• はい
  • いいえ

 


平成16年4月15日

ドライテイストの低アルコール飲料
『Asahi DRY COOLER (アサヒ ドライクーラー)』新発売
“ホップの恵み”が実現した
“ベタつかない軽やかな甘さ”と“爽快なキレ味”
アサヒビールグループの素材・技術を結集し、“爽快感”“止渇性”を徹底追求
低アルコール飲料市場の新時代を切り拓く
アサヒビール株式会社

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 池田弘一)は、低アルコール飲料の新商品『Asahi DRY COOLER (アサヒ ドライクーラー)』4品種(レモン缶500ml、缶350ml、グレープフルーツ缶500ml、缶350ml)を5月26日(水)に全国で新発売します。

 低アルコール飲料市場の成長と価値の多様化に伴い、お客様が低アルコール飲料に求める嗜好は、より自然で強い“果汁感”を求める流れと、一定の“果汁感”を保ちつつ、より“爽快感”のある味を求める流れとに分化してきています。
 そこで、アサヒビール(株)は、より“爽快感”のある味を求める流れが、今後徐々にアルコール飲料の持つ“止渇機能”や“食との相性の良さ”などを求める嗜好に進化していくとの仮説を立てました。
 居酒屋などでは、すでに一杯目からチューハイなどを飲用し、食中酒としてチューハイやカクテルを楽しむお客様が増加しており、家庭向けの低アルコール飲料についてもこのようなニーズが高まっていくことが予想されます。
 アサヒビール(株)は、缶チューハイの新たな価値を“ベタつかない軽やかな甘さ”と“爽快なキレ味”とし、従来の缶チューハイでは実感できない“爽快感”や“止渇性”を兼ね備えたドライテイストの低アルコール飲料『Asahi DRY COOLER (アサヒ ドライクーラー)』を新たに開発しました。

 アサヒビール(株)は、グループ各社の原料素材や技術を結集し、革新的な独自製法(特許出願中)により実現した『Asahi DRY COOLER (アサヒ ドライクーラー)』のこれまでにないドライな味わいと飲みごたえで、低アルコール飲料の新時代を切り拓きます。
 『Asahi DRY COOLER (アサヒ ドライクーラー)』の中味特長である“ベタつかない軽やかな甘さ”、“爽快なキレ味”、そして“飲み飽きない、食事と合う、引き締まった後味”という新しい味感は「ホップポリフェノール」をはじめとした各種の新素材を活用したことで生まれました。

 「ホップポリフェノール」は、ビールの原料であるホップに含まれるポリフェノール成分で、アサヒビール(株)がビールメーカーとして長年研究を重ねてきた素材です。この「ホップポリフェノール」が持つ爽やかな“苦み”が、『Asahi DRY COOLER (アサヒ ドライクーラー)』の後味を引き締め、キレ味のよい“爽快感”を実現しました。「ホップポリフェノール」の配合は、味わいと共にシャンパンゴールドの液色の実現に寄与しています。
 また、アサヒ飲料(株)のノウハウを活用し、糖類には果糖を使用し、さらに高甘味度甘味料のスクラロースを使用しました。これにより、“ベタつかない軽やかな甘さ”や甘さの後切れの良さを実現しながら、糖質オフ(「アサヒ旬果搾り」比較で70%オフ)としています。

 ベースのアルコールには、ニッカウヰスキー(株)由来の素材であるウオッカとシードル原酒とジンを配合し、柔らかなアルコール感と味の厚み、飲みごたえを付与しました。
 また、ドリンカビリティを追求し、全体的な味のバランスを考慮した結果、アルコール分は6%に設定しました。

 商品のネーミングである『Asahi DRY COOLER (アサヒ ドライクーラー)』 の“DRY”は、中味特長であるドライテイストをストレートに表現し、“COOLER”は、カクテル用語で一般的に「清涼感を与えノドの渇きを癒す炭酸アルコール飲料」を意味する“COOLER”スタイルから引用しました。

 パッケージデザインは、アサヒビール(株)が自信を持って新価値を提案する新商品として、低アルコール飲料で初めて“Asahi”のロゴをパッケージ中央部に堂々と配しました。そして、“Asahi”ロゴをより一層、際立たせるために、缶胴の中央部から上部にエンボス加工を施した「キラメキ缶」を新規に採用しました。その結果、ブラックのラベル上にシルバーの“Asahi”ロゴがプリズムのように店頭で輝く効果を発揮します。
 パッケージのベースカラーには、「レモン」が金色、「グレープフルーツ」がグリーン・メタリック色を採用し、各々、ブラック&ホワイトのツートーンのスクエア・ラベルを配置し、シャープで革新的なイメージを訴求します。
 さらに、ラベルの上部に、 チューハイが進化した革新的な新ジャンルの低アルコール飲料であることを“CHU-HI'S INNOVATION”と表現しました。
  また、追求する味感を実現するためにホップ由来の素材「ホップポリフェノール」を配合していることを、果実のイラストとともに「ホップ」のイラストで表現しています。

 アサヒビール(株)は、『アサヒカクテルパートナー』と『アサヒ旬果搾り』を市場定番に育成・強化するとともに、M&Aなどで強化拡充してきた新商品開発体制やグループ力を活かした新価値提案を実践する新商品として、『Asahi DRY COOLER (アサヒ ドライクーラー)』を発売し、低アルコール飲料市場での存在感を高めていくことを目指します。


アサヒ ドライクーラー

 
『Asahi DRY COOLER(アサヒ ドライクーラー)』商品概要
商品名

『Asahi DRY COOLER (アサヒ ドライクーラー)』

発売フレーバー

「レモン」「グレープフルーツ」

種類

スピリッツ
容量 缶500ml、缶350mlの2品種
アルコール分 6%
果汁分 レモン:2.1% グレープフルーツ:3.2%
発売日 平成16年5月26日(水)
発売地域 全国
希望小売価格 缶500ml:190円、缶350ml:140円(消費税別)
製造 ニッカウヰスキー株式会社 柏工場
目標箱数 350万箱(1箱:250ml×24本)
*希望小売価格は単なる参考価格であり、酒販店様の小売価格設定を拘束するものではありません。


[BACK]

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。