*Firefox最新版をご利用のお客様へ* ページの背景画像が正しく表示されない場合、こちらをクリックお願いします。

 


平成15年7月25日

『アサヒカクテルパートナー』 更なる躍進を目指し、
9月に既存商品刷新と新フレーバーを投入

上半期売上箱数が前年比4.6倍に増加し、
低アルコール飲料市場上位ブランドに躍進
アサヒビール株式会社
 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 池田弘一)は、低アルコール飲料の中核ブランドと位置づける『アサヒカクテルパートナー』の既存商品の刷新と新フレーバーの投入を9月3日(水)から行います。

 『カクテルパートナー』は、1997年に協和発酵工業(株)から発売され、“缶入りカクテル”の代表的なブランドとして親しまれてきました。昨年9月から事業買収を機にアサヒビール(株)が販売を開始し、通年商品のラインアップは「スクリュードライバー」「ソルティードッグ」「ジントニック」「モスコーミュール」「カシスオレンジ」「ライチソーダ」「ライチグレープフルーツ」の7品種となっており、これに加え現在、夏を想起させるフルーツを使用したトロピカルテイストの「ハワイアンビューティ」「カリビアンブリーズ」「モヒートレモン」3品種を夏季限定で発売しています。
アサヒビール(株)は、『カクテルパートナー』をお客様にとって身近で満足感の高いブランドとすることを目指し、常に新鮮さを提供し続けるマーケティングを展開してきました。その結果、上半期の『カクテルパートナー』の売上箱数は前年比462%の248万箱  (1箱:250ml×24本)となり、低アルコール飲料市場の上位ブランドに大幅躍進することができました。

 アサヒビール(株)は、『カクテルパートナー』の更なる躍進を目指し、今回新たに商品名に“アサヒ”を冠し、『アサヒカクテルパートナー』とし、既存商品の中味やパッケージを刷新します。
新しい『アサヒカクテルパートナー』は、究極の“飲みやすさ”を追求し、「すっきり系カクテル」と「フルーティー系カクテル」の2つに分類し、処方の変更を実施します。
「すっきり系カクテル」の品種は、「ソルティードッグ」「ジントニック」「モスコミュール」とし、ベースのアルコールをクリアウオッカやウヰルキンソンジンなどの厳選したスピリッツを使用することで、これまで以上に“すっきり感”を強調していきます。
 「フルーティー系カクテル」の品種は、「スクリュードライバー」「カシスオレンジ」「ライチグレープフルーツ」とし、それぞれ果汁の使用量を増やし、ブレンド技術を駆使して、“果汁感”を更に高めます。

 パッケージは、コーポレートマークの「Asahi」とともに、缶体中央部に「COCKTAIL PARTNER」のブランドロゴを堂々と配し、夏季限定商品で採用した写真画質の再現が可能なラミネート缶を採用し、グラスと果物と氷のリアルな描写でカクテルのおいしさをストレートに伝えるパッケージとします。

 既存商品の刷新とともに、低アルコール飲用者の中でチューハイ同様非常に人気の高いカクテルの「トムコリンズ」2品種(缶500ml、缶350ml)を新アイテムとして投入します。
 「トムコリンズ」は、ウヰルキンソンジンをベースにレモン果汁をミックスした、飲みやすく、爽やかな味わいとしました。

 アサヒビール(株)は、『アサヒカクテルパートナー』を低アルコール飲料の中核ブランドと位置づけ、低アルコール市場において確固たる地位を確立していきます。

アサヒカクテルパートナー トムコリンズ
【 『アサヒカクテルパートナー トムコリンズ』商品概要 】
商品名
『アサヒカクテルパートナー トムコリンズ』
アルコール分
5%
果汁分
8%
容器品種
缶500ml、缶350mlの2品種
発売
平成15年9月3日(水)
発売地域
全国
希望小売価格
 
缶500ml:190円(消費税別)
缶350ml:140円(消費税別)
製造
アサヒ協和酒類製造(株)
希望小売価格は消費税別です。
また単なる参考価格であり、小売価格を拘束するものではありません。


[BACK]

すべては、お客様の「うまい」のために

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。