパートナー 横濱カクテル スペシャル”と題して放送しています。

 「アサヒカクテルパートナー」は、2002年9月に協和発酵(株)からの事業譲受を機にアサヒビール(株)が販売をしており、2003年は前年比330%となる587万箱(1箱:250ml缶×24本)の販売を記録しました。本年1〜4月の累計販売箱数も前年比190%と大変好調に推移しています。
 アサヒビール(株)は、『アサヒカクテルパートナー 横濱カクテル』を含めた「アサヒカクテルパートナー」を更に存在感あるブランドに育成していき、成長を続ける低アルコール飲料市場において、“缶入りカクテル”というジャンルを確固たるものとしていきます。



[BACK]

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。