• はい
  • いいえ

 


平成16年1月26日

缶入りチューハイ『アサヒ旬果搾り』
“果汁チューハイ”として既存商品を刷新、新フレーバーも投入

缶入りチューハイブランドでは最高レベルとなる、
全アイテム果汁分“10%以上”に
アサヒビール株式会社

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 池田弘一)は、低アルコール飲料の中核ブランドと位置づける『アサヒ旬果搾り』の既存商品の刷新と、新フレーバーの投入を2月25日(水)より全国で行います。

 アサヒビール(株)は、2002年9月に「旬果搾り」ブランドの販売権を旭化成株式会社から取得し、2003年2月には、それまでの「ハイリキ旬果搾り」という商品名を「アサヒ旬果搾り」に変更し、“フルーティ−チューハイ”というコンセプトの缶入りチューハイとして、お客様にとって身近で満足感の高いブランドとすることを目指し、常に新鮮さを提供し続ける活動を展開してきました。
  その結果、2003年の『アサヒ旬果搾り』は、対前年比180%の390万箱(1箱: 250ml×24本)の売上となり、ブランドの乱立する低アルコール飲料市場において、着実に存在感を高めることができました。

 現在の低アルコール飲料市場は、お客様のアルコール飲料に対する嗜好の多様化とともに、拡大傾向にあります。昨年実施した当社の調査によると、低アルコール飲料愛飲者の約7割の方が“果汁感”のある商品を求めており、『アサヒ旬果搾り』については、より“果汁のおいしさを味わいたい”というお客様のお声を多く頂戴しました。

 今回、アサヒビール(株)は、『アサヒ旬果搾り』の更なるブランドの強化を目指すと共に、お客様の嗜好の大きな要素となっている“果汁感”を更にお楽しみいただけるよう、処方の変更を実施し、お客様により分かりやすく訴求するために、新たにコンセプトを“果汁チューハイ”に変更します。

 新しい『アサヒ旬果搾り』は、“しっかりとした果汁感のあるチューハイ”という従来の基本特性は継承しながらも、よりリアルな果汁感を追求するために、果汁分を、現在の主流価格帯である希望小売価格140円(缶350ml)の缶入りチューハイブランドでは最高レベルとなる、“全アイテム10%以上”(最大果汁分含有アイテムは30%)としました。従来、高果汁にするほど、果物の酸味や苦味、口中に纏わりつくような不快な甘さが残りやすくなるところを、旭化成(株)や協和発酵工業株式会社などから引き継いだ“ブレンド技術”や、アサヒ飲料株式会社の持つ“果汁選定技術”を駆使することで、“飲みやすくておいしい果汁感”をお楽しみいただける味に仕上げています。また、現行品と同様、着色料を一切使用していません。

 ラインアップは、従来からの「レモン(果汁分含有率15%)」「グレープフルーツ(同30%)」「うめ(同10%)」「もも(同11%)」「りんご(同18%)」に加え、今回、特に女性からの飲用意向の高い「ライチ(同10%)」を加えた全6フレーバーで展開します。
  刷新後の新パッケージは、最上部にコーポレートマークの『 Asahi 』 を配置し、 缶体中央部には『アサヒ旬果搾り』 のブランドロゴを既存品よりも大きく表現しました。また、新コンセプトである『果汁チューハイ』、及びフレーバーそれぞれの含有果汁分を明確に表記し、缶体上部には果実のイラストを大胆に配し、たっぷりの果汁感のおいしさをストレートに伝えるデザインとしています。

 アサヒビール(株)は、『アサヒ旬果搾り』を低アルコール飲料の中核ブランドと位置づけ、低アルコール市場において確固たる地位を確立していきます。


アサヒ旬果搾り レモン グレープフルーツアサヒ旬果搾り ライチ

『アサヒ旬果搾り』 商品概要
商品名 『アサヒ旬果搾り』
発売品種 「レモン」「グレープフルーツ」「うめ」「もも」「りんご」「ライチ」
容量 缶500ml、缶350mlの2品種
アルコール分 5%(全品種)
発売日 平成16年2月25日(水)
発売地域 全国
希望小売価格 缶500ml:190円(消費税抜き)
缶350ml:140円(消費税抜き)
製造 ニッカウヰスキー(株)
 
*希望小売価格は単なる参考価格であり、酒販店様の小売価格設定を拘束するものではありません。


[BACK]

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。